子どもが産まれたらお薬手帳は必ず作って
家族みんなの分を合わせて作るのがおすすめです

子どもが産まれてからは、思ってた以上に小児科にお世話になります。
鼻水がぁぁぁぁ、風邪がぁぁぁぁぁ、ブツブツがぁぁぁぁ、発疹がぁぁぁぁ…といった心の叫びを先生がいつもニコニコと穏やかに対処してくれるわけです。

場合によっては、一緒に行くこともありますし、妻が体調不良などの場合、自分が連れて行く事もあります。

そうなって来た時に、当然、過去にどうだったのかなどがわからない場合が出てきます。

スポンサードリンク

子どものお薬手帳は絶対に作っておく

そういった時のために、小児科でもらった薬はこれでした。皮膚科でもらった薬はこれでした。耳鼻科でもらった薬はこれでした。という事がわかる必要があります。

ですから、お薬手帳は間違い無く作っておいた方が良いです。
この薬でダメだったら、もう少し強めのこっち処方しますね。といったやりとりがスムーズに行けます。

基本的に症状などの事は、家族間で共有している事が多いと思いますので、後は全然わからない薬の事だけ、お薬手帳を渡しておけば問題なくいけるようになります。

スポンサードリンク

アプリも良いけれど手元で確認できる手帳の方が良い

今はスマホ全盛期ですから、アプリでお薬手帳が管理できるものがあります。

一時、私もスマホで管理しようと色々試してみました。
ですが、薬局などは基本的にお薬手帳に貼るシールタイプで出てきます。

もっと言えば、お薬手帳を渡しておけば、薬剤師さんが貼ってくれますので、基本出すだけで終わりなので何もしなくて良いです。

アプリだと、どれを処方されたというのを、いちいち入れ直していかなければなりません。

また、スマホだと医師に見せる時にメンドクサイです。
雑菌まみれだから渡しにくいですし、一定時間触らないと勝手に画面がスリープ状態になって真っ暗になりますし、そもそも医師が使い方わかってない場合もありますし。

お薬手帳なら、手渡しでポンと渡せば終わりです。
あーこれ処方されてたのねー。といった事を後は勝手に向こうが判断してくれます。

もちろん、アプリなら過去の履歴とか保存能力は手帳よりもはるかに高いと思いますので、そういう意味では一長一短ではあります。
が、個人的にはラクな手帳タイプを使っています。

これを機に、家族みんなで作るのが良い

1人暮らしや2人だけの暮らしの時は、風邪で病院に行かないといった日もありました。
ですが、子どもが産まれてからは、移してはいけないし、もらうわけにもいかないという事で、何かあればすぐ病院へ行くようになりました。

そもそも子どもと一緒に病院に行くと、風邪だらけだったりする病院で、自分ももらう可能性が上がってしまいます。

そのため、結局自分も色々風邪などは年間で見たらかかってしまう事もあるので、夫婦共にお薬手帳を作ってもらいました。

お薬手帳があれば、あ、これ効いたなというのがさかのぼれる

風邪の症状などは日によって治り方が違いますが、処方されたお薬も、同じ風邪と思って行っても処方される薬はバラバラです。

家の近くの内科に行った時、仕事場の近くで行った時、もちろん自分の中での症状はいわゆる風邪といった感じで伝えて問診されていますが、処方薬が違ったりします。

お薬手帳があれば、そういった処方された薬の結果なども書き込めたり、見直しができて、あ、これ便利だわ。と今更ながらに気付きました。

薬だって万能ではないですし、合う合わないといった事もあるのだと思います。
そういった意味で、お薬手帳に処方された薬で、これあんまり効かなかったといった薬や、これはよく効いたなーといった事がわかれば、次に医者に掛かったときも色々やりやすいんじゃないかと思います。

せっかくの機会なので、子どもが産まれたらお薬手帳を作ると思いますから、自分達の分も作っておきましょう。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

ベネッセ・こどもチャレンジCM曲「ちいさなきみのうた」がステキすぎる件
更新していかないとと思っていた矢先に、いきなり40度近い熱を自分が出してしまい、なかなかに寝込んでいました。 ...

意外と見落としがち?これから子育てに入る父親はスマホ写真に慣れておこう!
ついこの間、知人に子どもが産まれました。 この間と言いつつ、実際産まれたのはもう少し前だったのですが、記事を ...

セミや虫や昆虫に息子ではなく父親が早く慣れておかないといけない気がする
全く自慢にならないのですが、自分自身、とてつもなく虫が苦手です。 いつからどういう理由なのかわかりませんが、 ...

子育て・育児は「ねばならない論」より「られればいいな論」だと楽だし楽しい
我が家でも子どもが産まれてもうすぐ2年になります。 あっという間のような感じですが、思い返せば色々あったなー ...

2歳の誕生日をむかえました。歌ったり走ったり出来る事がたくさん増えました。
我が子が2歳を迎えました。 実際に2歳になったのはもう少し前でしたが、本業が多忙でバタバタしていたので今日の ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした
子どもの結膜炎をもらいメガネも壊された!コンタクトはワンデーで予備用のメガネもあると尚良し!
【DIY】家庭用エアコンの風除けを頑固自在を使って自作・手作り ※見た目はこだわらない人向け
セミや虫や昆虫に息子ではなく父親が早く慣れておかないといけない気がする
3度目の手足口病。保育園の登園や熱・元気度・赤いブツブツなど過去との比較
家から少し遠い保育園でもこんなメリットがある!という事を無理矢理考えてみた
イヤイヤ期に読みたい絵本「はやくはやくっていわないで」が心に響きすぎる
ノートPC収納可で手持ちとリュックの2wayバッグは子育て中には最高にオススメ
子連れの海遊館まとめ。週末の混雑具合やランチやトイレ・ベビーカー事情と注意点
梅田のボーネルンドのキドキドあそびのせかいは土日でも朝一が空いていてオススメ

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top