産まれてから大きな初めての行事!
お宮参りについて我が家の事も踏まえてまとめました

子どものイベント・行事等

  • 公開日:2015.03.31
  • 更新日:2019.08.12

子どもが産まれるまで子ども関連のニュースにもイベントにもあまりアンテナを張っていない人であっても、産まれてからは自分も産まれ変わったかのようにアンテナを張り巡らすわけです。

まさに自分がそうです。
そして、お宮参り。言われた時はあーあれねーと言いながらも、実際裏では脳内でなんだっけ?どういうやつだっけ?聞いた事あるけど…と巡らしていたりもするわけです。

という事で、今回はそんなお宮参りについてまとめてみました。

そもそもお宮参りについてを復習してみましょう

そもそもお宮参りとは何なのかというと、簡単に言えば神様に「赤ちゃんが生まれましたので、よろしくお願いいたします。」的な挨拶をしに行くことを言います。

その土地の守り神のことを産土神と呼ぶのですが、産土神へ自分たちにも赤ちゃんが誕生した事を報告しに行き、健やかに成長していくことができるようお願いする行事が、このお宮参りになります。

昔は非常に儀式的な意味合いも強かった行事ですが、今では赤ちゃんが無事に生まれてきてくれたことへの感謝とその後も健やかに成長していけるようにという願いが込められた行事というより、一種のイベント的なものになっている気もします。

住んでいる土地の氏神様のところへお参りに行くのが一般的ですが、基本的にはどこの神社でも構わないとされています。

我が家では、自分の実家近くの神社へ行きました。
ただ、お宮参り自体は、全国的に見ても一般的な行事ではあるのですが、こういったものは地域や風習などで色々異なる事が多くあるものですから、自分たちだけでなく両親や義両親とも一応話をして決めておくのが無難かなと思います。

お宮参りの時期はいつ頃なのか

実はお宮参りの時期は、地域によって異なっていたようです。
ただ、一般的には男の子の場合には生後31日、女の子の場合には生後32日だと言われているようです。

が、今ではこの時期を明確に守る人は少なくなってきており、母親の体調回復具合、そもそもの子どもの体調や外に出て大丈夫かなどがクリアされているかを優先しますので、目安程度にしかされていません。

そもそもだいたい仕事している人がいれば土日にしか集まれませんから、ピッタリ生後31日や33日に家族皆が集まるというのも今の時代なかなか困難ですから「だいたい」で問題ありません。

また、自分たちのように里帰り出産をしている場合は、だいたい1ヶ月を目処に帰るため、それらも調整しながら日程を決めている方が多いようです。

自分たちは、2月産まれのため、ちょうどお宮参りが春頃になるのと、妻が産後の体調が色々あったのもあり、回復を待って、さらにどうせなら桜が咲くまで待って少し暖かくなってからやろうという事で生後40日後ぐらいで行っています。

お宮参りは誰と行けばいいのか、誰がいくのが一般的なのか

お宮参りは、従来の意味で言えば、産まれた赤ちゃんの両親と父方の祖父母が一緒に行くものでした。
しかしながら、これはあくまでも昔の話で、今では参加したい人がいくという形が多いようです。

ネットのお宮参り体験談的なものを見ても、実に様々で多くは、自分たち夫婦とそれぞれの両親と赤ちゃんの合計:7人で行うのが一番多いように思います。

実際我が家でも、自分たち、子ども、自分の両親、義両親の7名で行いました。

昔的にいえば、誰が赤ちゃんを抱くのかといった事も、本来は子から見た父方の祖母が子を抱くというのが正式らしいですが、今ではそのあたりもある程度自由となっています。
我が家では、自分側が孫が2人目という事もあり、義母は初孫だったので義母に抱っこしてもらいお宮参りを行いました。

お宮参りの服装について

これも、男性はスーツ、女性であればスーツやワンピースなどになります。
昔のように厳格な一種の儀式として行っていたのであれば、まだ別ですが、今はだいたい男性はスーツ、女性はスーツ・ワンピースが一般的です。

親としても、基本は同じで、父親はスーツ、母親もフォーマルな装いであれば特に問題ありません。

我が家でも、私はスーツ、妻は普通のワンピース的な服装をしていましたし、父親も義父もスーツ、母はフォーマルな格好、義母はスーツで行いました。

一番のメインは我が子の衣装だけど、今はレンタルで全て揃う

しっかりと着るのは、自分たちではなく主役でもある「赤ちゃん」です。
一応厳格なルールとしては、母方の実家が送る祝儀を着せるとされています。

男の子 女の子
肌着 白羽二重 白羽二重
掛け着 のし目模様の紺色
黒羽二重の紋付等
友禅模様の掛け着等

となってはいますが、今ではお宮参り用の衣装を買う方も少なく、ネットでレンタルで済ます事がほとんどじゃないかと思います。
我が家も、お宮参り用の衣装セット一式を、レンタルしました。

お宮参り、実際に実践したらあっという間です。
我が家は実際のその場中は、なんと我が子は爆睡していましたし、太鼓の音がドーンと叩かれてもびくともせずに爆睡していました。

せっかくの産まれてからの最初と言っても良い大きな記念行事でもありますから、写真をしっかり残しておくかと思いますので、子の衣装だけ張り切りすぎて他と明らかに浮いたなんて事がないようにだけは注意しておきましょう。

記事のメタデータ

  • 公開日:2015.03.31
  • 更新日:2019.08.12

カテゴリ:子どものイベント・行事等

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

2年振りの北海道旅行。4歳なら楽しめ遊べる範囲が大きく変わった
先日の話になりますが、表題の通り北海道旅行に行ってきました。 2年前にも1度、まだ息子が飛行機に乗るのに料金が ...

世田谷区の自治体イベント?パパが行うベビーマッサージ・パパベビマに行ってきました
我が子が産まれて、日々色々と自分自身も経験しながらあたふたもしながら過ごしています。 慣れないながらも子育て ...

公園でも遊べて子連れに最適な万博記念公園フリマの日程や巡り方と楽しみ方
前回書いたフリマの記事の続きです。 もう我が家では、子ども服も絵本もおもちゃもほとんどがフリマオンリーです。 ...

初イケア体験!梅田からバスで舞浜イケアへ家族3人でベビーカーを使って行ってきた
子どもが産まれてはや1年と11ヶ月に近づいてきました。 たった1年と11ヶ月にも関わらず、なぜか気付けば絵本や ...

【初節句】男の子・女の子のひな人形や兜の準備やマナーと簡単な流れ
子どもを持つと、今まで日本人なのに日本の色々な事を知らなかったんだなと改めて気付かされます。 名前や存在自体 ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

自転車送迎&通勤ならHUKUROの3Wayキーケース・パスケースがオススメ
せっかくの自転車送迎。安全に気をつけながら遊びに勉強に活用しよう
毎日の送迎、多少急いでもそれほど変わらないから安全運転を心がけたい
自転車で幼稚園・保育園へ送迎するなら別売ミラーやライトを付けよう
ミニ・ハンディ扇風機を買いました!実は子どもとの外食時で重宝します
親の前と子どもだけの時では性格や姿が全然違うこともあることを理解しておきたい
忍者ナインの体験教室の感想。効果の程とバトルの様子や月謝や料金のまとめ
2年振りの北海道旅行。4歳なら楽しめ遊べる範囲が大きく変わった
1年間、幼稚園で父親がいわゆるPTA役員をやって分かったこと。良かったこと
進級式を終え、幼稚園も年中組に。1年通って成長を感じる親心

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事