子どもがマスクを付けるのに意味はあるのか
そもそもいつから付けて良いのかなどと我が家の状況

子どもの病気・健康

  • 公開日:2016.02.20
  • 更新日:2018.10.02

半年経った後くらいから、子どもは風邪をひきまくります。
親としては、早く治ってくれーと思うと同時に、自分がもらわないようにしなきゃ…とも思うわけですが、その時にふと気になるのが子どものマスクです。

自分たち親としては、マスクは当たり前のように付けて予防したり、喉を潤したりといった感じで付けますが、子どもはそもそも付けていいのか?といった事や、付けていいのならいつ頃から?という疑問が湧いたので調べてみたり聞いてみました。

そもそも子どものマスクはいつ頃からOKなのか

一応調べた限りでは、特にいつからならOKといった事は決まっていないようです。
ただ、市販されている子供用のマスクを見たらわかるのですが、だいたいほとんどの商品で対象年齢は2歳から3歳となっています。

そのため、自分の子どもにマスクを付けさせはじめるのもこの2歳~3歳ほどが多いです。
一応、ピジョンなどのベビー用品メーカーからは、1歳半用のマスクなども販売されていますが、子ども用というのはやはりだいたい2歳や3歳ほどがターゲットとなっているようです。

姉に実際にマスクを付けはじめた年を聞くと、やはり2歳半頃といった感じで回答されました。

1歳でもいけるかな?と思って、小児科と耳鼻科に行った時にきいてみたところ、付けても1歳だと嫌がる可能性も高く、大きくてすぐズレるし、口に入れようとして食べようとして詰まったりしたら一大事だから辞めた方が良いよ。との事でした。

嫌がったりしなければ付ける事自体は問題ないけど、付けるとすれば、エチケット的な意味で、病院に行くときだけ付けるなど、親がきちんとしっかり見ていられる範囲にした方が安全とも言われました。

という事で、我が子はまだ1歳なのでちょっと早いかと思ってやめておこうと思いましたが、自分が見ているからと軽くお試しで装着してみたところ、5秒と持たずおもちゃになりました(笑

子どもがマスク自体をつける事は予防というより喉のため

子どもにマスクがそもそも付ける付けないではなく意味あるの?という方もいるかもしれませんが、一応聞いた限りでは意味はあるとの事です。

マスク自体での予防については色々賛否両論のようですが、マスクを付ける事で喉そのものを潤したり保湿してくれるという面での効果はあるとの事です。

このあたりは実際に親である自分が付けても同じように喉がマシになったりするので同じような効果的なものは期待できるのかもしれませんね。

付けて嫌がったマスクを付けられた方法

という事で少し追記です。
1歳になるかならないかの頃は、軽くお試し的に付けてみてもズレて外れたりおもちゃにされたのですが、それからしばらく経った1歳半の今なら少しだけ付けてくれるようになりました。

とはいえ、やはり普通では嫌がるので、病院に行くときのエチケット的な意味なだけです。
家で喉のためにやろうとしても、たいてい嫌がってすぐはずしますし、そもそも付ける時から嫌がるので、エチケット目的以外ではやってません。

という事で、我が家の対策としては

  1. 子どもが好きな車の絵柄をマスクに付ける(我が家の場合は完全に車)
  2. 親がまず先に付けて楽しそうにする
  3. 一緒に付けよーと遊ぶ目的のように付けさせる

1歳半でもこうすれば、なんとか付けてくれるようにはなります。
といっても、持続期間は短いですが(笑

2歳や3歳になってくれば、もう少し違うのかもしれません。
多くのブログなどでは好きなキャラクターのマスクを買ったりといった事が書かれてますが、1歳半だとまだまだキャラクターというよりも、車とか電車とかモノ単位なので難しいです。

いきなり付けようとするとたいてい嫌がるので、親がマスクで遊んだりしながら、一緒に付けていくとやると割とスムーズにいけたりします。

とはいえ、やはり1歳半とかだとマスクをすぐ取り外しますし、それを口に入れたりしようとする事はあるので、あまり自分も付ける事はオススメはしないですし、エチケット的な時以外ではそこまでしなくても良いのかなと思っています。

記事のメタデータ

  • 公開日:2016.02.20
  • 更新日:2018.10.02

カテゴリ:子どもの病気・健康

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ
周りに子どもが産まれた時にこれを真剣にアドバイスしています。 スマイルキュートってなんぞや?って方には、簡単に ...

3度目の手足口病。保育園の登園や熱・元気度・赤いブツブツなど過去との比較
いや、まさかのまさかですが、息子が2週間程前に手足口病になりました。 2度ある事は3度あるとはよく言ったものだ ...

予防接種はかかり付けの小児科と違う病院で受ければかかり付けを怖がらずに済む
子どもが産まれてから驚くのが、予防接種の数です。 あんな小さな体に注射をどんどん打っていくのが申し訳ない気もし ...

今更ながらのSIDSと予防方法とベビーセンサーについて
子どもが産まれてからは今までそこまで気になっていなかったニュースに耳を傾ける事が増えました。 そして、子ども ...

風邪の予防対策にマヌカハニーがおすすめ!選び方と我が家の食べ方を紹介
子どもが半年を過ぎたら、なんだかんだと頻繁に風邪をひきます。 特に保育園へ通うようになってからは、これでもか! ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

共働き家庭こそ、幼稚園の代休は本格的に遊びお出かけするイベント日にしよう
仕事は東京。住まいと子育ては大阪。3年経ったけど思ってた以上に快適で素晴らしい
実家の帰省は布団のダニやハウスダストなどアレルギーに要注意
あけましておめでとうございます。2019年、様々な体験と自分で選択をさせたい
バランスは必要だけど、我が子が通う幼稚園や保育園のイベントはあると良い
我が家でのクリスマス。自作ケーキとシンカリオンのグッズで大満足
幼稚園のクリスマス会。小さい子の真剣に頑張る姿はとても良い
週末に予定がない時はテントとお弁当持って公園に行くだけでとても楽しい
ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事