ベビーカーと一言で言っても実は種類は膨大
A型やB型などタイプや用途を理解して自分たちにあったベビーカーを

我が子が産まれてしばらくすると必要になってきて悩むのがベビーカーです。
赤ちゃんがいるからといって家にこもりっきりになるわけにはいかないですし、お買い物など外へのお出かけもベビーカーがあるからこそ楽しめるものです。

とはいえ、自分もそうでしたが、ベビーカー選びは年代や用途など色々あってなかなかに悩ましいものです。
と言うことで、自分が調べて色々学んだ知識を備忘録として、種類やそれぞれの特徴、選び方についてまとめてみました。

スポンサードリンク

そもそものベビーカーの種類

ベビーカーと簡単に言いますが、実際には種類が用途などによってわかれます。
特に今ではベビーカーも多様化してきており、思っている以上にたくさんの種類のものが出ていたりします。

そのため、自分もそうでしたが、ベビーカーを選ぶ時になって初めて、あ、ベビーカーってそんな種類いっぱいあって、選ばなきゃダメなの?と驚く方も多いはずです。

簡単に分ければ、3タイプになります。

  • A型
  • B型
  • AB兼用

パッと見た時は血液型か?と自分も思ったりしたものですが、多くの店でも、だいたいこう分けられていて、説明もだいたいはこうされます。

もちろん、これらの主流のベビーカー以外にも海外のベビーカーやバギータイプのベビーカーもありますが、実際に街中で見かけるいわゆるベビーカーというとやはり主流となっているA型、B型、AB兼用がほとんどです。

ここではそんな、A型、B型、AB型についてまとめています。

スポンサードリンク

A型・B型・AB兼用それぞれの特徴

という事で、さっそくA型・B型・AB兼用のそれぞれの特徴をまとめてみます。

A型の特徴など

まずはA型ベビーカーについてです。
A型ベビーカーの特徴として挙げられるのは、座面が完全にフラットになるというところが挙げられます。

フルフラットになるため、赤ちゃんを寝かせたまま乗せることができますし、首がすわっていなくても乗せられるというのが大きな特徴です。

子の顔が見える対面式、外の景色が見える背面式、この両方の切り替えができる両対面式といくつか種類がありますが、用途に合わせて選べる両対面式が人気です。

A型は生後数ヶ月の赤ちゃんを乗せる事もあるベビーカーになるため、全体的に作りはしっかりとしていて頑丈な上に、振動に強いというのも魅力です。

ただし、赤ちゃんを安心して乗せることができるので有り難いのですが、その分大きめなサイズになり、置き場所も取る上に、畳んで小さくしたりできず、造りがしっかりしているため値段も少し高めという傾向があります。

どこのメーカーのものを選ぶかによっても違ってきますが、重たい分、折り畳みも大変ですし、小回りが利かないタイプのものが多くなりやすいです。
どちらかというと大手メーカーや有名メーカーの物が多い感じがします。

A型のメリット

箇条書きでまとめておくと、メリットとしてはこんなところです。

  • シートをフラットにできる
  • 生後1~2ヶ月から使える
  • 頑丈に作られ安全面に力を入れている
  • 荷物ホルダーが多め
  • 対面式で我が子の顔を見ながら押せる

A型のデメリット

一方のデメリットとしてはこんなところです。

  • 使える期間は短め(1年も使わない場合もある)
  • 頑丈な造りのためわりと重め
  • フラットにできるため大きくて場所を取る
  • 畳んでコンパクトにといった事が出来ない事が多い
  • 対面式で我が子の顔を見ながら押せる
  • 比較的、高価格の傾向が強い

B型の特徴など

次に、B型ベビーカーですが、ベビーカーと聞いて頭の中に思い浮かべるのはおそらくこのB型ベビーカーになります。

A型が寝ている状態で乗せられるベビーカーだった一方で、B型は座った状態で乗ることのできるベビーカーになります。

少し大きくなっていわゆる「腰が座っている」状態まで成長した後に使う事ができるベビーカーです。

軽くて、小さく折り畳めるタイプのものがB型ベビーカーの主流となっています。

お座りができるようになってすぐ乗せるということもできますし、歩けるようになってから疲れたときに乗せるといった形で使うこともできます。

こちらは大手メーカーから、聞いた事のない中小メーカーまで高級なものから格安なものまで色々揃っています。

こちらもメリット・デメリットをまとめてみますとこんな

B型のメリット

箇条書きでまとめておくと、メリットとしてはこんなところです。

  • 軽くて持ち運びが楽で出かけやすい
  • コンパクトに折り畳め収納に場所を取らない
  • 価格が安いものから用意されている
  • 使える期間は非常に長い
  • 選べる種類が非常に豊富にある

