できないだろうという親の先入観はダメ!
2歳でもお箸を使ってご飯もお豆も1人で食べられた!

育児・子育て

  • 公開日:2017.03.07
  • 更新日:2019.08.12

いやはや子どもの可能性というのは親が思っている以上に、とてつもなく大きいんだなというのを実感させられます。

たまたま昨日の夜ご飯の時になぜか急に息子がお箸でご飯を食べると言い出しました。
過去にも何度かそういう事があったので、また親の真似をしたいのかな?と思って、とりあえず形式的に渡したました。

まぁお箸と言っても、2歳なのでお箸自体を使えるわけはなく、実際には子ども用の矯正箸を渡して形だけ持たせるようにしました!

親が勝手に判断しないというのは非常に大事

最近イヤイヤ期のまっただ中という事もあるため、多くはしたいといってしません(笑

  1. 子:○○食べるー
  2. 父:はいどうぞー
  3. 子:いらないー。ぽいっ
  4. 父:ぽいじゃなくて、食べてあげよ
  5. 子:いやなのー
  6. 子:んぎゃああああああ

となったり、同じ1~4の食べるーいらないー、いやなのーを繰り返したり
また別の場合では

  1. 子:おとうちゃんてつだってー
  2. 父:いいよ。はいどうぞー
  3. 子:いらないー
  4. 父:じゃぁ自分でやってみよっか
  5. 子:いやなのー。ぽいーっ
  6. 子:んぎゃあああああ

といって急に気分が変わってしまうなんて事になりがちです(笑

今回も「おはしでたべるー」と言っていたので、いつもと同じように、渡して掴めなくていやあああってなるのかな?と思ってました。
ちなみに過去にも何度かやっていて、掴めなくて泣いて、最後にはぽいっとしています。

今回も同じかな?と思ったりしていましたがとりあえず渡してみました。

なぜか急に辛抱強く頑張って掴めるようになった

使っているエジソンのお箸の矯正は対象年齢が5歳からとなっています。
まぁ振り回したりしなければ危ないものでもないしという事で、慣れさせるために持たせた事がありましたが、使えたことなんて一度もありません。

そもそも、まだまだ指が小さいのでトレーニングのお箸に指を全部通すのすらままならなかったんですが、今の2歳でやっとギリギリ端に指が通るようになっているくらいです。

そのため、箸の持ち方を教えて、こうやって食べるんだよーと見本を見せてあげていたら、うんしょ。うんしょ。と言わんばかりにいつもなら「できないー」といって諦める日だったのが、何度も諦めずにやっていました。

なぜ急にそうなったのかはわかりませんが、保育園で見て学んでいるんでしょうかね。
もしかしたら自分より大きいお兄ちゃんやお姉ちゃんたちがお箸で食べているから自分もやりたくなったのかもしれません。

何度も掴もうとして、落としてを繰り返していたのですが、遂に初めてお箸で掴んで食べられるようになりました。

一度コツを掴んだらみるみる吸収して上達する

お箸をちゃんと使ったのは昨日が初めてです。
持たせた事はあれど、使うとなると今までなんてすぐポイーっとしてたくらいです。

最初はゆっくりと後ろから一緒にお箸を持って使い方を教えながらご飯を食べていたのですが、一度、二度、三度と食べられるようになってくるとそこからはみるみる上達して使い方を吸収していきました。

最初の頃はまだまだ手が小さい事もあり、お箸を開く力がないため、いったん左手を使ってお箸の先端を開き、そこから右手で持ったお箸でおかずを掴むという作業を繰り返していました。

が、それを何度か繰り返していくと使い方がわかったのか右手だけでお箸を開いて閉じてもできるようになり、お肉に人参にご飯にとつまんではたべてができるようになりました。

最後には、慣れてきたのか小さなお豆も1人で掴んでお口に運ぶ事もできて超得意顔で満面の笑みを浮かべていて、うまくいったからかこの日のご飯は食べに食べて完食してくれました。

なんでもさせてみるって大事だなと改めて思う

最初こそどうせまたポイーってするんだろうなーなんて思ってましたが、突然変異かのごとく急にできるようになったわけで、もしポイってするだろうからと思ってさせていなかったらお箸が使えるという成長を妨げる事になったんだなと改めて思います。

