薄いようで透けずに大活躍!
授乳中に見えない?ローズマミーの授乳スカーフがイイ

授乳・ミルク, 良かったモノのレビュー, 子ども用品関連

  • 公開日:2015.07.19
  • 更新日:2018.10.03

子どもが産まれて、父親として無力感が半端ないのが、やはり授乳の時です。
これだけは、やはりどう足掻いても自分からは出せませんし、どれだけ大変だろうと妻に頑張ってもらうしかありません。

もちろんミルクの時は自分もあげていますが、母乳の際にはどうしようもなくただただ見守っています。
そして、まだまだ小さい時には、その母乳をあげる感覚というのも非常に短い間隔で挙げなければなりません。

家の中であれば、特に問題はありません。
ですが、これが外でお乳が欲しくなってくると、ガン泣きしてアピールされるので、人目もありどうするか…といった事で悩んでいました。

そんな時に、解決したのがこれでした。

普段使いもできるし授乳スカーフに見えないのが良い

ぱっと見、授乳スカーフには見えません。
知ってる人からすれば、授乳してるんだなって丸わかりかもしれませんが、そうでなければ、何してるんだろう?って感じに見えなくもないです。

それくらい、一見しただけで授乳スカーフと見えないし、授乳中ともわかりにくいんです。

外で授乳経験のある方なら、授乳室ってたいていどこも激混みです。
地方なら変わるのかもしれませんが、東京だとお出かけしたりしても、たいていは誰かが入っている事が多く、そのままスムーズに入れた事はほとんどありませんでした。

また、授乳は多くがオムツ交換のように1回数分とかでは終わりません。
10分以上はザラですし、下手すると20分とかかかってしまうという方もいるかもしれません。

1組分しかないところで、既に入っていて1組外で待っているような状況だと、もはや絶望でしかありません。
これあげれるのにどれくらいかかるだろう…となりますし、下手したら30分以上は余裕でかかる可能性があるわけです。

欲しくて泣き続けている我が子を無視して、授乳室が空くまでにずっと待っているというのも難しいです。

多分、誰しも一度は隅っこの方で、ひっそりと授乳スカーフや授乳ケープを付けて、授乳したって事はあるんじゃないでしょうか。

そんな時、これがあれば、そこまで授乳中という感じでもないためなんとなく安心できますよ。

新幹線やタクシーでの移動中なら問題なくいける

我が家は今は東京在住で、実家が大阪です。
そのため、東京から大阪の帰省時にはだいたい全部の移動を含めれば4時間と少し(東京駅まで40分、新幹線で2時間半、新大阪から実家まで1時間)かかります。

そのため、出発前に授乳をしても、必ずどこかで授乳のタイミングがやってきます。
新幹線で帰省の度に思った問題点が、多目的ルームは授乳する際に使わせてもらえるけど、たいてい誰か入っているという点です。

あげたいけど、誰かが既に入っていて、下手したら2人くらい待ってる。という状況が何度もありました。

そんな時も、この授乳スカーフのおかげで、新幹線の座席に座ったままあげられました。
一応確認のため、歩いて見た時に、斜め上から見えるかなどのチェックも自分達で念のためやってみましたが、全く問題ありませんでした。

ぱっと見では、授乳中というよりは、抱っこして寝かし付けてる母親が、ライトを遮るためにスカーフでライトを隠してるという感じに見えるんです。

これを使う前までは、新幹線の中では、欲しがらないでくれよ~頼むよ~オムツ交換だけにしてくれよ~と願っていましたが、これを手に入れてからは、逆に欲しがってもいいけどうんちは駅に着いてからにしてくれよ~と願うようになりました。
親とは現金なものです。

薄く見えるけど大丈夫。軽くて持ち運びも楽で夏場に超活躍

写真見てもらえればわかるように、これ見た目すごい薄いです。
実際、それ単体で見たら、シースルーかのように少し透けて見えるんで、大丈夫なの?と不安になったりもしましたが、全く問題ありませんでした。

外出時はとにかく荷物が多いので、大判の授乳ケープだと重くて持ち運びに大変ですが、これだと、薄めのため非常に軽く持ち運びが楽なのが大きいです。

また、大判の場合は子どもが怖がったり嫌がることもあったのですが、この薄手のコンパクトにしたら何も問題なくゴクゴクと美味しそうに飲んでくれています。

寒い時期なら良いのかもしれませんが、暑い時期に大判を付けているととにかく暑いです。
母親も暑いですが、子どもも暑いです。

これなら超絶に薄くて軽いので夏場の暑い時期でもそこまで負担にならずに授乳できます。

ただし、子どもが成長し大きくなると、子どもに剥がされる可能性はあります

赤ちゃんが小さい時はごくごくと飲む事に集中してくていいのですが、1歳に近づくにつれ、少しやんちゃになったり手足の自由がきくようになってくると、飲みながらスカーフをめくったりする事があります。

そのため、子の性格にもよるのかもしれませんが、大きくなってくると場合によっては使いにくくなる可能性もありますので、その点だけは注意が必要かもしれませn。

とはいえ、個人的にはこれがあるとないとではだいぶ妻の外出時の精神的な負担が違ったんじゃないかと思えるほど、活躍してくれたので1つは持っておいても損はないのでは?と思う商品であります。

記事のメタデータ

  • 公開日:2015.07.19
  • 更新日:2018.10.03

カテゴリ:授乳・ミルク, 良かったモノのレビュー, 子ども用品関連

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

2度目のドクターイエローは日曜日。平日と週末に見る時の違いや注意点をおさらい
前回ドクターイエローを見に行ってから、我が子も相当気に入っていて、ついに黄色い新幹線という単語から、ドクターイ ...

ワンルーム以外はベビーモニターで安心して子どもを寝かし付けできる
子どもが産まれて何に一番恐怖だったかというと、寝ている子どもが、ちゃんと息しているか?という事でした。 まぁ ...

手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
抱っこひもと言えば、やはりエルゴと考えている人も多く、実際にしょっちゅう見かけます。 我が家でも出産祝いにエル ...

里帰り出産をするなら産後の帰宅前に掃除代行を使って綺麗にして我が子を迎えるのがおすすめ
地方から都心に出てきたりなどしていると、出産時は実家に帰る事も多く、里帰り出産となる人もいるのではないかと思い ...

つわりでシャンプーのニオイが気になるならuruotte/うるおってがおすすめ
妻が妊娠をして喜ばしい!と思いながらも、なかなかにひどい悪阻に悩まされていました。 特に臭いがダメになってし ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

あけましておめでとうございます。2019年、様々な体験と自分で選択をさせたい
バランスは必要だけど、我が子が通う幼稚園や保育園のイベントはあると良い
我が家でのクリスマス。自作ケーキとシンカリオンのグッズで大満足
幼稚園のクリスマス会。小さい子の真剣に頑張る姿はとても良い
週末に予定がない時はテントとお弁当持って公園に行くだけでとても楽しい
ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました
幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事