保育園見学は見て聞くべき事が非常に多い!
我が家が実際の見学時に見て聞いていた事の総まとめ

この時期になってくると保育園の見学に行く、既にもう行っているという方も多いと思います。
本当はもっと前に更新する予定でしたが、わけあって遅れてしまったのですが、認可から認可外まで様々な保育園があり、家の近くはもちろん、遠くギリギリ通える範囲内は全て見学に行こうと思っている方も多いのではないかと思います。

と言うことで、東京と大阪の両地域で保育園の見学をし、実際に大阪では入園後にすぐ転園させる経験をした事もあり、保育園の見学時に見ておくと良いこと、聞いておくと良い事、確認しておくと良い事などについてまとめてみました。

実際に自分たちが見学に行った時に見て聞いて、帰って夫婦で話あって共有して、ここは見ておこう・聞いておこうなど徐々にブラッシュアップしたメモがベースになっています。

ちょうど友人が今年出産し保育園の事を相談されていたのと、こんなブログでも今年の保育園落ちた関連の時に人が集まった事もあってか、見学どういうとこ見ました?的なお問い合わせメールを数件いただいた事もあり、同じような方に少しでも参考になればと思います。

相変わらず非常に長いので空いた時間にでもお読み下さい。

スポンサードリンク

そもそもの保育園見学をする前の準備と心構え

これから保育園の見学に行こうと思っている人も多いかもしれませんが、保育園によって本当に実に様々です。
凄い親切丁寧に説明してくれるところもあれば、正直、あれ?と思う程に適当に切り上げようとしているところまで本当に様々です。

なので、本当に色々見て回る事をおすすめします。

可能なら、できるだけ夫婦で行くのがおすすめ

もちろん仕事があるというのは重々承知の上でのこの記載になります。
ですが、可能であれば、午前休や午後休、有給を取ってでも行く事をおすすめしたいです。
特に、第一希望や自分達の中で優先順位の高い保育園の見学に行く際には、なるべく行った方がいいと思います。

というのも、やはり男性と女性ではなんだかんだで見るポイントや気になるところが違ってきます。

実際我が家でも、あ、そんなとこ見てたの?といった事が多々ありました。
男性的な目線から気になるところ、良かったところ、女性的な目線から気になるところ、良かったところは違います。

実際に見学をして、夫婦で帰ってここはどうだったと言いながら、なるほどね。そうか。そういえばそうかも…といった感じで意見をまとめたりしていました。

しかしながら、私自身、保育園見学に10箇所近くは合計したら見学に行っていますが、父親の方と会ったことは1度もありません。。。
仕事があって大変ではあるかとは思いますが、父親も見学には行くことをおすすめします。

保育園見学の順番はしっかりと計画を立てて考えて行く

保育園の見学は闇雲に適当に入れてはいけません。

当然自分達の中では、ここに入れたらいいなという保育園があるはずです。
いきなり、そこに電話をかけて見学に行こうとしてはいけません。

受験などでも同じですが、いきなり本命を受験したりしないと思います。
初めての受験なら、まず雰囲気や流れを経験するために、滑り止めなどの受験を複数受けて、本命の受験にのぞむかと思います。

保育園の見学も同じで、いきなり本命の見学に行くと、流れや質問内容や周りの環境など全くわからない中での見学になるため、聞き忘れた!見落としてた!というのが出てきてしまいます。

ですから、最初は他の園へ見学に行ってまずは慣れるべきです。
もちろん、保育園側も時間を割いてくれて見学を受けてくれているので、行く可能性のない園への見学は迷惑なので止めておくべきですが、全部落ちたら行くかなという希望順位としては低い園からまずは行く事をおすすめします。

そして、ある程度慣れた後に本命や第二希望など希望順位の高めの園への見学をする事をおすすめします。

都心は空きがそもそも無いので見学はあまり意味がない事もある

保育園の見学に行くというのは、実際問題、自分達に選択権がある場合にしかあまり意味がありません。

都内や地方大都市などでは待機児童問題が多く、我が家も世田谷区での入園を諦め大阪市へと引越しをしてきました。
(もちろん、大阪でも待機児童問題は発生していますしそれだけが理由というわけでもありませんが…)

