七夕のお願い事を書いてくださいと言われ
子どもの立場になってみて願い事を書いてみました。

保育園・幼稚園, 子どものイベント・行事等

  • 公開日:2016.07.04
  • 更新日:2018.10.02

保育園へ通うようになり、日々いろいろなイベント毎があったりと小さな事でも喜びをかみしめているわけでありますが、日本全国共通のイベントの日などは有り難い事に保育園でも色々やってくれるわけであります。

そんなイベントの1つが今だと「七夕」だと思います。
もちろん、我が子は七夕の事なんて何も知らないのですが、保育園からは○○くんのお願い事を書いてきてくださいね。と頼まれたわけです。

と言うことで、1歳の七夕での願い事で少し悩んだので、まとめてみました。

書くのは親の願い?それとも子どもの願いをイメージしての代筆どっち?

いざ願い事をと頼まれはしたものの、何を書こうと思うのはどの親も同じだと思います。

特に、書く願い事としては、健康に育ってね的な親が子に対して願う事なのか、おもちゃが欲しい的な、子がこういう事をお願いごとするだろうなと思う事を書くのか、意外と悩ましい問題です。

実際ネットで調べてみてもどっちを書けばいいの?という悩みが発生しまくっていて至る所で質問されていました。

という事で、自分も通っている保育園へ行って聞いてみましたが、まぁ当然というか当たり前というか、どっちでも良いという答えでした。

どっちでも良いと言われると、どっちにしようかと悩むのですが、やっぱりせっかくのイベントなんだし、親が勝手にこうなって欲しいという思いを書くよりも、当事者(?)の子どもがこういう事を願うでしょ。とイメージして書く方が良いんじゃない?と夫婦で相談し、そちらを書く事にしました。

今一番熱中してるものの願いを書くことに

もう今の我が子がはまっているものといえば「車」です。
とにかく、もうこれ一色と言っても過言ではないほどに、車に度はまり中です。

どれくらいはまっているかというと、ヨドバシカメラに家電を見に行くと、帯やポップに書かれたイラストを見付けて「ブッブー」と指さして嬉しそうに話す程に車好きです。

指さしてというか、1個見付けたら他にもあるとわかるのか、ヨドバシカメラ中の配送(?)トラックの絵を見付けてはブッブーと言い続ける程です。

外に出て車を見付けてはブッブー、テレビの中に車が登場したらブッブー、絵本の中に車が書かれていたらブッブー、家で遊ぶおもちゃは当然ブッブー、おもちゃ売り場で見るのも当然ブッブーともうそんなに好きなの?という程にはまっています。

もう今の我が子が願い事書くとしたら、これ以外ないでしょというくらいには、車にはまっているので、その事を書いてあげました。

恥ずかしながら、何度も何度も裏紙とかに下書きして、変な文字にならないようにして書きましたが、もう少し字が綺麗で余白のバランスなど整えて書きたかったと書いてから後悔しています。

周りの子たちを見てもいろいろでオモシロイ

七夕のための笹は保育園の入り口に飾ってあり、そこに普通にそれぞれの短冊が掛かっているため、見ようと思えばみんな見る事が可能です。
キャッチの写真はその笹を写真で取ったものになります。

という事で、ちらっと周りの他の子たちの願い事を見てみましたが、健康の事、おもちゃの事、遊ぶことなど色々で、もっと親の言う事を聞くようにといった本気の親の願いを書いている方もいました。

とはいえほとんどの人が、子どもになりきって書いている事の方が多かったです。

我が家が行っている保育園は割と小規模で、年代別に分けられておらず0歳~3歳くらいまでの子がみんな一緒に過ごすので、3歳になると自分の願い事を可愛らしく書いていますが、1歳児は親が子どもが願い事するならとイメージして書いているか、親が子に願う事を当たり障り無く書いているかのどちらかです。

そのまま書くとあれなので、少し加筆修正というか変更したりしていますが、

  • 元気ですくすく育ちますように
  • おもちゃがいっぱいもらえますように
  • おばあちゃんともとあそべますように
  • ○○ちゃんと一緒にあそびにいけますように
  • 某キャラクターに会えますように

といった感じです。
2歳、3歳となってくると、もっと固有名詞が増えてきて、どこどこへ行きたい、○○が欲しい、○○(アニメなどのキャラクター)と遊びたいなどとなっていました。

おそらくは、ほとんどの全国の保育園で同じように七夕の短冊の願い事を書いてきて下さいと依頼されるかと思いますので、もし悩んでいる方がいれば参考にしてみてください。

というか、保育園に関連のないような、宝くじが当たりますようにとか、よほど変な事を書かない限りは誰も気にしないというのが実情ですので、気を張らず書いていいのではないかと思います。

昔は七夕の願い事なんて自分の事だと恥ずかしい的な感じもしましたが、子どもの事になると余裕で書けてしまうのがなんだか不思議な感じがしますね。

記事のメタデータ

  • 公開日:2016.07.04
  • 更新日:2018.10.02

カテゴリ:保育園・幼稚園, 子どものイベント・行事等

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

保育園へ初めて登園。慣らし保育や初日から1週間で号泣から慣れるまでの様子のまとめ
4月からの初保育園。 色々な期待と不安が入り交じりドキドキしながらこの日を迎えました。 親ですらこれほどドキ ...

産後初めての母の日は子ども名義で妻にプレゼントを贈るのがオススメ
子どもが産まれた時も実感しますが、それと同時に、母の日、父の日が来た時、改めて、「あ~自分も親になったんだな~ ...

生後100日記念はフォトスタジオで写真撮影がオススメ&スタジオの選び方
保育園関連でちょっとマイナスというかネガティブな気持ち側になりテンションも上がりにくいテーマのため、今回はハッ ...

初イケア体験!梅田からバスで舞浜イケアへ家族3人でベビーカーを使って行ってきた
子どもが産まれてはや1年と11ヶ月に近づいてきました。 たった1年と11ヶ月にも関わらず、なぜか気付けば絵本や ...

世田谷区の保活まとめ。指数の計算と選ばれる選考基準とその問題点のまとめ
前回の記事からだいぶ空いてしまいましたが、色々まとめ終わったので、今日と明日で保育園関連を連投してみたいと思い ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました
幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ
神戸カワサキワールドの体験談!大人も楽しめて電車・車好きな子どもにおすすめ

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事