育児や子育てをするなら「ねばならない」ではなく
られればいいなで少し楽して楽しんでも良いと思う

我が家でも子どもが産まれてもうすぐ2年になります。
あっという間のような感じですが、思い返せば色々あったなーと思うばかりですし、思い返すのは楽しい想い出ばかりですね。

ですが、育児ってまぁ色々悩むわけですよね。
自分たち親だって父親・母親1年目になるわけで、何もかもが手探りであってるのか?良いのか?大丈夫か?なんて事を思いながらやるわけです。

で、色々不安だったり、何か少しあれ?とか思うと、周りと比較したり周りの声が気になったりと色々あるわけです。

ですが、最近よく思うのが、タイトルにも書いたように「ねばならない論」をもう少し無くせば育児ってすげー楽になると思うんです。

自分が勝手にそう思っているだけかもしれませんが…
知人が結構なこのねばならない論に苦しんでいたので、ちょっと思うところもあり書いてみました。

題して、ねばならない論ではなく、られればいいな論にすれば、もっと楽だし楽しいになるという話です。

スポンサードリンク

子育て・育児は「ねばならない論」が結構な頻度で攻めてくる

自分だけがそう思っているのかもしれませんが、妊娠から出産、そして0歳児や1歳児のこの時って、この「ねばならない論」がいろいろなところから攻めてくるような気がします。

つわり、分娩、母乳、ミルク、夜泣きなどは全員がほぼ間違い無く経験する事ですが、正直なところこんなのって千差万別なわけですよね。

つわりだってある人もあれば、無い人もいます。
分娩方法だっていわゆる自然分娩と呼ばれる方法もあれば帝王切開だってあります。
今だとコウノトリ読んだりしていて知りましたが、無痛分娩と呼ばれる方法だってあります。

産まれた後の、母乳とミルクの問題だって、色々あーだこーだと言われます。
体質的に出やすい出にくいとか色々あるわけですし、夜泣きだって人というか子どもたちによって様々なわけですよね。

なのに、全てを同じように考えるのって無理があるよね。と最近思うわけです。

つわりって自分のような男には辛さがわかるはずありません。
ですが、妊娠は病気じゃないという言葉が勘違いされて、病気じゃないから休むな働けやそういう事を言う人だってまだまだ少なくありません。

あれ、本来の意味って、そもそも病気じゃないから甘えるなって意味じゃないですしね。
病気じゃないからって無理するな、油断するなとか、気遣う側の意味なんですよね。

分娩だって帝王切開じゃなくて自然分娩みたいな自分の腹を痛めなければーとかの声だって今もありますし、母乳だってミルクなんて…という母乳神話がまだまだ叫ばれたりしていますし、夜泣きも同じように色々あり、場合によってはこのあたりは身内からすらそういった事を言われる人もいます。

スポンサードリンク

このねばならないの脅迫観念から解放されてみては?

自分が勝手に名付けてるこのねばならない論、もっとらくーに考えたらいいと思うんですよね。

そもそもらくとたのしいは同じ漢字ですからね。
多少は楽しておかないと、楽しめないわけです。

つわりは我慢し「なければならない」や、自然分娩で産ま「ねばならない」母乳で育て「ねばならない」、といった事や、テレビを「見せてはならない」や、スマホを「見せてはならない」などですね。

この、子育てはこうであら「ねばならない」ってのが付きまとうわけです。

たまに息抜きや手抜きだっていいじゃない

そりゃ理想論を言えば毎日しっかりやって笑顔でやってなんて出来ればいいですけどね。
そうは言っても人間ですし、完璧なんて無理なわけですよね。

そりゃなるべくそうしたいなって思う方向でやっていくというのは良い事だと思うし、自分もテレビやスマホばかり見せるのはどうかと思いますが、ちょっとくらいであーだこーだと気にするのもどうかと思うんですよね。

神経質になってしまい、なんでも「ねばならない論」に囚われすぎたら。自分も楽しくないし辛いし苦しいです。
そうなれば、子どもだって辛いはずだと思うんですよね。

親がラクをする事で、子どもも楽しめる

もう我が子も2歳をもうすぐ迎えるにあたって、成長したなーと思うわけですが、本当に色々な事に気付きます。

少しイライラしていたり、体調が悪かったりなどの絶好調じゃない時は、なんとなく気付いている態度を見せています。

同じように、少しイラッとしていたりして遊ぶ時も楽しそうに遊んでおらず集中していなと「いっしょにあそぶの」と怒られます。
多分、何か気付いてるんだろうなと思います。

夫婦間で少しケンカじゃないけど小さな事でイラッとしあった時なども、子どもはなんか急に無口になって話さなくなったり、逆に笑って盛り上げようとしてくれたりもするんですよね。

たまたまだったのに、親ばかで勝手にそう思い込んだだけかもしれませんが…

でもまだ2歳になってないにも関わらず、大人が思ってる以上に、それだけ見て感じ取れるんだなと日々勉強させられたりするわけです。

もちろん怠けるやどうでもいいという考えではありませんし、しっかりやらなきゃいけないところは、気合いいれてしっかりやるべきだとは思います。

親が笑ってないと子どもも笑えないし、そういう「ねばならない論」に縛られてたら、なかなか親も笑えないししんどいと思うんですよね。

最初にも書いたように、ラクと楽しいって同じ漢字ですしね。
楽をする事で、子どもも楽しめるって思ったら、多少は楽しやすくないですかね?

という事を、知人を見て思った次第です。

自分もどちらかというと完璧主義者に近い方の性格なので、一時、1回何か失敗したりできないと後にズルズル影響あるんじゃ?とか、色々な「ねばならない論や」に囚われてた事があったので、もう少し楽しくできる方向で考えようとねばならない論に縛られないようにしています。

無理するときはほどほどにしつつ、楽するときは適度に手抜きして楽をしながら、楽しく子育てできればいいなと思うばかりです。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
我が子は今、とにかくプラレールなどの電車にはまっています。 とはいえ、大好きではあるもののまだ2歳なので、脱 ...

離乳食にもオススメ!茅乃舎の出汁を使ったらもう他の出汁に戻れない
結婚をした時に結婚祝いが贈られてくるように、出産すると出産祝いなどをいただく機会が多くあります。 こうい ...

GranDiverさんの体験を利用してフォームなどを診てもらいに行ってきました
ロードバイクに乗ってると、時折、腰にピキピキと来る事がありませんか? 自分だけなのかなぁと思い、非常に悩んで ...

冷蔵庫・食洗機・ドラム式洗濯機を買ってわかった水道光熱費と満足度
子どもが産まれて多くの親が欲しがる?と言われているいわゆる三種の神器。 我が家も、例外なく結局買い換える ...

なるべく無駄に敵を作らない、全ては子どもに返ってくる気持ちでいよう
子どもが産まれて、決めた事に、タイトルの通り無駄に敵を作らないという事があります。 まぁ守れているのかどうか ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
子どもは親の言葉と会話をよく聞いて覚えている!夫婦の会話にも要注意
雑誌サンキュ!が面白!育児中の父親や男性も読むべき!でも登場する家計簿が凄まじい…
2歳でも立場や環境が変われば成長する!保育園ではお兄ちゃんに
認可外保育園の宿命?3月で転園・退園するお友達との別れがやってきた
大阪東京間の出張や旅行は日本旅行などの宿泊パックが安くてオススメ
料理が苦手でも母親がダウンした時のために最低限の料理スキルは合った方がいい


Page Top