そうなると、何個か見学して、A保育園はどうだった、B保育園はどうだった、C保育園はどうだったといった事を考えても、そもそも入れる状況じゃなければ、あまり意味がありません。

都心などでは認可外などで募集人数が1人に対して見学が100人を超えているといったところもある状況です。

見学して、ここが良いから入れよう!というのは空きがあればこそです。
実際に見学しても、募集が無ければ意味がなく、結果的には空いてるところ、自分達が入れるところで必要最低限を満たしていればOKという事態になってしまいます。

もっと言えば、大都市圏では見学の意味会いが、「どういう園なのか」といった見方ではなく、「変な園でないか」の確認をするものになってしまっているのが実情です。

なので、実際、次から書いているような見ておくべき事、聞いておくべき事を、聞いて本当に役立つかはどちらかというと地方在住の方だったり、空きがでた保育園が今あって…といったような方のみになるのかもしれません。

とはいえ、ジレンマではありますが、それでもやはり大切な我が子を預けるわけですから、無駄足かもしれなくても見学には行くべきだと思います。

スポンサードリンク

保育園の見学で、必ずやった方がいいこと

と言うことで、本題の見学において何を見て聞いて確認するかを書いてみたいと思いますが、まずは保育園への見学をするにあたって、実践しておくと良い事をまとめてみます。

見学は2回行けるなら行った方がいい。時間もずらせるなら理想的

いきなり非常に無理難題に近いのですが、見学は2回行けるなら行った方がいいです。
もちろん、全園に行くのは時間的にも厳しいですから、1度見学に行って、この園は良かったなと思える園に限ってという事にはなります。

この時、時間も前回の見学時と違う時間帯で行ければ理想的です。
というのも、見学に行く時間によって、当然園の状況や環境というのは大きく異なります。

登園時の頃なのか、昼食の頃なのか、お昼寝の頃なのか、遊び時間の頃なのかなどで、全くもって異なり、自分が見学に行った時以外は当然見る事はできません。

そういった意味で、可能なら2回行って、見学できるなら登園時とお昼寝時、昼食時とお遊び時などのように、2シーンを見学できれば色々わかってオススメです。

特に2シーンは、園児が静かにしている時間帯と、起きて遊んだり騒がしい時に行く両極端に違うほうが、その雰囲気や対応がわかって理想的です。

散歩の時間に園近くでひっそり見学するのが実は非常にオススメ

保育園では今の真夏の超絶暑い時期などは熱中症の恐れなどもあったりするので、行かない園も多いと思いますが、そうでなければ晴れた日の多くは近くの公園などにお散歩にお出かけします。

当然散歩中は見学できないのですが、見学時に散歩はどこへ行くのかなどを聞いておけば、遠くからどういった状況や雰囲気なのかを確認できます。

また、事前に見学などを伝えていかないある意味のぞき見的なものでちょっとあれな気もしますが、保育園側は見られている事を知らないので、ある意味本当の普段の姿を見ることができます。

実際我が家は見学に行って聞いたりして良さそうなところも、散歩の時の雰囲気や保育士の言動があまり好ましくないと思ってたところもありましたし、小さな公園に着いた後は園児は自由行動的な半放置で自分は携帯をポチポチやってるような小規模認可外の園もあったりしたので、結構散歩は見ておくと良いと思います。

見学時での質疑応答には模範的な回答をするところもありますが、実際の散歩などは生で確認できて非常に参考になるところがあります。

認可と認可外などで少しやり方を変えると良いかも

少しセコいというか、汚いかもしれませんが、認可保育園と認可外保育園では、見学のやり方を変えると良いと思っています。

というのも、認可保育園は、園に誰を入園させるかという権限はありません
認可保育園は市や区で指数に応じて入園の可否が決められるので、そこに保育園側の希望などはありません。

一方、認可外保育園は、園側が誰を入れるのかというのを決められます。

極端な言い方をすると、認可の保育園では聞きにくい事や嫌な事を聞いてもそれで落ちるという事はまずありませんが、認可外保育園の場合は質問や見学の仕方によって落ちるという事がありえるという事です。

