できないだろうという親の先入観はダメ!
2歳でもお箸を使ってご飯もお豆も1人で食べられた!

いやはや子どもの可能性というのは親が思っている以上に、とてつもなく大きいんだなというのを実感させられます。

たまたま昨日の夜ご飯の時になぜか急に息子がお箸でご飯を食べると言い出しました。
過去にも何度かそういう事があったので、また親の真似をしたいのかな?と思って、とりあえず形式的に渡したました。

まぁお箸と言っても、2歳なのでお箸自体を使えるわけはなく、実際には子ども用の矯正箸を渡して形だけ持たせるようにしました!

スポンサードリンク

親が勝手に判断しないというのは非常に大事

最近イヤイヤ期のまっただ中という事もあるため、多くはしたいといってしません(笑

  1. 子:○○食べるー
  2. 父:はいどうぞー
  3. 子:いらないー。ぽいっ
  4. 父:ぽいじゃなくて、食べてあげよ
  5. 子:いやなのー
  6. 子:んぎゃああああああ

となったり、同じ1~4の食べるーいらないー、いやなのーを繰り返したり
また別の場合では

  1. 子:おとうちゃんてつだってー
  2. 父:いいよ。はいどうぞー
  3. 子:いらないー
  4. 父:じゃぁ自分でやってみよっか
  5. 子:いやなのー。ぽいーっ
  6. 子:んぎゃあああああ

といって急に気分が変わってしまうなんて事になりがちです(笑

今回も「おはしでたべるー」と言っていたので、いつもと同じように、渡して掴めなくていやあああってなるのかな?と思ってました。
ちなみに過去にも何度かやっていて、掴めなくて泣いて、最後にはぽいっとしています。

今回も同じかな?と思ったりしていましたがとりあえず渡してみました。

スポンサードリンク

なぜか急に辛抱強く頑張って掴めるようになった

使っているエジソンのお箸の矯正は対象年齢が5歳からとなっています。
まぁ振り回したりしなければ危ないものでもないしという事で、慣れさせるために持たせた事がありましたが、使えたことなんて一度もありません。

そもそも、まだまだ指が小さいのでトレーニングのお箸に指を全部通すのすらままならなかったんですが、今の2歳でやっとギリギリ端に指が通るようになっているくらいです。

そのため、箸の持ち方を教えて、こうやって食べるんだよーと見本を見せてあげていたら、うんしょ。うんしょ。と言わんばかりにいつもなら「できないー」といって諦める日だったのが、何度も諦めずにやっていました。

なぜ急にそうなったのかはわかりませんが、保育園で見て学んでいるんでしょうかね。
もしかしたら自分より大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんたちがお箸で食べているから自分もやりたくなったのかもしれません。

何度も掴もうとして、落としてを繰り返していたのですが、遂に初めてお箸で掴んで食べられるようになりました。

一度コツを掴んだらみるみる吸収して上達する

お箸をちゃんと使ったのは昨日が初めてです。
持たせた事はあれど、使うとなると今までなんてすぐポイーっとしてたくらいです。

最初はゆっくりと後ろから一緒にお箸を持って使い方を教えながらご飯を食べていたのですが、一度、二度、三度と食べられるようになってくるとそこからはみるみる上達して使い方を吸収していきました。

最初の頃はまだまだ手が小さい事もあり、お箸を開く力がないため、いったん左手を使ってお箸の先端を開き、そこから右手で持ったお箸でおかずを掴むという作業を繰り返していました。

が、それを何度か繰り返していくと使い方がわかったのか右手だけでお箸を開いて閉じてもできるようになり、お肉に人参にご飯にとつまんではたべてができるようになりました。

最後には、慣れてきたのか小さなお豆も1人で掴んでお口に運ぶ事もできて超得意顔で満面の笑みを浮かべていて、うまくいったからかこの日のご飯は食べに食べて完食してくれました。

なんでもさせてみるって大事だなと改めて思う

最初こそどうせまたポイーってするんだろうなーなんて思ってましたが、突然変異かのごとく急にできるようになったわけで、もしポイってするだろうからと思ってさせていなかったらお箸が使えるという成長を妨げる事になったんだなと改めて思います。

親からするとまたかーと思う事も、子どもの中では全然違うベクトルで動いているのかもしれませんね。
惰性などでまたかーと思わずに、やりたいと言っている事にはやらせてあげていってできることを増やしててあげていきたいなと思うばかりです。

いつもよりご飯が散らかるのも時間がかかるのも気にならない

お箸を使い出したといっても、まだまだ上手に使えるわけではありません。
途中で何度も何度も、おかずを下に落としたりぽろぽろ落としたりしています。

また、同じように使うのに慣れていないため、いつもよりも時間がかかったりしてしまいます。

いつもなら、落としたりすると後で掃除するの面倒だなーという気持ちが多少芽生えたり、時間がかかると今日は遅いなー、この後に風呂入れたら寝かし付けは21時回りそうだなーと思う事もあります。

ですが、この日に限っては、もうどんどん落としてもいいし時間かかってもいいからお箸で食べられるだけ食べていいぞーという清々しい気持ちになっていました。

落としたら全部お父さんが拾って掃除してやるぜ!というくらいに前向きになれました。

子どもが頑張って一生懸命な姿は父親の気持ちすらコントロールして変えてくれるようです。

チャレンジしたがった時にはそれを全力で応援し支えてやれる父親になりたいなと改めて思った一日でした。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

子どもの成長速度を他人の子と比較しないで焦らない!けど意外と難しいというお話
誰もが自分の子、我が子が世界一だと産まれた時に思うものです。 身内の親バカっぷりに「何言ってんだこいつ?」と ...

子どもにパパ・ママでなくお父さん・お母さんと呼んでもらうためにした事
息子が生まれ、はやくも1年と8ヶ月近くが経ちました。 1歳になるまでは成長スピードが他の子よりもゆーーっくり ...

否定的でネガティブ思考をやめて前向きでポジティブ思考に変えていく
子どもが産まれたら、やはり親として色々しっかりした姿を見せたくなりますし、見本にならなければと多少なりとも自分 ...

2歳の息子の寝かしつけに大活躍な天井いっぱいおやすみホームシアターのレビュー
寝かしつけと言えば、もはや我々親からしてみれば重労働の1つかもしれません。 どんどん成長して嬉しい反面、寝か ...

3歳の誕生日を無事迎えました。体験と経験に力を入れていきたい
我が子が3歳を無事に迎えました。 いつもと同じ、リアルタイム更新ではないので3歳になったのはもう少し前です。 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ
神戸カワサキワールドの体験談!大人も楽しめて電車・車好きな子どもにおすすめ
3歳の誕生日記念に神戸アンパンマンミュージアムに行ってきたまとめ
3歳の誕生日を無事迎えました。体験と経験に力を入れていきたい

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top