B型のデメリット

一方のデメリットとしてはこんなところです。

  • コンパクトなため荷物はあまり入らない
  • 荷物をかけたりするとすぐ倒れたりするので注意が必要
  • 乗り心地などはあまり良くないので長期間乗るのに不向き

AB兼用について

最後にAB兼用ベビーカーですが、名前の通り、A型とB型が兼用となっているベビーカーになります。
兼用のため、切り替えることによって、赤ちゃんを寝かせたまま乗せることもできますし、座った状態で乗せることもできます。

ただし、今では基準が変わって、AB型というのは実際には無くなりA型に統一されています。
※商品説明などではわかりやすくするため、今でもAB兼用などと書かれている場合はあります。

特徴としては、A型のメリットとB型のメリットを合わせた感じになります。
例えば、新生児から使えるにも関わらず、腰が座った後でもそのまま使えたりなどなど。

ただ、利便性としては非常に高いのですが、その特徴1つ1つを見た時は、当然、A型、B型単体で選んでいる方がメリットとしては大きくなります。
乗せたときの安定性や振動はA型に比べれば下がりますし、価格や種類もB型と比べれば少なくなったりします。

ベビーカーの選び方

ベビーカーの選び方は、まずは赤ちゃんの年齢と状態に合ったものを選ぶことになりますが、何よりまずは自分の生活環境を考えるのが必要になります。

もちろん、A型ベビーカーは首がすわっていない赤ちゃん、B型はお座りができるようになった赤ちゃん用という形にはなりますが、自分の移動環境がメインは車なのか、電車なのか、バスなのか、エレベーターがちゃんとある環境なのか、階段なのかで選ぶものは全く変わってきます。

ベビーカーに乗るのは赤ちゃんですが、乗せるのも押していくのも私たち親になります。

毎日の買い物に階段で降りなきゃいけないといった場合は、持ち運びをする必要性が出てきます。

玄関にベビーカーを置くスペースがあるのかないのか、あれば比較的大きめでも大丈夫ですが無いと毎回外出の度にベランダなど奥から引っ張り出すなんて事は面倒で多分できなくなります。

重さや小回りが利くか、折り畳みがしやすいのか、使い勝手はいいのかといったところにも注目しながら選んでいく必要があります。

見落としがちなハンドルの高さとタイヤ同士の幅

ついつい機能性ばかり見てしまいますが、意外に見落としがちなのが、ベビーカーのハンドルの高さです。
最近では女性も男性も背の高い方が増えてきていますし、特に私たちのような父親は、身長に対してベビーカーのハンドルが低すぎると非常に使いにくい傾向があります。

使いにくいというだけではなく、下手をすればそれで腰を痛めてしまうこともあります。
特に、身長が高い場合、身長に対して無理のない高さのハンドルのものか、高さを調節することのできるものという事も考えると良いかもしれません。

また、タイヤ同士の幅というのは、男性の場合は特にベビーカーを押して歩く時、女性より身長が高い分歩幅が大きかったりします。

そのため、ベビーカーのタイヤ同士の幅が狭いと、歩いているとついタイヤを足で蹴ってしまうかたちになりますので、そういった事も考慮して選ぶと良いと言えます。

このようにベビーカー選びは、赤ちゃんの事はもちろん、私たち使う側の親的にも問題がないかを考えなら選んでいくと良いと思います。

そもそもベビーカーは購入だけえなくレンタルという手段もあります。
特に、A型は使う期間が短いという事もあり、抱っこひもで問題ないお子さんの場合はA型はレンタルでB型のみ購入という選択肢も出てきます。

購入するとして長く使えるものを購入するのか、それともこまめに買い替えていく前提で購入するのかといったところも考えておくべきです。

赤ちゃんと親御さんの生活を快適にするためのベビーカーですので、じっくりと考えてよりよいものを選択していくようにしていきましょう。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

関連記事はありませんでした

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

ご飯を嫌がって食べない時は調理を手伝ってもらうと良いのかも?
子どもがイヤイヤする時は環境を変えて整えてあげると意外とすんなりしてくれる
子育てで親が「誘導しない」「待つ」という事はとても重要じゃないかと思う
トイレトレーニングでシール貼りを使った後も応用活用すると良いかも
日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切
育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top