実際、とある認可外保育園の見学に行ったとき、父親も一緒に来てた夫婦は、父親の育児参加の可能性が高く、園でトラブルを起こしにくいため良い印象を抱きますという事を言ってました。
(※申込みはしてないので、実際はどうかはわかりませんが…)

認可と認可外では、入園の審査というか決定権が異なります。

都心であれば、1歳の4月入園で預けるために、0歳で認可外に預けておくという方法を取る方も多いかと思いますが、認可外の場合は、見学の姿勢や質問などの内容で、相手を不快にさせたりしないよう少し配慮しておいた方が良いかもしれません。

園長や保育士だって人間です。
この親の子の面倒見るのイヤだな…と思われたり、後々トラブルになりそうな親だなと感じられないようにしましょう。

実際に園に行ったら自分の目で確認しておくと良いこと

と言うことで、前提条件的なものは終わらせて、実際に保育園見学に行ったら、自分の目でどうなのかをしっかりチェック・確認しておくと良い事を箇条書きになりますが、まとめておきます。
本当は1つ1つここはどうと書きたいところですが、あまりに長くなりすぎてしまうため、割愛します。

施設や設備的なものの確認事項

  • 園児の部屋がどれくらい手入れされているか
  • 実際に園児が寝る場所と布団や寝具の一式(個人的にはコットが理想)
  • 部屋割があった場合、1部屋あたりの園児の人数
  • 各部屋の指詰め対策や転倒防止、脱走防止などはどうしているか
  • 2階建て以上の場合の、階段などの転落防止はどうなっているか
  • トイレ周り(清潔さ掃除の頻度や個数など)
  • 部屋の日当たりや風通しなどの環境
  • おもちゃや絵本の数と種類の豊富さ、遊んでいる形跡とメンテしているか
  • 調理室の有無、ある場合は清潔さなど
  • 園庭があれば綺麗さや広さと安全への意識と使っている形跡があるか

保育士や園児の確認事項

  • 見学時の園内の大人の挨拶や対応の態度
  • 保育士の言葉使いや子どもへの態度など
  • 保育士のアクセサリー着用度(尖ったアクセは少し危険)
  • 泣いている時の保育士の対処や表情と仕草と周りの子の状況
  • その他、色々なシーンでの保育士の応対
  • そもそも適切な人員になっているか
  • 補助者などではない保育士の人数に嘘はないか
  • 実際に園にいる子供の表情と笑顔は多いか
  • 見学に来ている外部者への園児の反応や対応

実際に園で質問しておくと良いこと

次に、保育園で質問というか聞いておくと良いと思った事をまとめておきます。
料金の事や延長保育の事などは多分、ほとんど忘れずに聞くし向こうからだいたい説明があったので省きました。

施設や園や人に関して

  • 園の方針や理念、大事にしている事など
  • クラスは同年代か縦割りか、その方針について
  • 各クラスの部屋割りなどについて(特に0歳児や1歳児と2歳児以上の部屋割)
  • 布団などの寝具はどの程度手入れしているか
  • 1クラス何人いて、何人で対応しているのか
  • こちらで用意する持ち物は?毎日のものや毎週のものなど、手作り必須のものはあるのか
  • 連絡ノートについて(実際にサンプルを見せてもらうのが確実)
  • 年間の行事はどうか(年間スケジュールを確認すると確実)
  • 行事に保護者参加型はどれくらいあるのか
  • 服装は何をどう持っていけばいいのか
  • 保育士は全員が有資格者か、何人が有資格者か
  • 保育士は全員が社員なのか、バイトはどれくらいなのか
  • 看護師はいるか、いる場合は常勤なのか
  • 慣らし保育はあるのか、ある場合どれくらいのペースか
  • 契約書や規約系のものが用意されているか(認可外の場合)

食事などに関して

  • ミルクを飲ませる場合、その粉ミルクはどこの製品か(0歳児や未卒乳時の場合)
  • ミルクを作る時、水はどうするのか(0歳児や未卒乳時の場合)
  • もしミルクがダメな子の場合、どうするのか(相談の余地有りなのか)
  • 昼ご飯やおやつの時間と内容(献立表を見せてもらうと尚良し)
  • 昼ご飯やおやつは手作りか市販か、どういったこだわりがあるのか
  • アレルギーがあった場合の対応はしているか、している場合どういう対処しているのか

