絵本「はやくはやくっていわないで」は
イヤイヤ期まっただ中にこそ読みたい心に響く絵本

我が息子。2歳と4ヶ月。ただいま絶賛イヤイヤ期中です!
歩きたい!嫌だ!歩きたいの!嫌だ!歩きたいの!嫌だ!という繰り返しでどうしたら良いのかと悩む日々です。

イヤイヤ期だとこういった事は日常茶飯事かなと思います。
電車や路上、色々なところで、駄々をこねる子と親を見て、わかるわーとついニヤニヤしながら、頑張ってと心の中で応援しています。

そんなイヤイヤ期のまっただ中で、この絵本に出会い、なんというか心をぐさっと鷲づかみにされた気分です。

スポンサードリンク

親の資質が問われているような気がするイヤイヤ期

最初にも書いた通り、まさに今、我が子がイヤイヤ期真っ最中です。
最近は特に、あらゆる事をお母さんじゃないとイヤという事が増えてきました。

お母さんじゃないと嫌というか、おとうちゃんとやると、おかあちゃんひとりで寂しくてエーンエーンしちゃうで。と泣きながらいってきます。
なんという心の優しさでしょうか。

でも、おかあちゃんとやると、お父ちゃん寂しくてエーンエーンしちゃうで?と聞くと、そうなん?と聞いてきます。

おとうちゃんはエーンエーンしても、大して気にならないようです。
なんという悲しさでしょうか。

帰宅後の手洗い、トイレ後の手洗い、夜の歯みがき、寝かしつけなどなど、おかあちゃんとやるの!とハッキリと言われ、非常に悲しい日々を過ごしています。

お風呂だけは普通に一緒に入ってくれるのが毎日の救いであり癒しです。

で、そんなイヤイヤ期まっただ中なため、何かとイヤと言われたりします。
ついつい親はイライラしたり、「ああああああああああああ」なんて言いたくなる日もあります。

まさにイヤイヤ期こそ親の能力の本領発揮という気がします。
こういうときに、スマートにしっかりと我が子に接してあげられたらいいなと思いはするのですが、まぁそう簡単にはいきません。

イヤイヤ期で怒ったりして、つい我が子の寝顔を見て反省したりなんて人もいるかと思いますが、この絵本はそんな時に読んでみると良いんじゃないかな?と思います。

きっと何か心にくるものがあるのではないかと思います。

スポンサードリンク

本当は大人向けじゃないか?と思える絵本の内容

そもそも絵本って、本来は子ども向けなわけです。
子どもが読んでもわかりやすいストーリーと絵で、読み聞かせたり、一緒に読んだりとしている人も多いと思います。

我が子もまだ2歳と少しなので、一人で読める絵本は限られており、読む時は基本的にあぐらかいた上に座らせて絵本を読み聞かせたりしています。

で、そんな絵本は普通は子ども向けなわけですよね。
ですが、この「はやくはやくっていわないで」の絵本は、もちろん子ども向けなんですが、実は大人向けだったりします。

大人が読めば、違う意味として捉えられる内容

絵本なので、当然子どもが読んでもきちんとした内容になっています。
ですが、これはおそらく大人向けに書かれた絵本だと言っていいくらいに、大人向けで、もっと言えば子育てしてる親向けに書かれた本だと言っても良いくらいの内容です。

もっと言えば、イヤイヤ期まっただ中の育児中の親に向けた絵本じゃないか?と思えるほどです。

実際、絵本に書かれている読者の対象年齢の欄も、驚きの「0歳~100歳」という書かれ方をしている事からも、親向けに書かれたんじゃないかなと思っています。

題名の「はやくはやくっていわないで」からも多少は想像できるかとは思いますが、まぁそういう話です。

何か凄いことが書かれてるわけではないかもしれないし、絵が凄いというわけでもありません。
どちらかというとシンプルです。

が、淡々と何かを訴えかけてくるものがあります。

絵本の言葉が、子どもの代弁に聞こえる

自分は仕事が自営のため、かなり時間に融通が利きます。
他の子育てしている方と比べても、出勤時間が明確に決められたりしていないため、そんなに急かさせたりもしていない“つもり”です。

が、やっぱり読んで改めて思い返してみると、つい「はやくはやく!」と言ってしまっていたり、言葉にはしないまでも、ついそう思っているという事に気付かされます。

なかなか靴を履いてくれないとき、
なかなかトイレでおしっこがでないとき、
なかなか服を着てくれないとき
なかなか手を洗ってくれないとき…などなど

つい、はやくはやくとは言わないまでも、同じ事を思っているなと気付かされます。

もしかしたら、本人にしかわからない“何か”があるかもしれないのに、つい自分の親としての都合だけで、はやくはやく!とつい思ってしまっています。

読んでみては、しまったなぁ…と思い返し、つい「はやく!」と言いたくなるときはこれを思い返しています。

イヤイヤ期で少しだけ疲れた時などに読み返すと、寝ている我が子の頭を撫でにいきたくなる、そんな絵本です。

イヤイヤ期にかかわらず、子育てで少し疲れた…怒ってしまって後悔…なんて事がある人に、ぐさりとやられるかも知れませんが、オススメな絵本です。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

子どもと遊ぶ時やイベント時にスマホを見るのはやめようという話
子どもが産まれた後、産まれた病院に1ヶ月検診で再訪します。 まぁ我が家は産後にトラブルがあったので、再入院し ...

子どもの高熱時に役立つ「わきの下専用ちょいパットアイス」がオススメ
子どもが産まれ、半年を過ぎたあたりからは、母親から受け継いだ免疫最高レベルが終わり、一気に色々なウイルスたちに ...

セミや虫や昆虫に息子ではなく父親が早く慣れておかないといけない気がする
全く自慢にならないのですが、自分自身、とてつもなく虫が苦手です。 いつからどういう理由なのかわかりませんが、 ...

風邪の予防対策にマヌカハニーがおすすめ!選び方と我が家の食べ方を紹介
子どもが半年を過ぎたら、なんだかんだと頻繁に風邪をひきます。 特に保育園へ通うようになってからは、これでもか ...

意外と見落としがち?これから子育てに入る父親はスマホ写真に慣れておこう!
ついこの間、知人に子どもが産まれました。 この間と言いつつ、実際産まれたのはもう少し前だったのですが、記事を ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

子どもがいる家庭の自転車保険ならクレジットカード附帯の個人賠償責任保険が良い
あけましておめでとうございます。2018年はチャレンジする年にしたい!
ご飯を嫌がって食べない時は調理を手伝ってもらうと良いのかも?
子どもがイヤイヤする時は環境を変えて整えてあげると意外とすんなりしてくれる
子育てで親が「誘導しない」「待つ」という事はとても重要じゃないかと思う
トイレトレーニングでシール貼りを使った後も応用活用すると良いかも
日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top