せっかくなので、地元のイベントの
パパが行うベビーマッサージに参加してきました

我が子が産まれて、日々色々と自分自身も経験しながらあたふたもしながら過ごしています。

慣れないながらも子育てをしてはいますが、数ヶ月経てばやっと一段落じゃないですが、首もすわってくれると本当に楽になりました。

そんなこんなで、世田谷区は色々とイベント(?)をやってくれていたので、ベビーマッサージに参加してきました。

しかも、そのイベントは、パパが行うベビーマッサージという事で、パパベビマとしてのイベントです。
妻の参加にひっそり付いていったりおまけで行く事はありましたが、自分が主体になる分のイベントは初でした。

どうでも良い話ですが、パパベビマってすごい発音しにくいですよね。
パパベビマ、ママベビマ、ババベビマとか早口言葉で使えそう…

スポンサードリンク

パパベビマであっても実際はみんな夫婦で参加

我が子が小さい時は、父親1人でお出かけなんて事は実際非常に困難です。
まだまだお乳が欲しいお年頃ですし、母親大好きっ子な時代ですから、父と子だけになったら何が起こるかわかりません。

場合によってはお母さん抱っこじゃないと泣いてしまうなんて事もありえます。

パパが行うベビーマッサージと銘打ってはいますが、マッサージをするのが父親というだけで、実際には皆が皆、3人ないしお子さん2人連れの4人といった感じで、全員母親も参加してました。

本当なら俺に任せておいてたまには休んだら?なんて気の利いた事を言いたいものですが、まぁ不可能ですよね。

実際そうなったら超絶不安でその不安が子どもにも伝わって大泣きしそう…という事で、という事で、我が家も当たり前の如く、3人で参加しました。

参加者の資格が子ども年齢が1歳未満向けのベビーマッサージ講座だったので、参加者層は、生後数ヶ月~9ヶ月といったところでした。
我が家は生後4ヶ月で参加しました。

スポンサードリンク

思ってた以上に、ベビマは難しい

やっぱり自分の中では接しているつもりでも、四六時中子どもの世話をしてくれている母親と比べてみたら、圧倒的に足りないわけです。

普段の抱っこやミルクをあげたり、おむつを替えたりなどは余裕で出来たとしても、予想外や初めての事柄には、なかなかスムーズに対応できなかったりします。

特に力加減。
これくらい?いや、弱い?強すぎたらアザとかになったりしない?
なんて、不安な事を思いながら、先生の言うとおりに実践しました。

もちろん、先生が1人1人に力加減はこれくらいですよ。と、自分の腕に教えてくれるんですが、それでも不安は不安で、大丈夫かーとおもいながらやりました。

でも思った以上に気持ちよかったのか、おしっこじゃーでした

最初は慣れない手つきで、慣れないながらに頑張ったりしていたのですが、なんとか慣れてくれば慣れない中でもうまくこなせたのかな?というくらいにまでは到達できたように思います。

ベビマは基本、大型バスタオルを1枚引いて、我が子をすっぽんぽんにしてやっていたのですが、気持ちよかったのか、お漏らししてくれました。
まぁもちろん手にもかかりましたけどね(笑

そんなこんなで、色々と難しいながらも、気持ちよさそうにキャッキャ笑いながら、途中からはうとうとと気持ちよさそうに寝てくれていたので、行って大正解でした。

妻は妻で、雰囲気が自分たちに合いそうなママ友繋がりを広げていましたし、良かったなと。

やり方の紙なども貰ったので、週末なるべくベビマをしてあげれる父親でありたいな。なんて思ったりしています。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

クリスマスは息子だけじゃなく妻と義母にもプレゼントを用意しよう
ということでクリスマスを終えました。 我が家では残念ながら、息子が体調不良、妻が体調不良、私と義母は健康とい ...

2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
ついこの間、遅くなってしまったホワイトデーとしてのお返しとしてビュッフェに行ってきました。 行ったのは、密か ...

ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
たまたまネットをしていたら、自分ではなく妻から、「なんかわんわんと一緒に写真撮れるサービスがあるらしい」という ...

生後100日記念はフォトスタジオで写真撮影がオススメ&スタジオの選び方
保育園関連でちょっとマイナスというかネガティブな気持ち側になりテンションも上がりにくいテーマのため、今回はハッ ...

お宮参りの基礎!時期はいつで誰と行って服装はどうすれば良い?
子どもが産まれるまで子ども関連のニュースにもイベントにもあまりアンテナを張っていない人であっても、産まれてから ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

ご飯を嫌がって食べない時は調理を手伝ってもらうと良いのかも?
子どもがイヤイヤする時は環境を変えて整えてあげると意外とすんなりしてくれる
子育てで親が「誘導しない」「待つ」という事はとても重要じゃないかと思う
トイレトレーニングでシール貼りを使った後も応用活用すると良いかも
日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切
育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top