子どもがマスクを付けるのに意味はあるのか
そもそもいつから付けて良いのかなどと我が家の状況

半年経った後くらいから、子どもは風邪をひきまくります。
親としては、早く治ってくれーと思うと同時に、自分がもらわないようにしなきゃ…とも思うわけですが、その時にふと気になるのが子どものマスクです。

自分たち親としては、マスクは当たり前のように付けて予防したり、喉を潤したりといった感じで付けますが、子どもはそもそも付けていいのか?といった事や、付けていいのならいつ頃から?という疑問が湧いたので調べてみたり聞いてみました。

スポンサードリンク

そもそも子どものマスクはいつ頃からOKなのか

一応調べた限りでは、特にいつからならOKといった事は決まっていないようです。
ただ、市販されている子供用のマスクを見たらわかるのですが、だいたいほとんどの商品で対象年齢は2歳から3歳となっています。

そのため、自分の子どもにマスクを付けさせはじめるのもこの2歳~3歳ほどが多いです。
一応、ピジョンなどのベビー用品メーカーからは、1歳半用のマスクなども販売されていますが、子ども用というのはやはりだいたい2歳や3歳ほどがターゲットとなっているようです。

姉に実際にマスクを付けはじめた年を聞くと、やはり2歳半頃といった感じで回答されました。

1歳でもいけるかな?と思って、小児科と耳鼻科に行った時にきいてみたところ、付けても1歳だと嫌がる可能性も高く、大きくてすぐズレるし、口に入れようとして食べようとして詰まったりしたら一大事だから辞めた方が良いよ。との事でした。

嫌がったりしなければ付ける事自体は問題ないけど、付けるとすれば、エチケット的な意味で、病院に行くときだけ付けるなど、親がきちんとしっかり見ていられる範囲にした方が安全とも言われました。

という事で、我が子はまだ1歳なのでちょっと早いかと思ってやめておこうと思いましたが、自分が見ているからと軽くお試しで装着してみたところ、5秒と持たずおもちゃになりました(笑

スポンサードリンク

子どもがマスク自体をつける事は予防というより喉のため

子どもにマスクがそもそも付ける付けないではなく意味あるの?という方もいるかもしれませんが、一応聞いた限りでは意味はあるとの事です。

マスク自体での予防については色々賛否両論のようですが、マスクを付ける事で喉そのものを潤したり保湿してくれるという面での効果はあるとの事です。

このあたりは実際に親である自分が付けても同じように喉がマシになったりするので同じような効果的なものは期待できるのかもしれませんね。

付けて嫌がったマスクを付けられた方法

という事で少し追記です。
1歳になるかならないかの頃は、軽くお試し的に付けてみてもズレて外れたりおもちゃにされたのですが、それからしばらく経った1歳半の今なら少しだけ付けてくれるようになりました。

とはいえ、やはり普通では嫌がるので、病院に行くときのエチケット的な意味なだけです。
家で喉のためにやろうとしても、たいてい嫌がってすぐはずしますし、そもそも付ける時から嫌がるので、エチケット目的以外ではやってません。

という事で、我が家の対策としては

  1. 子どもが好きな車の絵柄をマスクに付ける(我が家の場合は完全に車)
  2. 親がまず先に付けて楽しそうにする
  3. 一緒に付けよーと遊ぶ目的のように付けさせる

1歳半でもこうすれば、なんとか付けてくれるようにはなります。
といっても、持続期間は短いですが(笑

2歳や3歳になってくれば、もう少し違うのかもしれません。
多くのブログなどでは好きなキャラクターのマスクを買ったりといった事が書かれてますが、1歳半だとまだまだキャラクターというよりも、車とか電車とかモノ単位なので難しいです。

いきなり付けようとするとたいてい嫌がるので、親がマスクで遊んだりしながら、一緒に付けていくとやると割とスムーズにいけたりします。

とはいえ、やはり1歳半とかだとマスクをすぐ取り外しますし、それを口に入れたりしようとする事はあるので、あまり自分も付ける事はオススメはしないですし、エチケット的な時以外ではそこまでしなくても良いのかなと思っています。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

子どもの風邪を親がもらわず家族にうつさないための対策と予防
赤ちゃん、そして、子どもというのは風邪をしょっちゅうひくものです。 0歳児の時、症状が軽めのものも入れると、 ...

赤ちゃん・子どもの歯並びは遺伝で決まる?すきっ歯でも大丈夫なのか
子どもが産まれた時はあまり気にならないというか、気にしないというか、そんな事も、日がたつに連れて色々気になって ...

子どもの高熱時に役立つ「わきの下専用ちょいパットアイス」がオススメ
子どもが産まれ、半年を過ぎたあたりからは、母親から受け継いだ免疫最高レベルが終わり、一気に色々なウイルスたちに ...

おむつかぶれの対策と予防となった時の正しいおしりの拭き方について
赤ちゃんにとっておもつは欠かせません。 どのブランドのおむつを使うか、相性などもあるのかもしれませんが、常に ...

今更ながらのSIDSと予防方法とベビーセンサーについて
子どもが産まれてからは今までそこまで気になっていなかったニュースに耳を傾ける事が増えました。 そして、子 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

子どもがイヤイヤする時は環境を変えて整えてあげると意外とすんなりしてくれる
子育てで親が「誘導しない」「待つ」という事はとても重要じゃないかと思う
トイレトレーニングでシール貼りを使った後も応用活用すると良いかも
日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切
育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした
子どもの結膜炎をもらいメガネも壊された!コンタクトはワンデーで予備用のメガネもあると尚良し!

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top