せっかくの子どもと一緒に遊ぶ時間に
スマホ見たりするのは辞めませんか?という話

育児・子育て

  • 公開日:2015.04.02
  • 更新日:2018.09.30

子どもが産まれた後、産まれた病院に1ヶ月検診で再訪します。
まぁ我が家は産後にトラブルがあったので、再入院していましたが、そこから退院してまた少しして訪れるといった感じではありましたが、1ヶ月検診に行ってきました。

今回は、そんな1ヶ月検診がどうだったという事ではなく、その時に見た周りの感じなどが少し悲しくもあり、残念でもあったため書いてみました。

子どもが主役の時はそれに集中したいと個人的に思う

1ヶ月検診で、病院を再訪したのですが、当然平日です。
周りは母親と赤ちゃんという組み合わせが多く、半分くらいそうで、後の半分ほどが、父親も一緒か、祖母が一緒というパターンでした。

最初こそ、1ヶ月検診に父親も一緒に来てる人多いしいいねーと思ったり二人でそういう事を話していたのですが、なぜなのか、たまたまなのかもしれませんが、ほとんどの父親が、待ち時間もひたすらスマホかDSでゲームしていました。

1ヶ月検診という事は、まだ生後1ヶ月なんですよね。
当然、すぐ泣くし、おむつ交換の頻度も高いわけです。

もちろん自分達もまだ子育て経験値が1ヶ月なわけですから、慣れているわけでもなく、あたふたしながら、お腹減ったのかな?オムツかな?なにか嫌な事あったのかな?といった感じで試行錯誤しながらやるわけですよね。

子どもと一緒の時はこどもに集中したい

スマホでゲームしている父親のほとんどが、もう我関せず的な感じなんですよね。

自分の子が泣こうが、母親がオムツ交換に行ってくると言っていようが、上の空の返事だけして、あとはまたスマホをポチポチしてるわけです。
ひどい場合だと、ゲームを中断されて舌打ちしたりしている人までいたりする次第です。

まぁ自分もスマホゲームはちょくちょくしてたから、楽しかったりというのはわかりますが、何しにきたの?と思ってしまったりするわけですよね。
狭い空間だから嫌でも視界に入るし、あまり気分がいいものでもありません。

1ヶ月検診に一緒に来るくらいだから、子育て参加に積極的な父親多いな-。と少し喜んでいたのですが、非常に残念に思ったのを覚えているわけです。

ただの検診ではありますが、せっかくの子どものイベント(?)なわけですし、どうせ来たのなら、子どもと一緒に遊べばいいのにと思うのは私だけでしょうかね。

意外でもなんでもなく子どもって思っている以上に見ている

今はまだ小さいから良いと思うんですよね。
でもこれが1年後、2年後と子どもがある程度見れるようになったり理解するようになった時、そのままでいいのかなと考えてしまいます。

子どもって、自分の姪っ子とかもそうですが、見てるところは凄い見てるし、覚えてるところは凄く覚えてるんですよね。

あの時はあーだったという事を、しっかり覚えていたりするものです。
何かの時にスマホでゲームばかりポチポチやっていたら、お父さんはしてるのに…となったりしかねないなと思ったりするわけです。

他は他、でも自分達はルールを決めておきたい

とはいえ、もうちょっとなんとかならないかなーとは思いますが、その家庭にはその家庭の事情や決め毎があるでしょうし、虐待とか変なのでない限りは他人が口出すものでもないとも思っています。

ですが、そのあたりを自分達はしっかりやっていきたいなと思うわけです。

そもそも論で言うと、私もそうですが、妻もそれほどスマホ依存になっていませんし、無くてもそんなに困ったりしません。

Facebookやってませんし、Twitterもしてません。LINEすら、数人のやりとりでしか使っていないという状況で、メインがパソコンという事もあってかスマホってニュースチェックとメールチェックくらいにしか使っていません。
帯域も1ヶ月1ギガ使うかどうかのレベルですしね。

なのでスマホ自体をそれほど四六時中触り続けるという事はそもそもないのですが、それでもちゃんとしていきたいという事で、簡単に決めています。

基本仕事が自営なため、突発的に連絡がくる事がありますが、それは仕方ないという事で決めています。
ですが、それ以外は子どもと一緒に遊びに行くのに、ゲームしたりなんかニュース見たりといった事は辞めよう。という事は決めています。

ご飯中なども横でラインとかスマホ見られたりしたら何かあんまり良い気分でもないし、その辺もやめておこうねという事は言っています。

写真くらいは撮ったりするけど、無駄に取り過ぎて冷めて美味しくなくなるのも嫌ですし、基本、イベント等は全力でそれに取り組もうという事で一致しています。

せっかく、子どもと一緒にいる時間を過ごしているのだから、スマホ見てるより子どもとの時間を大切にしたいなと思う次第です。

記事のメタデータ

  • 公開日:2015.04.02
  • 更新日:2018.09.30

カテゴリ:育児・子育て

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
我が子は今、とにかくプラレールなどの電車にはまっています。 とはいえ、大好きではあるもののまだ2歳なので、脱線 ...

幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
まただいぶ更新の期間が空いていましたが、ずっと来年4月から通う幼稚園を調べたり調査したり、見学行ったりと色々し ...

1年間東京と大阪で子育てして思った良いところと悪いところなどのまとめ
2016年も残すところあと2日となったわけです。 1人で仕事をしている身としては、仕事納めも仕事始めなどもあま ...

置く、持って行く等の言葉使いをやめて寝かせるなど人向けの言葉にする。
自分達の子どもというのはまぁこれほどまでに可愛いのかと思うわけではあるのですが、何をするにしても、当たり前です ...

セミや虫や昆虫に息子ではなく父親が早く慣れておかないといけない気がする
全く自慢にならないのですが、自分自身、とてつもなく虫が苦手です。 いつからどういう理由なのかわかりませんが、大 ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

親の前と子どもだけの時では性格や姿が全然違うこともあることを理解しておきたい
忍者ナインの体験教室に行ってきた。バトルの様子や費用などのまとめ
2年振りの北海道旅行。4歳なら楽しめ遊べる範囲が大きく変わった
1年間、幼稚園で父親がいわゆるPTA役員をやって分かったこと。良かったこと
進級式を終え、幼稚園も年中組に。1年通って成長を感じる親心
4歳の誕生日を無事に迎えられました。親が成長を邪魔しないように心がけたい
共働き家庭こそ、幼稚園の代休は本格的に遊びお出かけするイベント日にしよう
仕事は東京。住まいと子育ては大阪。3年経ったけど思ってた以上に快適で素晴らしい
実家の帰省は布団のダニやハウスダストなどアレルギーに要注意
あけましておめでとうございます。2019年、様々な体験と自分で選択をさせたい

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事