息子がセミや虫に興味を持ちだした今、
虫が大の苦手な父親も慣れておかないといけない!

育児・子育て

  • 公開日:2017.07.28
  • 更新日:2018.10.02

全く自慢にならないのですが、自分自身、とてつもなく虫が苦手です。
いつからどういう理由なのかわかりませんが、大人になった今では、昆虫や虫の類のものは全くもって受け付けません。

まだまだ自分が子どもの頃は、虫かごと網を持って虫を捕まえにいったりとしていたのに、いつの間にか全く触ることはおろか、近寄る事すらできないほどに苦手になっていました。

昔はセミもトンボもバッタもコオロギも蜂ですらも素手で捕まえて楽しんでいたくらいなのに(結局、蜂には刺されて痛い目に合いましたが…)、なぜか今では全くもってそういうのができないようになりました。

結構同じような人は多いようで、この間、東京出張の際に昔馴染みでのパパ会的な飲み会をやったのですが皆同じように、虫マジ無理!みたいな事を言い合ってました。

それでも、子どもは虫大好きでたまらない

もうこれは仕方ないのでしょうね。
自分が小さい頃ですらそうであったように、息子も虫がいると興味津々です。

1歳の頃はまだ怖がって泣いていたのに、2歳の今では蝉の抜け殻があると、セミさんいたよ~と抜け殻を取って持ってきてくれます。

公園で少し長めに遊んだりするときは、蝉の抜け殻が何個もあり、2つ、3つ、4つと服に付けたりして遊んでます。

セミの抜け殻ならまだまだ全然良いんですが、当たり前な話、だんだん飛んでるセミにも興味を覚えたりするわけです。

セミって悲しい事に最後の死期間近な場合、地面に力尽きて落ちたりしますし、そこで「ジジジッ…」と泣いたりしている場合って結構あると思います。

その場面に直面すると、息子がだいたい「おとうちゃん。セミさん取って!」と言うわけです。
これが虫が今は苦手になってしまった自分にはとても困った状況です。

とりあえず今はまだ逃げてます

セミも地面に落ちてるので、なんとか別の場所に逃がしてあげたい気持ちもあるのですが、この状況下でまだ掴む心のゆとりがないので、とりあえずまだ今は逃げています。

セミさん寝てるから起こすと可哀想といって逃げてます。
ザ・ダメな大人ですね。

ジジジって泣き出したりしたら、ほら。寝かせて!って言ってるよーとさらに逃げの姿勢に入ってます。

ですが、このままだとずっと虫類が触れないお父さんという事になってしまうので、なんとか対処しなければと今、目下少しずつ慣れるようにしています。

自分も妻も苦手だけど、義母は全く苦にしていない

私自身、書いてきたように虫類が苦手ですが、妻も同様です。
息子も苦手でいてくれたら良かったのに…と思う反面、子どもだからやっぱりそういうのは楽しんで欲しいしそうなってくれて良かったと思う面もあります。

自分達が苦手なのですが、義母はまったくもって虫類になんら苦手意識がありません。

公園に行って木に止まっているセミを躊躇なく捕まえて見せたりしていました。
セミからしたらたまったもんじゃないかもしれませんが、息子はセミの実物を間近で見ながら、少し怖がりながらもツンツンしたり興味津々でした。

多分、これからが虫や昆虫などは本番になる気がする

自分自身、一番虫の類を捕まえたり探したりと遊んでいたのは小学生の頃だった記憶があります。

コオロギやトノサマバッタ、トンボにザリガニ、カマキリなどなど、いろんなのを探して捕まえようとしていた記憶があるので、息子も近い将来そういう時期がくるんだろうと思ってます。

また、虫が苦手な癖に、キャンプ大好きという事もあり、キャンプに行ったら絶対虫の宝庫でもあり子ども達は喜び探して捕まえようとするはずです。

その時に、子ども達が一緒に捕まえて欲しい!と思っているのにもかかわらず、虫が苦手だからイヤというのは避けたいなとつくづく最近思っています。

父親が最大の遊び相手になろうと思ってるのに、このままでは一緒に遊べないと思い、なんとか今、虫克服に取り組んでます。

まずはセミを軽く捕まえたり、歩く通路近くにいてもビビらないようになりたいなと思います。

虫が苦手な方はこういう時どうしてるんでしょうかね…

記事のメタデータ

  • 公開日:2017.07.28
  • 更新日:2018.10.02

カテゴリ:育児・子育て

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
昼頃に書きたかったのに、書くのが遅くなり、既に過ぎてしまっていますが、10月17日の朝刊の日経新聞にちょこっと ...

子どもが産まれたら、即効でAmazonファミリーに入会するのがお得
基本は買い物は楽天を使っている私ですが、子どもが産まれてからは非常にAmazonで買う機会が増えました。 そ ...

里帰り出産後や帰省時に赤ちゃんを連れるなら新幹線は11号車か12号車がオススメ
我が家ではいわゆる里帰り出産で、妻の実家近くの病院で出産しました。 ですから、里帰り出産後の1ヶ月検診を終えて ...

子どものために感情表現が豊かにできるようになりたいと思った話
自分と妻だけの2人で生活している時、好みや嗜好、笑うポイントなどがよく似ていて、何かを観に行ったり、何かをする ...

妊活中や妊娠中や出産を控えた男性は漫画のコウノドリを一度読んでおくべき
こう書くと怒られてしまいそうですが、妊娠をして出産を控えるとなっても、我々、父親側というのは特に何も変わりませ ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました
幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ
神戸カワサキワールドの体験談!大人も楽しめて電車・車好きな子どもにおすすめ

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事