保育園入園で服やおむつに名前が必要なら
スタンプやシールを使えば時短で楽チンに仕上がります

保育園・幼稚園, 良かったモノのレビュー, 子ども用品関連

  • 公開日:2016.03.29
  • 更新日:2018.10.03

4月から保育園への入園が始まります。
3月はそれに付随する色々な準備に追われる事になるのですが、当然初めての子の保育園入園だと、わからない事だらけだったりもするので、色々な人に聞いたりしながら、やっています。

もちろん色々な事は園によっても変わってくるとおもいます。
色々な事に厳しい園もあれば、結構規則などは緩めの園など、本当に様々です。

それこそ認可だろうが認可外だろうが、色々で、厳しい園などは園が主催するフリーマーケットが土日にあるが、保護者は絶対参加が義務付けられているなどにビックリしました。

そんな園によってバラバラな決め事ですが、多くのところで必要なのが、持ち物に名前を書く。という事じゃないかと思います。

専用の名前スタンプを買って全部に押せば即解決

実際やってみたら、量に驚きます。
服はもちろん、小物類などなど、園によって書かなければいけないものが変わりますが、多いところだと非常に多いです。

洋服一式、タオル類、おはしセット、各種小物、連絡帳などのノート類、などなど、園によってはさらに、おむつに書かなければいけないといった場合がありますが、これがまぁ大変です。

服などや小物類などであれば、消耗品ではないため、頑張って一度書いてさえしまえば大丈夫です、おむつは毎日の消耗品になります。

書いたと思っても消費され、書いたと思っても消費され、毎度毎度書かなければならないという事態に陥ります。

また、おむつはわかると思いますが、とにかく書きにくいです。
素材が素材のため、致し方ないのですが、最初書こうとした時には、素材変えろよーなんて自分勝手な思いを抱いていました。

そんな非常にやっかいなものも、名前スタンプやシールなどを使えば、もうあっという間の即解決になります。

毎度毎度書いたりする必要もなく、スタンプをポンと押せば完結です。

書く素材や耐久性も特に問題なく使えています

今のお名前スタンプなどは割と凄く、安すぎないものであれば、ある程度はそれ用に作られているのか、非常にこちらの気持ちというか気になるところを汲み取って対策してくれています。

洗濯をしても落ちたりしませんし、洗い物などをしても落ちません。

もっと言えば、スタンプは種類によってはツルツルした素材でも貼り付けOKのものもありますし、プラスチック製などには貼り付け失敗しても、専用クリーナーなどを使って消して再貼り付けが可能など、色々かゆいところに手が届いています。

もちろん買う商品によってや価格によってバラバラですが、高品質なものは結構凄そうな感じでした。

スタンプとシールの違いと用途で分けておくのがオススメ

基本、スタンプは貼ったら剥がすのが難しくなります。
一方、シール類であれば、剥がすことが可能になるというメリットがあります。

手間の面から見れば、スタンプは本当にスタンプ押す感じです。
シールは結構様々で、普通のシールタイプもあれば、アイロンなどでくっつけるといったタイプのものなど(これをシールと分類していいのかはわかりませんが…)様々でした。

例えば、子どもが2人以上いて、服などおさがりに使いたいといった場合や、サイズが合わなくなったら、フリマ等で販売したり誰かにあげたりといった事を考えるなら、スタンプよりもシールなどの取り外し可能なタイプを選ぶ方が良いと言えます。

ただ、シール類などは当然ながら枚数といったデメリットもあります。
おむつなど、消耗品で使い捨ての場合は、シール類などを使うと、あっという間に無くなってしまう可能性があるため、そういった消耗品にはスタンプタイプの方が合っていると言えます。

我が家では一応両方買って、お気に入りのちょっと良い服にスタンプが残るのは少し嫌な感じもしたので、シールタイプで準備し、消耗品系にはスタンプでとりあえずぽんぽん押しまくって準備しています。

これを全部自筆で書くなんて事を考えたら発狂ものなので、ありがたいなーと思うばかりです。

もう少し大きくなったら、名前だけでなくマークも付けると尚よいとの事

これは先輩から教えてもらった話です。
名前を書いたとして、あくまでもそれは保育園の保育士さんたち向けだったり親である自分達向けで、子どもには何が書いてあるかは当然読めません。

そんな時は、一緒に自分用のマークを入れてあげると、判別しやすくなるそうです。
マークを入れておけば、子どもたちも遊んでいたりすると、そのマークがあるから判別しやすくなると教えてもらいました。

名前だけだとあまり面白みがなく似ているからかダメっぽいのですが、マークを一緒に入れておくと、そのマークで判別できて、これは○○くんのー。○○ちゃんのーといった感じで判別できるという事でした。

まぁ我が家はまだ1歳入園なため、マーク自体もまだいらないので付けていませんが、もう少し大きくなった時には何かマークを付けてあげようと思っている次第です。
とりあえず名前書きに疲れたらこういうのを使うのが良いのではないでしょうか。

記事のメタデータ

  • 公開日:2016.03.29
  • 更新日:2018.10.03

カテゴリ:保育園・幼稚園, 良かったモノのレビュー, 子ども用品関連

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

ワンルーム以外はベビーモニターで安心して子どもを寝かし付けできる
子どもが産まれて何に一番恐怖だったかというと、寝ている子どもが、ちゃんと息しているか?という事でした。 まぁ ...

保育園に関連した自分で経験して実感したいろいろな問題を挙げてみました
自分が思っていた以上に拡散され驚きに溢れております。 まさかコメントが何個もついて、お問い合わせフォームからも ...

世田谷区で保活するなら最速で申し込んで自分の指数・点数と状況を確認しておくべき
保育園に入れる。 これは今の親であり共働きの身からすれば、非常にやっかいな問題でもあります。 私が住んでいる ...

プラレールの車両・線路のレールをはじめて買うならベーシックセットがおすすめ
去年のクリスマスプレゼントとして義母から阪急電車のプラレールが贈られました。写真は子どもが阪急を手放さないので ...

世田谷区の保活まとめ。指数の計算と選ばれる選考基準とその問題点のまとめ
前回の記事からだいぶ空いてしまいましたが、色々まとめ終わったので、今日と明日で保育園関連を連投してみたいと思い ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

週末に予定がない時はテントとお弁当持って公園に行くだけでとても楽しい
ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました
幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事