遊びなどに関して

  • 散歩の引率人数はどれくらいか
  • 外遊びについてや、散歩の時間と頻度と行く場所
  • 夏場の水遊びやプール遊びについて

健康関連に関して

  • お昼寝時の見回りについて
  • SIDS対策はしているのか
  • 熱が出たらどうするか? 37.5を基準にするのか?
  • 医者に処方された薬は与えてもらえるか
  • 親が呼ばれる基準や園を休む基準はどれくらいか
  • 手足口・アデノなど伝染病各種の取扱いや登園について

細かい事を言えばもっと色々あるのかもしれませんが、我が家はだいたいこれくらいは聞いたり確認してました。
(思い出したりすれば随時更新していこうと思っています)

もちろん、多くは見学時に向こうから説明してくれる事も多いので、説明してくれなかった分を聞くという感じでやっていました。

入園後に知らなかった…では遅い、聞いておかないと後悔する質問

先ほどの質問は、全て保育園に聞く「子どもに関する」質問です。
ですが、実際に保育園に入園すると、色々なにかとやらなければいけないのは、当然、私たち親になります。

そして園はそれぞれの特色などを活かすため、方針も考え方も全く異なります。
ついつい園に入園して子どもが無事に育ってくれるかを考えるのは当然ですが、自分達の負担なども考えておくのも忘れてはいけません。

なので、その中でも知らずに入園したら、結構痛手になりそうなものについてはピックアップしてこちらに書く事にしました。

おむつは紙おむつで大丈夫かどうか

園によっては、布おむつ以外受け付け禁止というところもあります。
実際、自分達はとある認可の保育園の内定をもらったのですが、布おむつ以外NGとギリギリで知り、ごめんなさいして、他の方に譲りました。

紙おむつでも、銘柄指定がある園もあるそうなので、園によっておむつの方針は異なるため聞いておきましょう。

寝具は何をどう持っていくのか

よく月曜日にやたら大きな荷物を抱えたお母さんを見かける人もいるかもしれません。
だいたい、あれは保育園へ寝具を持って行ってる方です。

園によって毛布、タオル、シーツ、バスタオル、布団類などなど持って行くものが変わりますし、園側で全て用意してくれている場合もあります。

ハードなところだと、毎週月曜に寝具を持って行き、毎週金曜には寝具を持って帰らなければいけないところもありますし、全部園で用意しているというところや、自分で持ってきても園が提携しているレンタル業者を使ってもOKという場合もありますので、忘れずに確認しておきましょう。

服の規定などについて

園によっては服の規定も厳しいところから緩いところまであります。
特にフードが付いている付いていないの方針は、園で結構変わるようで、自分たちが見学に行ったところでも、フードが付いた服は全禁止のところもあれば、特に問題無しとしているところもあります。

子ども向けではない父母向けイベントの有無と頻度

園によっては、親向けのイベントが用意されている事もあります。
例えば、父母交流会などがその最たる例ですが、あるところと無いところが当然あります。

他にも、園内バザーやフリーマーケットなどの開催等々、父母向けのイベントが開催される事もありますが、これは良い面もあれば悪い面もあります。

自分が見学に行った園の1つは、バザーなどの父母イベントは月に1回必ず土日に開催するため、父母のどちらかは「絶対に参加してもらいます」という園もありました。

保育園見学のまとめ

我が家でも3歳で今の園に通えなくなるはずなため、いずれまた見学は自分達にもやってきます。
その備忘録として、当時の見学で色々とメモや夫婦間の共有ファイルなどで残していたものを、少し記述しなおしてまとめました。

聞く、聞かない、何を大事にするかというのは家庭によって様々です。
園のイベントがたくさんある方がいいと考える人もいれば、仕事しているから園のイベントは極力ない方がいいと考える人もいます。

ですから、自分たちの中でチェックリストなどをしっかり作って、見て聞いて、確認して慣れていくしかありません。

私たちも最初はわけのわからないまま、とりあえず見学に行って話を聞いてみてといった流れでコツを掴んでいきました。
それでも、実際には見学時と行ってみたら思ってたよりも違う…というのは良くある話です。
我が家もそれで、1回入園後にすぐ転園しているわけですし。。。

