出産関連の手当で一番大きな目玉がコレ
育児休業給付金の対象者や支給額などのまとめ

働いていながら、妊娠や出産を考えている方、もしくは実際に既にされた方でやはり気になるのが、育児休業給付金でいわゆる育休手当だと思います。

我が家もどれくらいもらえるんだ?と二人で調べて計算したりこれくらいかな?といった感じで計算したり色々したのを今でも覚えています。

今回はそんなとてつもなく助かる制度でもある育児休業給付金について対象者や給金、そして注意点などについて見て行きたいと思います。

スポンサードリンク

まずは育児休業給付金の支給額について

育児休業給付金の支給額は、結論から言えば人それぞれです。
ただ計算式は一定で、休業してから最初の半年(180日間分)は、67%、その後は50%が支給額となります。

この最初の半年間といった期間は、育児休業の開始から遡って6ヶ月分の給料になります。
これを、180日分の日数で割って、1日あたりの日給額が出されますので、その1日分当たりの支給額に×30日分をかける事で、月の額がわかり、そこから最初の半年間は67%分、その後は50%分が支給されます。

この時に注意するのが、給料については、残業手当など各種手当ても含まれた金額で計算されます。

そのため、人によっては計算のタイミングで大きく給料が変わってしまう人もいるでしょうから、お得になる人もいれば、そうでない人もいるかもしれません。

育児休業に入る手前が超繁忙機で、妊娠していたけれども残業しまくって働いて給料が高かった!という方は、もらえる額がその分だけ増えるという形になります。

念のためになりますが、この計算には月に11日以上働いているということが前提になりますので注意しておきましょう。

スポンサードリンク

育児休業給付金の対象者

育児休業給付金は誰でも貰えるわけではありません。
対象となるには、いくつかの条件を満たす必要がありますので、まず大前提として自分が対象者かを見極める必要があります。

  • 雇用保険に加入していること
  • 11日以上働いていた月が直近2年間で12か月以上ある
  • 休業中に給料の8割以上のお金を貰っていない
  • 休業日数が給付対象の期間中に毎月20日以上ある
  • 健康保険に連続して1年以上加入していること

といった条件が設けられています。
ちなみに、休業終了日が含まれる月に関してはその月に1日でも休業日があれば問題はありません。

色々と条件があるな…と思われるかもしれませんが、いわゆる一般的な正社員の会社員であればほとんどクリアしているかと思います。

ただ、中小企業などの場合、保険関連が実は入っていなかった…などのトラブルも少なからずあったりしますので、くれぐれも確認しておくようにした方がいいです。

また、妊娠中に育児休暇に入らずに退職してしまう方や、自営業、フリーランス、アルバイト、専業主婦などで雇用保険に入っていない方は支給の対象外となってしまいます。

受け取る申請の方法

申請には2種類の方法があります。

  • 会社が代わりに手続き申請をしてくれる
  • 会社が書類を用意し、自分で手続きを行う

多くの企業では代わりに手続きしてくれるところが多いと思います。
妻の会社でも基本は全て、社内の担当者と契約してる社労士事務所の方で全部手続きしてくれたようです。

自分で行う際には色々会社と相談しながらすすめていくようにしましょう。

育児休業給付金における注意点

まず注意点としては、この手の制度は選挙などや政権などが動く際に、色々と定期的に見直されます。
実際、育児休業給付金の支給額は、数年前までは育児休暇中の支給は全期間、月給の50%となっていましたが、改正され最初の半年間は67%に増額されました。

これらは嬉しいニュースではありますが、こういった今までとは制度が変わってしまうといった事もあり得ますので、今の制度がどうなのかというのは、自分が対象者の時にしっかりと国のHPなどでも確認しておくべきです。

あとの注意点としては、対象者であってもうっかりミスなどで申請が通らず支給されないというケースがチラホラ見られます。

例えば、よくある代表的なケースとしては、雇用保険に加入し働いていたけれども、育児休暇を取らずにそのまま退職してしまったという場合です。
これは先ほどにも述べたように支給されません。

育休手当は雇用保険から支払われるものになり、育休明けに復帰し再度働くという事が前提にもなります。
そのため、育休後に辞めるという方なども対象外となります。

また、育児休業給付金には上限があります。
毎月の育児休業給付金の上限は、支給67%と支給50%でそれぞれ異なりますが、この上限金額に関しては、毎年見直しがありますのでこういったところにも注意が必要です。

育児休業給付金は自分も受け取りましたが、非常に助かる制度でもあります。
数字上だけで見ると、67%と50%となるので、少なく感じるかもしれませんが、これは実は非課税です。

残業代や色々な手当が含まれた額面の67%で受け取る際には一切の税金がかからないので、そのまま手取りになりますので、高給で上限に引っかかれば別ですが、実際の感覚値からすると貰っていた給料の手取りの7~8割ほどは貰えます。

そのため住民税の額も出産を挟んだ年は下がりますし、思っている以上に恩恵があります。

せっかくですから対象者ならしっかり漏れなく申請を行い受け取るようにしておきましょう。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

出産育児一時金とは?もらえる対象者と金額や申請の流れのまとめ
妊娠や出産はなんだかんだとお金がかかるものですから、サポートするためのお金を支給してくれる制度というのは非常に ...

出生届など出産後に必要な手続きの期限や必要書類の解説【自分用まとめ】
妊娠して出産までなかなか大変な道程ですが、終わってからも実は大変な道程です。 実際には大変というよりも、面倒 ...

出産手当金で貰える金額と支給の対象者と申請の手続きを解説
自分も経験し思ってた以上でしたが、妊娠や出産にはまとまったお金が必要になります。 そのためにも出来るなら、補 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

ご飯を嫌がって食べない時は調理を手伝ってもらうと良いのかも?
子どもがイヤイヤする時は環境を変えて整えてあげると意外とすんなりしてくれる
子育てで親が「誘導しない」「待つ」という事はとても重要じゃないかと思う
トイレトレーニングでシール貼りを使った後も応用活用すると良いかも
日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切
育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top