親からするとまたかーと思う事も、子どもの中では全然違うベクトルで動いているのかもしれませんね。
惰性などでまたかーと思わずに、やりたいと言っている事にはやらせてあげていってできることを増やしててあげていきたいなと思うばかりです。

いつもよりご飯が散らかるのも時間がかかるのも気にならない

お箸を使い出したといっても、まだまだ上手に使えるわけではありません。
途中で何度も何度も、おかずを下に落としたりぽろぽろ落としたりしています。

また、同じように使うのに慣れていないため、いつもよりも時間がかかったりしてしまいます。

いつもなら、落としたりすると後で掃除するの面倒だなーという気持ちが多少芽生えたり、時間がかかると今日は遅いなー、この後に風呂入れたら寝かし付けは21時回りそうだなーと思う事もあります。

ですが、この日に限っては、もうどんどん落としてもいいし時間かかってもいいからお箸で食べられるだけ食べていいぞーという清々しい気持ちになっていました。

落としたら全部お父さんが拾って掃除してやるぜ!というくらいに前向きになれました。

子どもが頑張って一生懸命な姿は父親の気持ちすらコントロールして変えてくれるようです。

チャレンジしたがった時にはそれを全力で応援し支えてやれる父親になりたいなと改めて思った一日でした。

記事のメタデータ

  • 公開日:2017.03.07
  • 更新日:2019.08.12

カテゴリ:育児・子育て

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
幸いな事に、自分の周りは子ども大好き人間が非常に多く、友人知人とも我が子を愛しすぎているくらいに愛していて子育 ...

2歳のイヤイヤ期でご飯を食べない時の対応!「しなさい」を「教えて」に変えれば上手くいく
1歳になった頃から、皆からずっと言われていた言葉が「魔の2歳児」。 覚悟しときやーなんて言われたり、イヤイヤ期 ...

保育園で成功し家では嫌がり失敗する2歳児のトイレトレーニング1ヶ月の総まとめ
苦節1ヶ月といったところでしょうか。 せっかくのゴールデンウィークという長期連休があるんだから、これを機に家で ...

2歳の息子の寝かしつけに大活躍な天井いっぱいおやすみホームシアターのレビュー
寝かしつけと言えば、もはや我々親からしてみれば重労働の1つかもしれません。 どんどん成長して嬉しい反面、寝かし ...

2度目のドクターイエローは日曜日。平日と週末に見る時の違いや注意点をおさらい
前回ドクターイエローを見に行ってから、我が子も相当気に入っていて、ついに黄色い新幹線という単語から、ドクターイ ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

共働き・出張する子育て一家はSESAME (セサミ) miniで鍵管理がおすすめ
あけましておめでとうございます。2020年は旅行で色々な経験をしたい
4歳児の溶連菌の完治までの経過。登園や高熱・発疹・かゆみの症状などのまとめ
100均で自作した神経衰弱で遊ぶ!4歳と良い勝負できるルールと遊び方
自転車送迎&通勤ならHUKUROの3Wayキーケース・パスケースがオススメ
せっかくの自転車送迎。安全に気をつけながら遊びに勉強に活用しよう
毎日の送迎、多少急いでもそれほど変わらないから安全運転を心がけたい
自転車で幼稚園・保育園へ送迎するなら別売ミラーやライトを付けよう
ミニ・ハンディ扇風機を買いました!実は子どもとの外食時で重宝します
親の前と子どもだけの時では性格や姿が全然違うこともあることを理解しておきたい

人気記事

子どものおもちゃ収納ならイケアのトロファストシリーズがおすすめ
1年間東京と大阪で子育てして思った良いところと悪いところなどのまとめ
息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
妊娠初期で辛かったつわりが急に来なくなっても流産の心配はしなくて良い
ドラム式洗濯機の選び方と縦型からドラム式洗濯機に変えてわかった事
忍者ナインの体験教室の感想。効果の程とバトルの様子や月謝や料金のまとめ
3歳の誕生日記念に神戸アンパンマンミュージアムに行ってきたまとめ

関連記事