子どもが産まれて初めての母の日には
嫁宛の母の日ギフトを子どもの名義で贈りましょう

子どもが産まれた時も実感しますが、それと同時に、母の日、父の日が来た時、改めて、「あ~自分も親になったんだな~」とひとり黄昏れたりしていました。

そんな母の日ですが、今までは普通に実家の母や義理の母宛に妻との連名で贈り物をしていました。
もちろん、毎年母の日にはそれぞれの母宛に、父の日にはそれぞれの父宛にと贈り物をしていたのですが、ふと気付いたわけですよね。

あ、よくよく考えたら、妻も母になったんだな。と。
幸いな事に、母の日と父の日は母の日の方が先にやってくるので、これは送っちゃおうというわけです。

スポンサードリンク

子どもの名前を送り主にして贈るのが良い

という事で、せっかく妻も母になったんだし、まさか自分宛に母の日ギフトが来るなんて事は想定もしていないだろうしという事で、自分達の母宛のプレゼントを選んでいる時に思いつきました。

そして、せっかく送るのであれば、母の日という事もあり、子どもを送り主にして母の日のギフトとして、いつもの感謝を伝える代わりに贈ってみようと思ったわけです。

もちろん、両家の母の日ギフトで贈る物を話したりしてはいましたが、その時にはなるべくバレないように、ひっそりとわからないように探しました。

スポンサードリンク

せっかくなので、送るのは写真立てが良い

何を贈るか迷ったんですが、カーネーション贈っても子どもに由来というか関係がないし、せっかくなので花が付いた写真立てがいいかな。と選びました。

写真立てであれば、3人で一緒に映ったものを使って飾れますし、花もプリザーブドフラワーにしておけば、枯れる事なくずっと置いておけるし、シーン毎に写真も替えられるので良いかな?という考えです。

そんなこんなで、楽天などで探せば、ちょうど価格も控え目で良いのがあったので送り主を子どもの名前にして、届け先を自宅の妻宛にしてみました。

荷物が来るときにはとぼけて、受け取りは妻にしてもらいましょう

荷物が来るときは、宅配業者がインターホンを鳴らしてくれるわけですが、大事なのがここで、自分で受け取っては意味がありません。

うちはオートロックのマンションなので、インターホンに自分が出て、オートロックを外した後の扉前の再度のインターホンは妻に出てもらいました。
出てもらうための方法としては、お腹痛いといってトイレに行くのが一番です(笑

受け取った妻は、自分宛となっていたので、何か買ったっけ?という感じではありましたが、差出人が自分の息子である事を見て、驚いて開けて自分が母の日プレゼントを受け取ったんだと非常に喜んでくれていました。

母の日ではあるものの、まだそんなプレゼントが来るなんて事は思っていなかったようで、しきりに感激してくれていたのでやって良かったと思っています。

来年以降はもうやってもバレちゃうからサプライズにはなりませんが、それでも毎年送っていこうかなと思います。

ぜひ子どもが産まれた方は、最初の母の日にやるのが一番理想的ですから、やってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

初イケア体験!梅田からバスで舞浜イケアへ家族3人でベビーカーを使って行ってきた
子どもが産まれてはや1年と11ヶ月に近づいてきました。 たった1年と11ヶ月にも関わらず、なぜか気付けば絵本 ...

GranDiverさんの体験を利用してフォームなどを診てもらいに行ってきました
ロードバイクに乗ってると、時折、腰にピキピキと来る事がありませんか? 自分だけなのかなぁと思い、非常に悩んで ...

【初節句】男の子・女の子のひな人形や兜の準備やマナーと簡単な流れ
子どもを持つと、今まで日本人なのに日本の色々な事を知らなかったんだなと改めて気付かされます。 名前や存在 ...

運動不足の30代以上にフットサルを趣味にオススメする5つの理由
若い20代ならまだしも、30歳を越えてくると、多くの人が悩んでくるのが「運動不足」です。 自分も含め、周りの ...

【Step2】ロードバイクで何を重要視するかを初心者だからこそ決めておきたい
前回でも書きましたし、自分もそうでしたが、初心者がロードバイクを買おうと思って、一番頭を抱えるのが「結局、自分 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた
子どもが遊びを止めない時、無理矢理やめさせずにイヤイヤ期でも自らやめてくれる方法
子どもは親の言葉と会話をよく聞いて覚えている!夫婦の会話にも要注意
雑誌サンキュ!が面白!育児中の父親や男性も読むべき!でも登場する家計簿が凄まじい…
2歳でも立場や環境が変われば成長する!保育園ではお兄ちゃんに
認可外保育園の宿命?3月で転園・退園するお友達との別れがやってきた
大阪東京間の出張や旅行は日本旅行などの宿泊パックが安くてオススメ
料理が苦手でも母親がダウンした時のために最低限の料理スキルは合った方がいい


Page Top