今自分たちがいっているところは、多少なら時間の融通も利かせてくれるのですが、知人の行ってる園では、働くママさんを応援する的な理念や考えもある園のはずが、お迎えを時間内のギリギリに行くと、嫌みっぽくもう少し早くお迎えきてくれると助かるんですけどねぇ…と園長に言われるよ。と言っていたりもしましたし、本当に園によって様々です。

実際に見学時は就職や転職と同じで皆が良いところを見せようとするというか、悪いところは見せないという感じは否めませんから、なるべく自分の目でしっかり確認して、言われたことを信じすぎない事も大切なのかなとも思っています。

地元や近くに同じ年代の子の集まりなどに参加して情報共有するのも1つの手ですし、意外と穴場が美容室です。

産後に復帰している美容師も多くいて、カット中は結構話せるので情報交換ができます。。
美容師のプロフィールなどを見たら、そういった産後復帰ですといった事などが意外と書かれてたりします。

自分も行って話をして初めて知った事などを共有したりといった事を当時は少ししたりしました。
産後ママさんの美容師がいる美容室を探して指名してカットしてもらいながら、近くの保育園ネタを話すというのも1つの手ですよ。

なかなか見学は時間がかかり大変ですが、場合によっては大げさでなく、我が子の命にも関わってくる事にもなりますから、しっかりと見学をさぼらずだらけず行うように頑張っていきましょう。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

  • ちょうど保育園の見学に行くときに調べてて見つけました!!!

    他ブログではリストや注意点が少なく、3個や5個なんてそれくらいじゃ足りないでしょー!もっと詳細が知りたいのに!!!と思っていたところでピッタリな記事を見つけて嬉しくてコメントしました!!!

    見学の順番の注意は本当にもっと前に知っておけば…と思いましたし、オムツの事とか散歩時間に遠くからチェックなどそんな方法もあるのかと目から鱗状態です。
    すまほにメモして自分たちで聞かなきゃいけない事を聞きまくりたいと思います。
    本当に助かりました!ありがとうございました!!!

    2016.09.09 by「Mamimami」
    このコメントへ 返信 する

    • そう言っていただけると嬉しい限りです。
      一応、夫婦2人でメモして色々ブラッシュアップという程ではないですが、見直してきたメモリスト(本当はもっと細かかったり色々あるのですが)でもあるので、少しでも役に立つなら頑張った甲斐があります。
      せっかくの機会ですし、大切な子のためですし質問はしっかりと行いたいですね!

      2016.09.11 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

訳あって入った保育園を転園しました&落ち着いてきたので更新再開します
前回の記事からだいぶ期間が空いてしまいました。 この3ヶ月間で、少し色々あったり本業が立て込んだりとあってや ...

保育園に関連した自分で経験して実感したいろいろな問題を挙げてみました
自分が思っていた以上に拡散され驚きに溢れております。 まさかコメントが何個もついて、お問い合わせフォームから ...

【世田谷区編】個人事業主やフリーランスの保活で見落としがちな盲点
自営業、フリーランスなどとにかく会社員という肩書きではない方で、特に保育園に入園させたいと考えてる方の落とし穴 ...

世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
もはや、既に世田谷区は1次の結果は出ていますし、私も落ちています。 Twitterや各種ブログなどを見ていて ...

区役所や市役所で聞いた保育園の話は鵜呑みにしすぎないように要注意
何でもそうですが、経験した事のある人と未経験の人とでは、あまりに知識差がありすぎて、知っている人からすれば常識 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切
育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした
子どもの結膜炎をもらいメガネも壊された!コンタクトはワンデーで予備用のメガネもあると尚良し!
【DIY】家庭用エアコンの風除けを頑固自在を使って自作・手作り ※見た目はこだわらない人向け
セミや虫や昆虫に息子ではなく父親が早く慣れておかないといけない気がする
3度目の手足口病。保育園の登園や熱・元気度・赤いブツブツなど過去との比較
家から少し遠い保育園でもこんなメリットがある!という事を無理矢理考えてみた
イヤイヤ期に読みたい絵本「はやくはやくっていわないで」が心に響きすぎる

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top