子どもは親を見て育つもの
だからこそ、ネガティブよりポジティブでいたい

育児・子育て, 雑記・ブログ

  • 公開日:2015.04.18
  • 更新日:2018.10.03

子どもが産まれたら、やはり親として色々しっかりした姿を見せたくなりますし、見本にならなければと多少なりとも自分の襟を正すという方は多いと思います。

かくいう私もその1人ですしよく夫婦で話しています。

で、気をつけていきたいなというのが、以前に書いた置くなどの物の言葉遣いを辞めるでも書いたのと同じくらいに気をつけたいと思っているのが、ネガティブ思考や否定的になるのを辞めていくです。

以前書いた、言葉使いを変える記事はこちら。

置く、持って行く等の言葉使いをやめて寝かせるなど人向けの言葉にする。
自分達の子どもというのはまぁこれほどまでに可愛いのかと思うわけではあるのですが、何をするにしても、当たり前ですが親がやる必要性が出…

やはり人間ですから、どうしても自分と違ったりして否定的になってしまったり、嫌だったりすればネガティブになったりする時というのはきますが、これをなんとかどうにかして変えていきたいねというお話です。

ネガティブな思考をすればするだけ、自然とその通りになっていく

本当にダメなものについては、ダメと言ったりしたいし、いけないものはいけないと教えてはいきたいと思いますが、なんでもかんでもあれは違う、あれは嫌だといったような、とにかく否定するというのまた違うと思っているわけです。

ネガティブ思考に陥ったり否定的になってしまうと、つい隣の芝生は青く見えてしまいがちです。
誰かが言う異なる意見などに、それは違うんだよなぁ…といったような感情を抱いてしまいがちになります。

ですが、そうやってそういう思考回路になってしまうと、どんどんそういう事ばかり考えてしまうようになり、ドツボにはまってしまいます。

自分自身、20代の頃は会社員で30歳になる手前で独立をしてフリーランスになりましたが、この会社員時代はまさに、ネガティブ思考、否定的思考でしかなかったような気がします。

俗に言う、環境批判や社会批判ですね。
会社が悪い、環境が悪い、○○が違えばなぁ…といったようなもう思い返しても絵に描いたような見事に当てはまるほどにそんな考え方をしていました。

その後色々紆余曲折あって、独立してわけですが、独立した後は、当然自分に全責任がある感じで過ごすようになります。

そうなってくると、当然ですが考え方なども一変しますし、ポジティブに考える(ように心がける)ようになりますし、それじゃダメなんだよなーとただただ否定的ではなくどうすれば解決できるかといった事を考えるようになれたと思っています。

何より、周りの仕事仲間や取引先の人たちもそういった人が多くなり、自分も刺激や影響を受けてそういう考え方になっていったと思っています。

当時の同僚や先輩、上司などには多大な迷惑をかけたなぁと今だから思える事ですが、これはそうなっている状態では当然ながら見えません。

せっかく子どもが産まれて、子どもにはのびのび育って欲しいなと思うからこそ、親が変な考え方に固執したり否定的、ネガティブな思考回路だったら、当然子どももそうなってしまうわけですから、なるべく頑張っていきたいと思う次第です。

理想は水野敬也氏の本の雨の日も晴れ男の主人公

もともと自分も妻も大阪から東京に出てきているため、若干の成り上がり思考じゃないですが、いわゆるどちらかといえば、少し揶揄される意識高い系と言えるかもしれません。
自己啓発とかの類などは、割と好きで色々な本も読みました。

そんな色々な本を読んでいた時に、数年前に大ヒットした「夢をかなえるゾウ」という本を読みましたが、これはこれで良かったんですが、この時に水野敬也さんって前のあれ書いてた人ちゃう?という話を二人でして、温厚な上司の怒らせ方というこちらも割とヒットしたものの作者だったという事で、この方の本を色々あさるように読みました。

そこで出会った1冊が、「雨の日も、晴れ男」という本です。

もうこれがとにかくヤバイです。
どれくらいヤバイかというと、こんなやついたら一度は会ってみたいわって思えるくらいに良い意味で変人です。

とにかく、理不尽な事があろうが、なんでもかんでもポジティブに捉えまくっていて、捉えすぎ感が半端ないわけですが、こんなにポジティブシンキングが出来たら、何が起きても人生楽めるんだろうなというくらいに、凄まじいです。

実際にはこんなにポジティブになるのは至難の業でしょうが、それでも心構えとしてはやはりネガティブであるよりポジティブにいた方が、周りも良いですし自分の体や心的にも良いはずです。

子どもは以外と見て聞いて覚えてたりします。
1歳になった今では、話せはしなくとも、親の言う言葉もこの辺りではだいぶ理解していますし、気をつけていきたいなと思うばかりです。

脱ネガティブ思考!
本気でこの本はおかしいくらいにポジティブすぎるので、ぜひ一度呼んでみるのをおすすめします!

記事のメタデータ

  • 公開日:2015.04.18
  • 更新日:2018.10.03

カテゴリ:育児・子育て, 雑記・ブログ

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

投稿フォームを開く

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事と同じカテゴリ・テーマの記事

育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
幸いな事に、自分の周りは子ども大好き人間が非常に多く、友人知人とも我が子を愛しすぎているくらいに愛していて子育 ...

色々なイベントには斜めに構えるのではなく全力で遊んで参加するのが良い
まだ自分が若い時などは天の邪鬼の性格のためか、イベント毎に踊らされるのがどちらかというと嫌いでした。 ネット上 ...

子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
先日に書いたフォトスタジオの件でも触れましたが、ついこの間、我が子も1歳を迎える事が出来ました。 長いようで ...

妊活中や妊娠中や出産を控えた男性は漫画のコウノドリを一度読んでおくべき
こう書くと怒られてしまいそうですが、妊娠をして出産を控えるとなっても、我々、父親側というのは特に何も変わりませ ...

ベネッセ・こどもチャレンジCM曲「ちいさなきみのうた」がステキすぎる件
更新していかないとと思っていた矢先に、いきなり40度近い熱を自分が出してしまい、なかなかに寝込んでいました。 ...

プロフィール

たゆたえ
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。

最新記事

週末に予定がない時はテントとお弁当持って公園に行くだけでとても楽しい
ひとり働き方改革を実践。子どものため、自分のため定期的な見直しは結構大事
心機一転しブログデザインをリニューアルしました
幼稚園と保育園の違い。保育園から幼稚園への転園で変わったなーと思う事
フルタイム共働き夫婦が子どもを幼稚園に預けたいと思った時に知っておいた方が良い事
3歳児の保育園から幼稚園の転園。入園から慣らし期間や1ヶ月経った頃の泣き具合の進捗
エヴァンゲリオン新幹線に乗って須磨の海を見て遊んできました
2018年の北急ふれあいフェスティバルは思った以上に楽しく最高でした
祝入園&幼稚園への初登園。まだ3歳児だという事を忘れないようにしたい
神戸どうぶつ王国は子どもに経験・体験させるのに最高の動物園で超オススメ

人気記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ

関連記事