自分の言動や行動は子どもに返る
そういう気持ちで無駄に敵を作る事をやめてみる

子どもが産まれて、決めた事に、タイトルの通り無駄に敵を作らないという事があります。
まぁ守れているのかどうかというのはわかりませんし、その辺は周りが決める事だとは思いますが、自分の中ではそう決めています。

自分が1人で生きていたとしたら、特に気にせず敵だらけだろうと、なんとかなると思っていましたし、それでも良いとは思います。

ですが、やはり子どもが産まれたら考え方というのは変わります。

スポンサードリンク

自分の行動は、家族に返ってくる

もうこれに尽きると思います。
自分が何かをする、その結果、敵になるという表現が良いかはわかりませんが置いておいて、そうなった場合、対象が自分だけではなくなるわけですよね。

自分が何かをしてしまった時、その対象が自分だけなら、別になんとでもなるのかもしれませんが、その対象が自分も含め、妻、そして子どもも含まれるようになってしまいます。

よく、ドラマやマンガなどで子どもが産まれたら弱くなった、守りに入った云々と言った事などはよくあるシーンかもしれませんが、それはこういう事もあっての事だろうなと今では思っています。

もっと言えば弱くなったりしたのではなく、“無駄に”敵を作らないようになったのではないかなと思っています。

スポンサードリンク

大切なのはこの“無駄に”作らない事

とはいえ、どうしても人が生きて行く以上、好き嫌い的なものは出ます。
なおさら、仕事をしていたり、人付き合いをしていく以上、損得勘定などは少なからずあるわけです。

そのため、そういったものを恐れていては何もできませんし、致し方ないとは思いますし、そういった人達ともうまくビジネスライクな付き合いをしていく事は理想だと思います。

大事なのは、“無駄に”“無意味に”敵を作らないという事じゃないかなと考えています。

子どもができたら優しくなれる

今まで尖っていた人や、やたら敵対心むき出しのような人も、子どもができれば丸くなると思います。
事実、自分の周りはそういう感じですし、何より自分自身がそうなっています。

以前は、瞬間湯沸かし器じゃないですが、理にかなっていないとイラっとして口調がきつくなったりしていたダメな私ではありましたが、今では優しくなれています(笑

今の世の中、だいぶ殺伐としたり、ネット社会という事もあり色々な陰口だったり敵を作ってしまう機会は昔よりも増えていると思います。

だからこそ、無駄に敵を作って、子どもに返ってしまう事のないようにしたいなと思うばかりです。

映画のペイフォワードじゃないですが、自分が優しくした分、自分の子どもがどこかで優しくされるんじゃないか?と思うようにしています。

そんな未来になったらいいなーという感じです。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

子育て・育児は「ねばならない論」より「られればいいな論」だと楽だし楽しい
我が家でも子どもが産まれてもうすぐ2年になります。 あっという間のような感じですが、思い返せば色々あったなー ...

産後初めての母の日は子ども名義で妻にプレゼントを贈るのがオススメ
子どもが産まれた時も実感しますが、それと同時に、母の日、父の日が来た時、改めて、「あ~自分も親になったんだな~ ...

【Step5】本体以外にも、最初にこれだけ必要になるから要注意
前回、予算を考える時には、コミコミで考えようという事を書きました。 とはいえ、初めてロードバイクを買う場合、 ...

訳あって入った保育園を転園しました&落ち着いてきたので更新再開します
前回の記事からだいぶ期間が空いてしまいました。 この3ヶ月間で、少し色々あったり本業が立て込んだりとあってや ...

結婚祝いや出産祝いなどギフト品をもらった時に我が家で気をつけている事
ありがたい事に、結婚した後に結婚祝いを、出産した後には出産祝いなど色々なギフトをいただく機会があります。 も ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
子どもは親の言葉と会話をよく聞いて覚えている!夫婦の会話にも要注意
雑誌サンキュ!が面白!育児中の父親や男性も読むべき!でも登場する家計簿が凄まじい…
2歳でも立場や環境が変われば成長する!保育園ではお兄ちゃんに
認可外保育園の宿命?3月で転園・退園するお友達との別れがやってきた
大阪東京間の出張や旅行は日本旅行などの宿泊パックが安くてオススメ
料理が苦手でも母親がダウンした時のために最低限の料理スキルは合った方がいい


Page Top