実は思っている以上に費用はかかる!?
妊娠から出産までにかかる費用の総額のまとめ

やはり妊娠・出産というのは、嬉しくもあるものですが同時に金銭的な事も考えてしまいます。
赤ちゃんを授かったということで、幸せいっぱいではありますが、長い親として続くこの道をしっかり生きて行くためには金銭感覚をしっかり見とく必要もあります。

実際に、妊娠や出産にはかなりのお金がかかります。
嬉しい反面、しっかりしなければいけないという事で、実際に妊娠から出産までにかかった支出の総額についてまとめてみました。

自分が2人目を産んだりする際の備忘録としてまとめています。

スポンサードリンク

目安としては、総額60万円から100万円は考えておくと良い

妊娠から出産までにかかる支出の総額については、だいたいの目安額として、60万円~100万円と考えておくと良いと思います。

妊娠から出産までにかかる支出を分類すると、下記の4つに分けることができます。

  • 妊婦検診
  • マタニティー用品費
  • 出産の準備品費
  • 分娩と入院

これらの全てを足した額が、総額としてだいたい60万円~100万円を見ておくと良いと思います。

妊婦健診にかかる費用について

まず、妊娠したら誰もが受けるべき妊婦健診ですが、だいたい1回の健診にかかる費用は5,000円~10,000円前後かかりますが、これは産婦人科などどこで受けるかでも変わるため事前に調べておくのが吉です。

妊婦に欠かせない妊婦健診ですが、基本的には病気などではないため、健康保険などが使えずにすべて自己負担になります。

ただ住んでいる地区や自治体によっては、助成金が出たり補助があったりしますので、確認しておきましょう。

これをだいたい平均すると、10回~15回ほど受けることになります。
もちろん、人によってはそれ以上受ける場合もあったりで、そうなってくると妊婦健診にかかる費用も多くなっていきます。

ただお金がかかるからといってここをけちると大きなトラブルの元ですから絶対に削らないようにしましょう。

マタニティー用品費

これは個人差が出る部分になりますが、基本的に多くの人はマタニティ用のアイテムを持っていない事が多いため、意外と出費がかさみます。

もともとゆとりのある服を持っているという場合は、マタニティー用品として買い足す必要もありませんし、手持ちのものに少し手を加えるといった対応ができる場合もあれば、支出はだいぶ減らす事が可能です。

ただマタニティブラやショーツ類、パジャマなどお腹が出てくるにしたがって服なども揃えていったり楽なものが欲しくなりますので、その分の費用が必要になります。

出産の準備用品

つい自分の子が産まれてくる事を想像しにやけながら財布の紐が緩んでしまう予算項目ですね。
我が家でも、ここは事前に予算を立てていたのに、服選びなど、今となっては無駄な予算組みもたくさんしてたなと思う程に意外とお金がかかります。

1人目であれば、産まれてくる子どもに関するアイテムは持っていないはずなので、色々揃えていくとあっという間に数万円、ブランドなどに手を出すと数十万円という事になるので予算をしっかり考えておくと良いと言えます。

分娩と入院にかかる費用

ここで大きな費用の差が生まれると言っても過言ではありません。
どこの病院にお願いするかによって、そして病院内の大部屋・個室などによっても大きく費用は変わってきます。

出産前に色々トラブルがあり事前入院などになったり、帝王切開になったりなど出産は色々あったりしますので、それに伴い費用も当然変わってきます。

かなり幅広い額になりますが、目安としては分娩と入院だけで、おおよそ30万円~70万円はかかると考えておいた方が無難です。

スポンサードリンク

万が一のときのために多めの貯金をしておくこと

昔から、子作りは計画的にと言われますが、今ならその言葉の意味や重みがよくわかります。

妊娠や出産にあたってはやはり計画性というものが求められる気がします。
これは実際にその立場になればわかりますがお金が必要になってくるという事からですね。

妊娠や出産にあたっては予想外のことが起こる可能性も十分あります。

我が家では、妻が産後に出血が止まらず緊急再入院し、輸血をするまでになりました。

当然、輸血から約1ヶ月弱の20日程の再入院費、子どももいったん退院していたので、再度預けるための預け費などが必要になりました。

これら以外にも、なんだかんだと色々な事にお金が必要になってきます。
妊娠から出産までは60万円から100万円ほどを考えておいた方が良いと書きましたが、トラブルが大きければ実際にはもっと出て行く事になります。

実際我が家も一時的に支払った額は100万を超えています。
色々な手当や助成金、結果的には手術した事から保険が下りたという事もあり、最終的には平均的な価格になったとはいえ、先に支払う時は大金をドンと支払いました。

急なトラブルの際に、体調や色々な事で悩まなければいけないのに、さらにお金で悩んだりしないでいいように、予め余裕を持ってのぞめると理想的かもしれませんね。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

いつか自分や家族に返ってくると思い献血に定期的に行くようにしたい
都心の駅構内などを歩いていると、よく見かける献血のコーナー。 いつの日も、必ずといって良いほどに不足・不足・ ...

つわりでシャンプーのニオイが気になるならuruotte/うるおってがおすすめ
妻が妊娠をして喜ばしい!と思いながらも、なかなかにひどい悪阻に悩まされていました。 特に臭いがダメになっ ...

里帰り出産をするなら産後の帰宅前に掃除代行を使って綺麗にして我が子を迎えるのがおすすめ
地方から都心に出てきたりなどしていると、出産時は実家に帰る事も多く、里帰り出産となる人もいるのではないかと思い ...

妊娠初期で辛かったつわりが急に来なくなっても流産の心配はしなくて良い
妊娠初期にあるつわり。 漢字で書いたら「悪阻」と書くとつわりを体験して始めて知りました。 (もちろん体験し ...

結婚祝いや出産祝いなどギフト品をもらった時に我が家で気をつけている事
ありがたい事に、結婚した後に結婚祝いを、出産した後には出産祝いなど色々なギフトをいただく機会があります。 も ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
子どもは親の言葉と会話をよく聞いて覚えている!夫婦の会話にも要注意
雑誌サンキュ!が面白!育児中の父親や男性も読むべき!でも登場する家計簿が凄まじい…
2歳でも立場や環境が変われば成長する!保育園ではお兄ちゃんに
認可外保育園の宿命?3月で転園・退園するお友達との別れがやってきた
大阪東京間の出張や旅行は日本旅行などの宿泊パックが安くてオススメ
料理が苦手でも母親がダウンした時のために最低限の料理スキルは合った方がいい


Page Top