ベビーベッドをレンタルして返却してわかった
合った方がいいのかいつまで使うのかなどのまとめ

子ども用品関連

  • 公開日:2015.10.12
  • 更新日:2018.10.03

今の子が産まれて里帰り出産から帰ってくる時にレンタルをしていたベビーベッドを今日返却しました。

レンタル期間、およそ7ヶ月。
もともと6ヶ月のレンタルでしたが、手足口病の事もあったため、1ヶ月だけ延長レンタルをして、その延長が終わったため返却という流れになりました。

そこでベビーベッドについてを振り返りを踏まえ、もし二人目ができたときどうだったっけ?という備忘録のためにまとめておきました。

そもそもベビーベッドは必要か?という問いに対して

個人的には合った方がいいと思っています。
特に赤ちゃんが生後半年くらいまでは、ベビーベッドで寝かせるのはありかなと今でも思っています。

おそらく2人目ができたときも、またレンタルを半年間だけして、返却するかなという感じです。

同じベッドで川の字に寝るというのもありだとは思いますが、母親には寝ていても赤ちゃんのいる場所には腕や足や体を避けるという通称マザーダンスと呼ばれるものがあるそうです。

さすが母親といったところですが、我々父親には、そういった本能的なものが無いようです。
無いようですというのは自分ではわからないのですが、周りの声を聞いていると、父親の腕が当たって泣いて起きた的な事を聞く事があります。

また、寝ていて赤ちゃんがベッドから落ちたけど、向きや色々な事をどう考えても、父親に蹴られてベッドから落とされたとしか考えられない事があったといった事を妻の友達が言っていたなど、そういった声を時々聞いたりしますので、母にはあっても父にはないんだろうと思っています。

ベビーベッドであればそういった事を気にせずお互い寝られます。
自分からすれば、腕とか当てたり蹴ったりしないかな。大丈夫か?といった不安もなくなります。

そういった意味で、やはり個人的にはベビーベッドは賛成です。

でも買う物ではなくレンタルで十分かなと

産まれるとわかった時に色々とふたりで相談して考えたりしたのが、買うのかレンタルなのか。

もちろん長く使うとなれば買った方がはるかに安いです。
でも経験もないし、使い続けるかどうかもわからないという事ならレンタルの方が良いのでは?と考えてどっちにすべきかと悩んでいました。

とはいえ家もそこまで広い家でもない、ベビー用品がこれから嫌でも増えていくとなったら、すぐ返却できるレンタルでいいのでは?という事で、レンタルに行き着きました。

結果としてはこれで良かったかなと思っています。
やはり生後半年くらいになって、もういらないや。となった時にすぐに手放せるのは楽でした。

買っていたら、せっかく買ったんだし…という気持ちになるかもしれませんが、レンタルだとそんな気持ちもないので今までありがとーと簡単に返却できます。

なぜ半年頃でもう使わなくなったか

我が家では生後半年ほどから、ベビーベッドを使わず、川の字で寝るようにしていました。

というのも、もうベビーベッドにいると、寝返りをするし動くはで逆に危険なんじゃないかという事態に陥ったからです。

特に、ベビーベッドの種類にもよるのかもしれませんが、私がレンタルしていたものは、四方が柵みたいになっているタイプのベッドのため、そこに足を突っ込んだりしてしまい、その状態で寝返りしようとして非常に危険だったためです。

そういった事もあり、ベビーベッドに寝かしておくのは危険だという事になったわけです。
夜なら基本、起きたらお乳くれーミルクくれーと泣いてくれるので良いのですが、昼寝的なものだと以下のような負のサイクルになっていたわけです。

  1. ベビーベッドに寝かせる
  2. いつのまにか起きる
  3. 泣くこともなくベビーベッドの上で遊んでいる
  4. 知らぬ間にベビーベッドの柵に足や手を突っ込む
  5. 寝返りをしようとして変な体制になりかける

こういった感じで、だいたいいつも手を突っ込んだりするあたりで気付いているので何も問題にはなっていません。

一応家にはベビー用のカメラも付けているため、リビングにいようが見れるので、それでチェックしてはいるのですが、赤ちゃんはほんの目を離したすきにあっという間に行動に移すので、油断なりませんでした。

そのため、あれ?これもうベビーベッドじゃなく、普通に自分達が寝てるベッドで間に挟んで川の字で寝た方がいいんじゃないだろうかという結論に行き着いたわけです。

そうなると、置いているだけで徐々に荷物置き場になっていくベビーベッド。
もういらないよね。という事で返却に至ったわけです。

そうは言っても小さい時はあると便利だと思う

とはいえど、生後半年くらいまでは非常にお世話になりました。
ベッドの下にはオムツ置き場などが用意されているので、おむつ交換もそこでサッとできますし、とても便利です。

自分達のベッドの上でオムツ交換しておしっこ飛ばされた日にはなかなか重いボディブローを打たれたように効きます。

もちろんベビーベッドの合う合わないなどは人によっても生活環境や習慣などでも変わるとは思います。
自分達は、第2子が出来たりした時には、またベビーベッドを半年だけレンタルして、半年後に返却しようかなって思っています。

記事のメタデータ

  • 公開日:2015.10.12
  • 更新日:2018.10.03

カテゴリ:子ども用品関連

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

ベビーベッドの必要性とレンタルと購入はどちらがお得でオススメか
初めての子が産まれた時はつい色々なベビーアイテムやベビーグッズなどを片っ端から見て回り、必要でないものまでつい ...

授乳スカーフ・ケープなら「ローズマミー」がおすすめ!その体験談とレビュー
子どもが産まれて、父親として無力感が半端ないのが、やはり授乳の時です。 これだけは、やはりどう足掻いても自分か ...

子ども乗せ自転車の選び方と試乗してふらっかーずプリミアを買うまでのまとめ
大阪に引っ越ししてきて、早いもので約1ヶ月が経過しました。 そして、来月からは保育園の入園が始まり、その送り迎 ...

ワンルーム以外はベビーモニターで安心して子どもを寝かし付けできる
子どもが産まれて何に一番恐怖だったかというと、寝ている子どもが、ちゃんと息しているか?という事でした。 まぁ ...

ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
我が子の離乳食が始まる頃には、色々な問題が出てきては解決してを繰り返しているかと思いますが、その中の1つが、ベ ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました
幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ
神戸カワサキワールドの体験談!大人も楽しめて電車・車好きな子どもにおすすめ

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事