子どもが産まれて初めての母の日には
嫁宛の母の日ギフトを子どもの名義で贈りましょう

雑記・ブログ, 子どものイベント・行事等

  • 公開日:2015.05.15
  • 更新日:2018.10.01

子どもが産まれた時も実感しますが、それと同時に、母の日、父の日が来た時、改めて、「あ~自分も親になったんだな~」とひとり黄昏れたりしていました。

そんな母の日ですが、今までは普通に実家の母や義理の母宛に妻との連名で贈り物をしていました。
もちろん、毎年母の日にはそれぞれの母宛に、父の日にはそれぞれの父宛にと贈り物をしていたのですが、ふと気付いたわけですよね。

あ、よくよく考えたら、妻も母になったんだな。と。
幸いな事に、母の日と父の日は母の日の方が先にやってくるので、これは送っちゃおうというわけです。

子どもの名前を送り主にして贈るのが良い

という事で、せっかく妻も母になったんだし、まさか自分宛に母の日ギフトが来るなんて事は想定もしていないだろうしという事で、自分達の母宛のプレゼントを選んでいる時に思いつきました。

そして、せっかく送るのであれば、母の日という事もあり、子どもを送り主にして母の日のギフトとして、いつもの感謝を伝える代わりに贈ってみようと思ったわけです。

もちろん、両家の母の日ギフトで贈る物を話したりしてはいましたが、その時にはなるべくバレないように、ひっそりとわからないように探しました。

せっかくなので、送るのは写真立てが良い

何を贈るか迷ったんですが、カーネーション贈っても子どもに由来というか関係がないし、せっかくなので花が付いた写真立てがいいかな。と選びました。

写真立てであれば、3人で一緒に映ったものを使って飾れますし、花もプリザーブドフラワーにしておけば、枯れる事なくずっと置いておけるし、シーン毎に写真も替えられるので良いかな?という考えです。

そんなこんなで、楽天などで探せば、ちょうど価格も控え目で良いのがあったので送り主を子どもの名前にして、届け先を自宅の妻宛にしてみました。

荷物が来るときにはとぼけて、受け取りは妻にしてもらいましょう

荷物が来るときは、宅配業者がインターホンを鳴らしてくれるわけですが、大事なのがここで、自分で受け取っては意味がありません。

うちはオートロックのマンションなので、インターホンに自分が出て、オートロックを外した後の扉前の再度のインターホンは妻に出てもらいました。
出てもらうための方法としては、お腹痛いといってトイレに行くのが一番です(笑

受け取った妻は、自分宛となっていたので、何か買ったっけ?という感じではありましたが、差出人が自分の息子である事を見て、驚いて開けて自分が母の日プレゼントを受け取ったんだと非常に喜んでくれていました。

母の日ではあるものの、まだそんなプレゼントが来るなんて事は思っていなかったようで、しきりに感激してくれていたのでやって良かったと思っています。

来年以降はもうやってもバレちゃうからサプライズにはなりませんが、それでも毎年送っていこうかなと思います。

ぜひ子どもが産まれた方は、最初の母の日にやるのが一番理想的ですから、やってみてはいかがでしょうか。

記事のメタデータ

  • 公開日:2015.05.15
  • 更新日:2018.10.01

カテゴリ:雑記・ブログ, 子どものイベント・行事等

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
幸いな事に、自分の周りは子ども大好き人間が非常に多く、友人知人とも我が子を愛しすぎているくらいに愛していて子育 ...

保育園で七夕の短冊に願い事を書いてとお願いされたので書いてみました
保育園へ通うようになり、日々いろいろなイベント毎があったりと小さな事でも喜びをかみしめているわけでありますが、 ...

ITやネット系のフリーランスや1人自営業は子育て・育児環境としては最高だと思う話
自分もその立場であり、1年半以上経験してきたから言えるわけですが、フリーランスや1人自営業の場合、会社員の方と ...

4歳の誕生日を無事に迎えられました。親が成長を邪魔しないように心がけたい
早いもので、息子が無事4歳を迎えました。 例年通り、リアルタイムな更新はあまりしていないため、4歳になったのは ...

【Step9】買うショップ選びは、とにかく聞きまくって対応で選ぼう
初心者だからこそ、買うロードバイクが決まったら、どこで買うかが大切だ。という事を前回書きました。 間違っても ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

自転車送迎&通勤ならHUKUROの3Wayキーケース・パスケースがオススメ
せっかくの自転車送迎。安全に気をつけながら遊びに勉強に活用しよう
毎日の送迎、多少急いでもそれほど変わらないから安全運転を心がけたい
自転車で幼稚園・保育園へ送迎するなら別売ミラーやライトを付けよう
ミニ・ハンディ扇風機を買いました!実は子どもとの外食時で重宝します
親の前と子どもだけの時では性格や姿が全然違うこともあることを理解しておきたい
忍者ナインの体験教室の感想。効果の程とバトルの様子や月謝や料金のまとめ
2年振りの北海道旅行。4歳なら楽しめ遊べる範囲が大きく変わった
1年間、幼稚園で父親がいわゆるPTA役員をやって分かったこと。良かったこと
進級式を終え、幼稚園も年中組に。1年通って成長を感じる親心

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事