ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ

たまたまネットをしていたら、自分ではなく妻から、「なんかわんわんと一緒に写真撮れるサービスがあるらしい」という事で、調べてみたら、NHKのスタジオパークで一定の期間だけ限定で「わんわん」と写真が撮れるイベントがあり、先着順の当日券で行ってきました。

ワンワンと言えば、言わずとしれた朝のNHKのEテレの「いないいないばぁ」のメインで、今はまだ子どもも0歳と10ヶ月ほどなので、覚えてもないだろうけど記念になるから良いかなという事でチャレンジしてみました。

スポンサードリンク

ワンワンとハイポーズの詳細

全くもってこんなイベントの事を知らなかったので、色々調べてみたところ、いまいちわからなかったので、行ってきた今だからこそ、まとめてみました。

取れる写真は1枚のみ。
撮影料金は無料ですが、NHKのスタジオパークの入場券が必要で、そこが大人1名につき200円必要でした。
撮影については、持参したカメラ1台で、1枚だけスタッフの方が写真を撮ってくれました。

午前と午後の部がそれぞれありますが、午前の部はNHKのネットクラブ会員になっていなければ申込み不可で、予め申し込んで抽選となります。

午後の部は、当日の朝にその日の午後の13:30~と14:30~の撮影分(それぞれ30組)の当日券を先着で配布するといった流れになっていました。

スポンサードリンク

当日の先着を取るためには10分前行動

行った日はワンワンとはいポーズが終了3日前の土曜日という日程でした。
そのため、ギリギリに行ったら多分人数多すぎて取れないんじゃないか?という事で、10分前着で行こうと渋谷目指して行きました。

結果は、10分前にNHKのスタジオパークについて、自分が35番目くらいでした。
スタッフさんに聞くと、全員が13:30、14:30の回のどちらかに集中しない限りは、希望通り選べるのでは?との事でした。

撮影券はNHKスタジオパークの中で引換

私はNHKスタジオパーク自体に行ったことがなかったので、全く仕組みというかシステムがわかっていませんでした。

ですから、どこで何をして撮影券をゲットするのかわからなかったので、スタッフの方もここでお待ち下さい。というばかりで並びながら不安になりつつ、待っていました。

  1. 10時まで外で並ぶ
    この時、撮影希望の方も普通の入場の方も同じ場所で並んでました。
  2. 10時になったら順番にNHKスタジオパークの入場券を買って入場
  3. 撮影チケット希望者は、そのブースへ、通常のスタジオパーク見学希望者はそのまま見学へ

という流れでした。
撮影券の受け渡しが、NHKスタジオパーク内で行うので、入場開始まで全員が同じ列で並ぶので、非常にややこしい感じです。

冬場に並ぶ場合は防寒もしっかりと

行った日がたまたまかもしれませんが、撮影イベント終了3日前という事もあり、結構並んでいました。

そもそも10時からしか入場開始できないため、10時までは屋外で待ちます。
そして、10時になったら前の人から順番に入場券を買って、中に入っていきます。

が、入場券を数十組が買うのにそこそこの時間を要します。
単純計算で、1組が1分で買ったとしても、並んで30番目なら30分です。

まぁ実際にはそこまでかかりませんが、それでも15分~20分ほど並んでましたので、時間前から並んでいるとして、約30分程は屋外で立って待たなければなりませんでした。

ある程度の防寒はしてきましたが、渋谷駅からNHKスタジオパークまでがそもそも遠く歩いて10分~15分程かかるため、屋外に結構な時間いるので気をつけましょう。

実際のワンワンとの撮影について

撮影のための引換券は、入場して指定の案内通りに行けばもらえます。
13:30~と14:30~の両方があり、それぞれ30組までで、全てにおいて先着順になります。

また、撮影も10分前行動のため、順番が後ろの方だと待つ事になります。
撮影自体は、非常にスムーズな流れ作業になっていて、並ぶ→全スタンバイを完了させる→少しずつ移動→撮影→終了といった感じで、1分程で終わります(笑

ただ、やはりワンワンの撮影という事でカメラに1枚だけおさまった写真は、記念としては良いなーという感じがしますし、周りに言うといいなぁという言葉は返ってくるので、やはり行けるなら行っておくに越した事はないと思います。

撮影前や後にスタジオパーク見学も面白い

ワンワンとの撮影のために行ってきましたが、どうせ来たんだしという事で、そのまま撮影後にパーク内を見学してきました。

撮影所では、そのままテレビの収録も行われていて、テレビで見たことのある芸能人の方々が数人いました。

また、中には色々なアトラクションや撮影スポットなどもあり、午前7:45~放映されてる「みいつけた」のコッシーに座っての撮影スポットや、ニュースキャスターになりきっての撮影スポットなどなど、色々楽しめるところが多々ありました。

ワンワンとハイポーズは定期的に開催されているイベントのようですし、ぜひ子どもがいる家庭で渋谷に行けるという方は想い出のためにもオススメです。
撮影自体は1分という短い時間ですが、その後の見学なども非常に楽しめるので行って損はないと思います。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

  • 分かりやすい!ありがとうございます!
    チケットを買った後どちらに、むかえば整理券がもらえますか?
    いないいないばぁのブースですか??

    2016.06.11 by「スーパーワン」
    このコメントへ 返信 する

    • 私が行った時は、入場してすぐ左側に行けばワンワンのチケット交換所みたいなのが特設されていたので、そこでやりましたよ。
      入場してからは同じフロアで引き替えできましたし、先に並んでいる人の多くが引き替えに行きますので付いていけば大丈夫ですし、私が行った時は中でも案内版(?)が出てたったので、中に入って迷う事は多分無いかと思いますよ~

      2016.06.11 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

お宮参りの基礎!時期はいつで誰と行って服装はどうすれば良い?
子どもが産まれるまで子ども関連のニュースにもイベントにもあまりアンテナを張っていない人であっても、産まれてから ...

世田谷区の自治体イベント?パパが行うベビーマッサージ・パパベビマに行ってきました
我が子が産まれて、日々色々と自分自身も経験しながらあたふたもしながら過ごしています。 慣れないながらも子 ...

2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
ついこの間、遅くなってしまったホワイトデーとしてのお返しとしてビュッフェに行ってきました。 行ったのは、密か ...

子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
先日に書いたフォトスタジオの件でも触れましたが、ついこの間、我が子も1歳を迎える事が出来ました。 長いよ ...

【初節句】男の子・女の子のひな人形や兜の準備やマナーと簡単な流れ
子どもを持つと、今まで日本人なのに日本の色々な事を知らなかったんだなと改めて気付かされます。 名前や存在 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

子連れの海遊館まとめ。週末の混雑具合やランチやトイレ・ベビーカー事情と注意点
梅田のボーネルンドのキドキドあそびのせかいは土日でも朝一が空いていてオススメ
2歳の息子の寝かしつけに大活躍な天井いっぱいおやすみホームシアターのレビュー
保育園で成功し家では嫌がり失敗する2歳児のトイレトレーニング1ヶ月の総まとめ
腰痛持ち向けの風呂掃除スポンジ選び。ユニットバスボンやバスタブスッキリ洗いの感想
公園でも遊べて子連れに最適な万博記念公園フリマの日程や巡り方と楽しみ方
子ども服も靴もおもちゃもプラレールも絵本もフリマが最高で最強という結論に
大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた


Page Top