11ヶ月目にして待ちに待って待ち続けていた
ずり這いとハイハイができるようになりました

赤ちゃんが産まれてから、育っていく過程で、色々なターニングポイント的なものがありますが、クビが座る、お座りができる、寝返りができる、ずり這いができる、ハイハイ、つかまり立ち、歩くといった感じのものがあります。

親としてはなるべく早くにできてくれたら有り難い限りです。
ですが、そうは問屋がおろさないとばかりに、自由きままに、突然変異のように前触れもなくいきなりやれるようになる事もあれば、なかなかしないなーと悩んだりするものだったりします。

当たり前ですが、個人差があります。
誰もが全員その時期になったら自動的にはじめるわけではありませんし、半年以上も差があったりする事もあります。

スポンサードリンク

そんな我が子も11ヶ月でずり這いができるようになりました

周りの子はもうみんなつかまり立ちしてるか、歩いたりしているのですが、一緒に遊びに行っても、お座りまでなのでちょっぴりさみしい感じはしていたのですが、ついにずり這いができるようになりました。

年末年始に帰省をしていて、刺激を受けたのか、何が原因だったのかはわかりませんが、いきなりできるようになりました。

実家に帰省していると、家とは勝手が違うし子どもが遊んだりできる専用スペースなどは設けていないため、あまり寝転がらせたり、腹ばいにしたりといった機会がなかったのですが、帰ってきて寝転ばせたら、いきなり寝返りしてずり這いをし出しました。

あまりの衝撃で、夫婦二人で、動画を撮って実家の親に送るという衝撃っぷりでした。

ずりばいはなんとなく調べていくと、だいたい半年~8ヶ月くらいが平均のようです。
うちの子は、もともと首が座るのが4ヶ月頃、寝返りができるようになったのが6ヶ月頃、といった感じでどちらかというと遅い時期ではありましたが、11ヶ月を節目にずり這いができるようになりました。

スポンサードリンク

ずり這いして数日後にはハイハイにまで発展

やっとずり這いできたね~次はハイハイできるようになるかなーなんて思っていたら、もうその2~3日後にはずり這いなんてほとんどせずにハイハイにグレードアップしてしまいました。

よくネット上などでも、覚えたりやりだしたら一気に加速するといった事を言う親御さんが多々いましたが、まさにその通りでした。

ぎこちないずり這いも、翌日にはそれなりにスムーズになり、数日後にはハイハイができるようになり、今この記事を書いている時は、まだずり這いができるようになってから、まだ1週間ほどでしかないですが、縦横無尽にハイハイで突き進んでいます。

親としては、なんとなくゆっくりだと焦りも出てくるかもしれませんが、気長に親がどっしり腰を据えてまてば、子どもは勝手にいつかやってくれるという感じではあります。

その数日後にはつかまり立ち、そして伝え歩きも

今までは貯めに貯めていたのか?という程に、あっという間の成長スピードです。
もう今ではつかまり立ちを普通にして、いたるところを持って立とうとするほどになりました。

あまりにハイハイをするようになって、リビングへの侵入を毎回試みるので、ベビーサークルを買ったのですが、そこにつかまり立ちをして宇宙語を発しています。

と思えば、そこからは伝え歩きをはじめ、よちよちと横にずれて歩いています。
といっても、まだ左側にしか歩けなく、右側に戻るのができないので、左側に行って助けてくれアピールがなんとも言えない可愛さです。

  1. 11ヶ月目にしてずり這いを達成
  2. 翌日にはハイハイもどき達成
  3. 数日後にはスムーズで素早いハイハイを達成
  4. 1週間後にはつかまり立ちをし始める
  5. 数日後には掴むモノがあればすぐに立ってしまう
  6. つかまり立ちした後横へ伝え歩きをする

という見事な成長っぷりというかスピードです。
今までの遅かったのはなんだったんだろうという程に濃い2週間です。

遅いなら遅いなりに良いこともある

親としてはなかなか不安を感じることもありますが、遅いなら遅いなりに良いこともあったりします。

周りを見てるので対策が立てやすい

成長が早いと、いきなりし出してしまい、対策が立てにくかったりします。
うちでは、周りの子がみんなずり這いやハイハイ、つかまり立ちをして歩いてという子がいるので、その過程やどうなっているかなどを見ているので予め対策が立てやすいです。

ハイハイできるようになったら、キッチンに来やすいから行動を多少制限できるようなものを買ったり、もうするつかまり立ちをするようになるので、つかまった時に危ないものは予め片付けて部屋の配置を考えたりできています。

遅いなら、周りの親からの情報も手に入るし実際に見れるので、対策立てやすいという事が言えます。

遅いからこそ、感動も人一倍で皆が祝福してくれます(笑

人間は不思議なもので、困難であればあるほど、それを克服したり乗り越えた時に、その感動や達成感は大きくなるものです。

これと同じで、なかなかずり這い、ハイハイしないなーと待ち続けていたからこそ、出来た時はやはり嬉しさ倍増です。
つい動画で何度も取って、実家の親にも連絡して動画を送りつけるという親ばかっぷりを発揮するほどにやはり嬉しいものでした。

もちろん、どの親御さんも自分の子が新しい動きを覚えたりした時には、当然大喜びなのはわかっていますが、何ヶ月も待って、やっと出来たシーンに立ち会えるた喜びはなかなか味わえないというやや僻み的な感じで思っておきたいところです。
あとは、周りのよく遊ぶメンバーからも祝福してもらえます。

なんだかなで、自分の子の成長が周りより遅いと少し気になる人も多いでしょうが、やっぱり気にしないことが一番で、成功したときには盛大に喜ぶというのが正解なのかなと今でも思います。

つかまり立ちがいつできるようになるかはわかりませんが、もともと1歳半くらいまでにはできるやろーというスタンスだったので、その気持ちのまま、少し期待しながら待ちたいなと思うところです。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

ドクターイエローを見てきました!走行日や時刻表と撮影や見る時の注意点とまとめ
我が子の今のトレンドは完全に車と電車になりました。 むしろ、今までは車がトレンドだったのが、やや電車寄りにな ...

雑誌サンキュ!が面白!育児中の父親や男性も読むべき!でも登場する家計簿が凄まじい…
私自身、IT系の仕事というかデザインやマーケティング関連の仕事をしている手前、IT的な製品やサービスなどは大好 ...

ITやネット系のフリーランスや1人自営業は子育て・育児環境としては最高だと思う話
自分もその立場であり、1年半以上経験してきたから言えるわけですが、フリーランスや1人自営業の場合、会社員の方と ...

2歳前からのトイレトレーニング。いつから始めて何をするかの我が家の記録
子どもが産まれてから、やらなきゃいけない事はまぁぶっちゃけ多々あります。 初めてならなおさら、わからない事だ ...

離乳食にもオススメ!茅乃舎の出汁を使ったらもう他の出汁に戻れない
結婚をした時に結婚祝いが贈られてくるように、出産すると出産祝いなどをいただく機会が多くあります。 こうい ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
子どもは親の言葉と会話をよく聞いて覚えている!夫婦の会話にも要注意
雑誌サンキュ!が面白!育児中の父親や男性も読むべき!でも登場する家計簿が凄まじい…
2歳でも立場や環境が変われば成長する!保育園ではお兄ちゃんに
認可外保育園の宿命?3月で転園・退園するお友達との別れがやってきた
大阪東京間の出張や旅行は日本旅行などの宿泊パックが安くてオススメ
料理が苦手でも母親がダウンした時のために最低限の料理スキルは合った方がいい


Page Top