楽天カードから送られてくるフリーケアプログラム
本当にお得なのか?損はないのか?そのカラクリとは?

ライフハック的なこと

  • 公開日:2014.10.06
  • 更新日:2019.08.12

楽天カードに私自身入会していますし、楽天に限った事ではくいくつかのカードを所持していますが、時折、題名に書いたフリーケアプログラムが各カード会社から送られて来る事があります。

いつもこれなんなんだろうな?と思っていたのですが、ついこの間、保険の人と会う機会があったので色々話を聞いてみました。
フリーケアプログラムについて入るのはお得なのか、入って大丈夫か、騙されてない?など、皆が気になるこの疑問について調べて聞いてみました。

一応、プログラムとしては、Win-Win-Winの関係になっている

このフリーケアプログラムは、基本カード会社から送られてきますが、実際には、カード会社が保険の料金を支払って、どこかの保険会社と提携のようにして送ってきます。
なので、実際にはその保険は、カード会社ではない別の保険会社との契約という事になります。

今回私が受け取った楽天カードのフリーケアプログラムでは、チューリッヒの保険でしたが、これにはカラクリがしっかりとあり、「私」「楽天カード」「チューリッヒ」それぞれに、しっかりとメリットがあるわけです。
でなければ、無料でなんて嘘のような話があるはずないですよね。

そのそれぞれのメリットとは何か?を聞いた事をまとめてみましたので、見てみましょう。

私=カード入会者は無料で保険に入る事ができる

私たち、送られてきた側は、無料で保険に入れる。
もうメリットはこの一言に尽きますし、ただこれだけです。

ですが、来た人ならわかると思いますが、月に+500円などで、さらなる保障を!といったプランもしっかりと用意されています。
こちらに入ると、500円プラスでかかってしまいますが、無料プランである限りは、お金は一切必要ありません。

では、お金がいらないからといって、絶対的にお得で入ったほうが良いのか?というと、必ずしもそういうわけでもありません。

楽天カードはカードの退会を防ぎ、プラスの保険代金の支払い手数料を得られる

このフリーケアプログラムは、基本的には楽天カードに限らず、カードに入会しているというのが基準になってきます。
カード入会していなければ、一切の保障対象外になります。

そのため、入会した後は、保険の対象だから…と言うことで、カードの退会を引き留める1つの手ともなります。

各カード会社は、カードを使った支払いをしてもらう事で、その手数料を儲けとしていくわけですから、カードから退会されるというのは一番あってはならない事のため、そのために入会し続けてもらえるというメリットになるわけです。

さらには、プラスの保障を受けた場合などは、楽天カードで支払う事になります。
その場合、そのその支払い分をカードで支払うため、その分の手数料がもらえるというメリットもカード会社にはあります。

1人当たりは微々たる額ですが、これが何万人ともなれば、カード会社としてもある程度の利益額になる事が見込まれます。

保険会社は、喉から手が出る程欲しい顧客情報が手に入る

私たちからしたら、無料で入れるからラッキーと思っても、入会に当たっては、諸々の個人情報が行き渡ります。
名前、住所や電話番号などなど、そして、保険に入る=少なからず保険に興味を持っているという事を示すわけですから、保険会社からしたら喉から手が出るほど欲しい情報です。

実際の保険は、フリーケアプログラムの保障内容を少し低めにし、プラスお金を払えばより良い保障内容になっているという感じもします。

ですから、保険会社からしたら、無料プランだけでも顧客情報をゲットできてラッキーなわけですし、さらにお金を払ってプラスの保障内容にしてくれたらダブルラッキーとなるわけです。

個人情報さえ入手が出来てしまえば、後は営業能力や数々のノウハウやデータ分析などから、その人に合った保険提案も可能になるかもしれませんし、とにかく接点が持てるというのは営業経験した事がある方ならいかにメリットがあるかというのも頷けるのではないでしょうか。

無料というのには、必ずカラクリがある

世の中、そんなに美味しい話があるはずはありません。
その保険の方に言われたのは、特に保険などでは、無料や料金が安いというものには必ずと言って良いほど、カラクリ・裏があると言っていました。

実際、無料だからラッキー!と思って入ってくる人も一定数いると思います。

そのため、顧客情報が手に入りさえすれば、後は営業をかける事が可能になりますし、新しい保険に切り替えた方がお得です!と迫ることも可能になるわけです。

無料で一定の保障を受けられるメリットがあるけれど、自分の情報を渡すというデメリットがあるというわけです。

人によっては個人情報が渡ったところでどってことない!と考える人もいますし、そんな情報行き渡るのであれば、絶対イヤという方もいるとは思います。

実際、人の考え方などによって変わるものではありますから、メリット、デメリットをしっかり把握した上で、申し込むかを決めるのが良いのでは無いかと思います。

ちなみに、私は既に保険にも入っているし、営業きたらイヤだしという事で、申込みはしていません。
むしろ、保険はしっかりと相談の上で入った方がいいと思うので、信頼できるFPなどと相談すべきかなと思います。

広告にはなりますが、保険マンモスのFPのチカラなどは、地域とライフステージで選ぶと、相談できるFPが自分で選べるので見直しの時に役立ちますよ。

女性なら女性の方がいいといった場合や、同世代がいいなど、人によって相談したい相手も違うでしょうし、自分で選んで自分で相談して自分で決めるのが一番じゃないでしょうかね。

記事のメタデータ

  • 公開日:2014.10.06
  • 更新日:2019.08.12

カテゴリ:ライフハック的なこと

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

我が家の家計簿の内訳 – 家計簿を見える化し予算と自分ルールを決めて運用する
以前の記事で家計簿の見える化をしたと書きました。 その見える化をした上で、じゃぁ自分達はどうしていくか?という ...

大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
私自身もそうですが、おそらく多くの人が今では何かを買おうと思った時、いろいろな人のレビューなどを参考にして買っ ...

里帰り出産後や帰省時に赤ちゃんを連れるなら新幹線は11号車か12号車がオススメ
我が家ではいわゆる里帰り出産で、妻の実家近くの病院で出産しました。 ですから、里帰り出産後の1ヶ月検診を終えて ...

子どもがいる家庭の自転車保険ならクレジットカード附帯の個人賠償責任保険が良い
年末年始に1年の棚卸的な事をする方はおおいと思います。 色々と使っているサービスを見直したり、無駄が無いかを見 ...

大阪東京間の出張や旅行は日本旅行などの宿泊パックが安くてオススメ
東京から大阪へ帰ってきて、早いものでもう1年以上が経過しました。 未だに大阪にいるにも関わらず、仕事のメインは ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

自転車送迎&通勤ならHUKUROの3Wayキーケース・パスケースがオススメ
せっかくの自転車送迎。安全に気をつけながら遊びに勉強に活用しよう
毎日の送迎、多少急いでもそれほど変わらないから安全運転を心がけたい
自転車で幼稚園・保育園へ送迎するなら別売ミラーやライトを付けよう
ミニ・ハンディ扇風機を買いました!実は子どもとの外食時で重宝します
親の前と子どもだけの時では性格や姿が全然違うこともあることを理解しておきたい
忍者ナインの体験教室の感想。効果の程とバトルの様子や月謝や料金のまとめ
2年振りの北海道旅行。4歳なら楽しめ遊べる範囲が大きく変わった
1年間、幼稚園で父親がいわゆるPTA役員をやって分かったこと。良かったこと
進級式を終え、幼稚園も年中組に。1年通って成長を感じる親心

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事