子どもが産まれて初めての母の日には
嫁宛の母の日ギフトを子どもの名義で贈りましょう

子どもが産まれた時も実感しますが、それと同時に、母の日、父の日が来た時、改めて、「あ~自分も親になったんだな~」とひとり黄昏れたりしていました。

そんな母の日ですが、今までは普通に実家の母や義理の母宛に妻との連名で贈り物をしていました。
もちろん、毎年母の日にはそれぞれの母宛に、父の日にはそれぞれの父宛にと贈り物をしていたのですが、ふと気付いたわけですよね。

あ、よくよく考えたら、妻も母になったんだな。と。
幸いな事に、母の日と父の日は母の日の方が先にやってくるので、これは送っちゃおうというわけです。

スポンサードリンク

子どもの名前を送り主にして贈るのが良い

という事で、せっかく妻も母になったんだし、まさか自分宛に母の日ギフトが来るなんて事は想定もしていないだろうしという事で、自分達の母宛のプレゼントを選んでいる時に思いつきました。

そして、せっかく送るのであれば、母の日という事もあり、子どもを送り主にして母の日のギフトとして、いつもの感謝を伝える代わりに贈ってみようと思ったわけです。

もちろん、両家の母の日ギフトで贈る物を話したりしてはいましたが、その時にはなるべくバレないように、ひっそりとわからないように探しました。

スポンサードリンク

せっかくなので、送るのは写真立てが良い

何を贈るか迷ったんですが、カーネーション贈っても子どもに由来というか関係がないし、せっかくなので花が付いた写真立てがいいかな。と選びました。

写真立てであれば、3人で一緒に映ったものを使って飾れますし、花もプリザーブドフラワーにしておけば、枯れる事なくずっと置いておけるし、シーン毎に写真も替えられるので良いかな?という考えです。

そんなこんなで、楽天などで探せば、ちょうど価格も控え目で良いのがあったので送り主を子どもの名前にして、届け先を自宅の妻宛にしてみました。

荷物が来るときにはとぼけて、受け取りは妻にしてもらいましょう

荷物が来るときは、宅配業者がインターホンを鳴らしてくれるわけですが、大事なのがここで、自分で受け取っては意味がありません。

うちはオートロックのマンションなので、インターホンに自分が出て、オートロックを外した後の扉前の再度のインターホンは妻に出てもらいました。
出てもらうための方法としては、お腹痛いといってトイレに行くのが一番です(笑

受け取った妻は、自分宛となっていたので、何か買ったっけ?という感じではありましたが、差出人が自分の息子である事を見て、驚いて開けて自分が母の日プレゼントを受け取ったんだと非常に喜んでくれていました。

母の日ではあるものの、まだそんなプレゼントが来るなんて事は思っていなかったようで、しきりに感激してくれていたのでやって良かったと思っています。

来年以降はもうやってもバレちゃうからサプライズにはなりませんが、それでも毎年送っていこうかなと思います。

ぜひ子どもが産まれた方は、最初の母の日にやるのが一番理想的ですから、やってみてはいかがでしょうか。

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
昼頃に書きたかったのに、書くのが遅くなり、既に過ぎてしまっていますが、10月17日の朝刊の日経新聞にちょこっと ...

2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
普段はあまり馴染みがない北大阪急行。 ですが、我が家大好きなフリマの万博記念公園へ行く時や、エキスポランドに ...

楽天のセールの開催日時をいち早く知るために楽天ショップ運営者1人と仲良くなろう
子どもが産まれてからは、今までと違う暮らし方になります。 色々なセールにアンテナを張りますし、節約や収納術な ...

サッカー好きなら一度はプーマカップのフットサルを見て欲しい
今日本でも最も人気のあるスポーツの1つがサッカーだと思います。 ワールドカップは当然、オリンピックなどは世界 ...

あけましておめでとうございます。2018年はチャレンジする年にしたい!
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。 あまり更新頻度が高くないブログではありますが、ちょくちょ ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ
神戸カワサキワールドの体験談!大人も楽しめて電車・車好きな子どもにおすすめ
3歳の誕生日記念に神戸アンパンマンミュージアムに行ってきたまとめ
3歳の誕生日を無事迎えました。体験と経験に力を入れていきたい

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top