ありそうで無かった育児・子育てマンガ「ばぶらぶ」
今、子育てしてる人に絶賛おすすめしたいマンガです

育児・子育て, 良かったモノのレビュー

  • 公開日:2016.10.17
  • 更新日:2018.10.02

大のマンガ好きな自分としては、気になったり教えてもらったり話題になったマンガで自分が気に入りそうなものはたいてい読んでみて、さらに気に入ったら購入するタイプでもあります。

そんな中、妻からこれ読むと面白いよ。と教えてもらったのが、今回紹介している「ばぶらぶ」です。
LINE社が提供している無料マンガアプリの「COMICO」の中で展開されているWEBマンガというのか、アプリマンガというのか、完全無料で読める漫画です。

子育てしている身からすると、あーわかる。そうそう。そうなんだよねー。といったところから、そんな方法あったのか!や、そんな大変だったの?うちはラクだったのにーという事やその逆などが、てんこ盛りなマンガです。

実は意外と育児マンガや子育てマンガは少ない?

マンガを読む層がある程度は多い年代層などが決まっているからなのか、男性向けが多いからなのか、いまいち子育てマンガというのは多くないと思います。

というか、自分自身あまりチェックしてなかったからかもしれませんが、ぶっちゃけ、子育て漫画は全然知りません。

子育てがメインでなくとも、子育てが絡んだり、それに近いマンガなどはあったりしますが、子育てや育児をメインに描いているマンガってあまりないと思います。

子育てではないものの、ターゲット層として同じ出産・育児世代がターゲットの漫画としては、

  • 37.5度の涙
  • コウノドリ
  • 透明なゆりかご

などがあたるかと思います。
37.5度の涙はドラマ化もされた、病児保育士がテーマの漫画で、コウノドリは産婦人科医で出産がテーマで、透明なゆりかごは産婦人科の看護師が主役です。

ちなみに、コウノドリに関しては、自分もずっと買っていて妻の妊娠中から読んで勉強(?)していました。

妊活中や妊娠中や出産を控えた男性は漫画のコウノドリを一度読んでおくべき
こう書くと怒られてしまいそうですが、妊娠をして出産を控えるとなっても、我々、父親側というのは特に何も変わりません。 体系が変わる…

色々似たような漫画はあれど、多くは子育てする側が主人公ではないのが多いです。
上記の漫画は自分もいくつかは電子書籍で購入していてお気に入りではあるものの、純粋な子育て漫画ではないんですよね。

その点、この「ばぶらぶ」に関して言えば、子育てしてきた経験をこれでもかと漫画で描いてくれているので、非常に共感できたり、読んでいて楽しいわけです。

実際、COMICOのアプリは読者のほとんどがおそらく若い10代、20代が多いと思います。
他の漫画などを見ていれば、だいたい恋愛物や少女漫画っぽいものが上位に来ますし、コメントを見ていてもそういった感じが見受けられます。

が、このばぶらぶだけは、コメントをかいている層が当然ながらほとんどが、今、実際に子育てをしている、もしくは今妊娠中といった20代~30代が多く、見たらわかりますがCOMICOの中では少し異質でもあります。

1話1話が長くテーマがあり読みやすい

自分のブログでもそうですが、ブログだと1記事1記事はやはりテキストです。
仮にどれだけ良い事書いたとしても、やはり読むのには大変ですし時間もかかるし、スッと入ってきにくいという点があります。

ですが、漫画などであれば、読んでいてなにより楽しいですし、絵柄なのでスッと入ってきます。

多くの育児ブログでも漫画で描かれているものが結構ありますが、ばぶらぶが違うのは4コマなどの漫画と違い、1つの話がいわゆる漫画と同じで長くなっています。

自分自身、いろんな人の4コマ漫画的な育児ブログはたくさん読ませてもらっているのですが、どちらかというとやはりオチを用意しなければいけなかったりで、エンタメ要素や笑いの要素が非常に強いものになります。
もちろんそれはそれで楽しく読ませていただいておりますが。。。

ばぶらぶは、そういった感じではなく、1つのテーマでしっかり描かれた漫画になっている感じになり、読み応えがあります。

先日の10月10日で、90話目になり、もうすぐ記念すべき(?)100話目になるわけですが、今回の90話目は、テーマが「すくすく挑戦」というテーマで、まだ子どもも2歳手前の頃になります。

もちろん、1話目は妊娠し出産というところから始まります。
といっても、テーマは子育て・育児の漫画のため、すぐ2話目では出産を終えて、3話目からは入院中の育児になっていきます。

多くのテーマが、実際に多くの人があるあると言える事も多いので、ぜひ読んでみてください。

ちなみに、漫画の進行スピードが、運良く我が子の年齢よりほんの少し先で描かれているので、非常に我が家的には参考になっていて、楽しみながらタメになり参考になっている非常にありがたい漫画です。

更新が毎週1回の火曜日で、COMICはだいたい前日23時頃に更新されるため、月曜の夜23時頃はひそかな楽しみになっています。
ばぶらぶ 公式サイトはコチラ

記事のメタデータ

  • 公開日:2016.10.17
  • 更新日:2018.10.02

カテゴリ:育児・子育て, 良かったモノのレビュー

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

里帰り出産をするなら産後の帰宅前に掃除代行を使って綺麗にして我が子を迎えるのがおすすめ
地方から都心に出てきたりなどしていると、出産時は実家に帰る事も多く、里帰り出産となる人もいるのではないかと思い ...

2歳のイヤイヤ期でご飯を食べない時の対応!「しなさい」を「教えて」に変えれば上手くいく
1歳になった頃から、皆からずっと言われていた言葉が「魔の2歳児」。 覚悟しときやーなんて言われたり、イヤイヤ期 ...

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
初めての子育ては、親も当然ながら全てにおいて“初”になるわけで、何が必要で、何を買うのが良いのかというのも当然 ...

子どもにパパ・ママでなくお父さん・お母さんと呼んでもらうためにした事
息子が生まれ、はやくも1年と8ヶ月近くが経ちました。 1歳になるまでは成長スピードが他の子よりもゆーーっくりで ...

子ども服も靴もおもちゃも絵本も非売品の特典系もメルカリで買うと安く買える
今更ながらですが、メルカリの威力というか凄さを実感しています。 なんとなく古くからネットを使ってる身としては、 ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

共働き家庭こそ、幼稚園の代休は本格的に遊びお出かけするイベント日にしよう
仕事は東京。住まいと子育ては大阪。3年経ったけど思ってた以上に快適で素晴らしい
実家の帰省は布団のダニやハウスダストなどアレルギーに要注意
あけましておめでとうございます。2019年、様々な体験と自分で選択をさせたい
バランスは必要だけど、我が子が通う幼稚園や保育園のイベントはあると良い
我が家でのクリスマス。自作ケーキとシンカリオンのグッズで大満足
幼稚園のクリスマス会。小さい子の真剣に頑張る姿はとても良い
週末に予定がない時はテントとお弁当持って公園に行くだけでとても楽しい
ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事