赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んますか?
我が家ではスマイルキュートを使って大満足していますよ

周りに子どもが産まれた時にこれを真剣にアドバイスしています。
スマイルキュートってなんぞや?って方には、簡単に説明すると、鼻水吸引器です。

赤ちゃんって産まれる前に想像していたよりも、はるかに鼻水がダラダラ出てきますし、風邪引いて鼻水出るわ、タンが絡むわ、それで寝れなくて泣き叫ぶわといった事になります。

そんな時、このスマイルキュートが大活躍で、今の我が家になくてはならない必須アイテムと化しています。

スポンサードリンク

口で吸うタイプとはレベルが違うほどの吸いっぷり

一度使えばわかるのですが、口で吸うタイプの「ママ、鼻水トッテ」などとは比べものになりません。

もちろん、あの手の商品も吸えるには吸えますし、お手軽さでは当然、鼻水トッテの方が楽ではあるのですが、自分で吸うのと自動でやってくれるのとでは吸える力が段違いです。

使っている人のレビューを見ても、ほとんどが鼻水トッテタイプの商品より楽に吸える、たくさん吸える、といったレビューが見られるはずです。

しかも鼻水を吸って風邪をもらう可能性が限りなくゼロに近い

鼻水トッテは親が子どもの鼻から鼻水を吸い出すので、自分達の口に子どもの鼻水が入ってくるわけです。

鼻水を吸うときというのは、基本的に風邪を引いていたり、体調があまりよくなかったりという事も多いので、そういったウイルスや菌を持った鼻水を自分達の口の中に入れなければいけないわけです。

そうなると、当然自分達も風邪をもらいやすくなる危険があるのですが、スマイルキュートであれば全くそういう心配性はありません。

せいぜい洗う時などに気をつけるくらいで、口に入ることはまずないので安心して使えます。

スポンサードリンク

小児科や耳鼻科にいかなくても自宅である程度対処ができる

鼻が詰まってしまうと、小児科や耳鼻科に行って吸って貰うという人も多いと思います。

今は多くの自治体で、小児科は無料で診察してもらえますし、薬も無料で処方してもらえて非常に助かりますしありがたい限りです。

ですから、よく小児科に行って吸ってもらってるという人も多いかもしれません。

ただ、鼻水が詰まっているという事は、体調が悪かったり風邪など引いている可能性が高いわけですが、その時に小児科に行くと、当然小児科などの病院やクリニックには病気の診察で来ている子などもいるため、別の病気などをもらう可能性もゼロではないわけです。

スマイルキュートがあれば、基本自宅で吸えるので、鼻水のためだけに病院へという事がなくなります。

もちろん、それでもどうしても取れないといった場合などには小児科や耳鼻科へ行くこともありますが、基本鼻水が詰まってて…という事で行く事はほとんど我が家ではなくなりました。

夜間でも吸えるから寝かせやすい

病院で吸ってもらっているという方も、夜間はどうしようもありません。
そして、人間の身体のつくり上、致し方ないのかもしれませんが、鼻水など鼻づまりなどは夜にひどくなりやすいです。

スマイルキュートなら、夜間でも家で余裕で吸い取ってあげられます。

鼻水や風邪って、どうしても横になるとその姿勢というか角度などのため、咳き込んだり痰が絡みやすくなります。

鼻が詰まってしまっていると、そのせいで夜中に起きて、眠いのに寝れず、泣いて、また鼻が詰まって…を繰り返して苦しそうにしているのを何度も見ます。

鼻水を自分で吸ってあげるタイプではなかなか吸えなかったりして、また寝かしつけてもすぐ起きて…という事になりかねません。

スマイルキュートであれば、苦しそうな時に鼻水を吸ってあげて、鼻の通りがよくなったのを確認してから再度寝かし付けることができます。

実際我が家では、寝る前に必ずスマイルキュートで鼻水を吸ってあげていました。

類似商品の中でも多分スマイルキュートが一番使い勝手が良い

スマイルキュートと同じタイプで、古くからあるメルシーポットという商品があります。
私たちもどちらにするかで非常に悩みました。

基本的な性能面では、そこまで差がないと思います。
実際にネットで各種レビューを調べてみたら、同じくらいどちらも性能面で文句を言ってる人はそう多くないと思います。

ですが、色々調べてみたところ、我が家的にはスマイルキュートに軍配が上がって使っています。

圧力計を見る事ができる

メルシーポットとスマイルキュートの大きな違いの1つとしては、圧力計が見れるかどうかです。

スマイルキュートは、圧力計のメーターを見る事ができます。
今、どれくらいの圧がかかっているのかを、数値として見る事ができるので、強すぎないように注意しながら使えます。

一方、メルシーポットは旧モデルではあったのですが、新モデルではデザイン性を重視したのか、圧力計がなくなってしまいました。

そのため、つまみの1、2、3という数値のみで判断しなければならず、これが圧としてどれくらいなのか?というのがわかりにくくなってしまったのが残念です。

終わった後の清掃、洗いが楽

スマイルキュートは、基本的に先端に鼻水吸引キットを取り付けます。
これは、ホースの先端に付けて、そこに鼻水がたまる仕組みになっています。

だから、洗う時は基本的にはここだけを取り外して洗えばOKです。
もちろん、大量に吸ってあげたり、溜めすぎていたりすると、ホースの先や本体の瓶にまで鼻水が送られるので定期的にそれらも洗う必要はあります。

ですが、メルシーポットは本体の瓶とホース、先端がワンセットで、本体の先に吸引キットなどがありません。
そのため、毎回終わった後に、瓶やホース、吸引の先端部を取り外して洗浄しなければなりません。

いざ使ってみたらわかるのですが、風邪引いたときなどは、常時鼻づまりが起こりますから、都度都度全部を洗うとなると結構な手間で面倒です。
そのため、先端部だけ取って洗えばOKのスマイルキュートの方が非常に楽です。

我が家では、その先端の吸引キットを複数取り寄せていますので、洗って乾かしている間に鼻水が詰まっても安心で洗うのも楽というので非常にストレスが軽減されています。

その他、使い勝手や導線が優れている

他にも、電源の位置、音の大きさなども異なります。

メルシーポットは新型にリニューアルされた際に、今のトレンドでもあるデザイン性を重視したのか、可愛らしいデザインではあるのですが、使い勝手の面から見たら少し残念な面があります。

電源ボタンが背面に取り付けられたため、1人で鼻水を吸ってあげる際に、電源ボタンと圧力のつまみ、吸引の先などを片手で操作して片手で子どもを押さえなければなりませんが、この時の導線はスマイルキュートの方が優れています。

この辺りは実際に使ってみるまでは、そんなに気になる事か?と思うかもしれませんが、いざ使ってみれば、これ電源後ろにあったらなんだかんだで面倒やね。という話は二人でもよくしていました。

電源入れると割と音がブォーンと鳴るため、子どもが嫌がったり泣く可能性があるため、なるべく使うまで電源は入れたくないため、近くにあると非常に楽だったりします。

実際、ネット上でも、デザインはメルシーポット、使い勝手などはスマイルキュートといった感じで軍配が上がっている感じがします。

我が家も、そういった事を加味して、デザインは大切だけど、一番は使い勝手でしょ。という事で、スマイルキュートを選びましたし、結果的にはそれで正解だったと思います。

悪いところはないのか?という事で改善して欲しい点

これほど絶賛してもはや我が家では必需品と言っても過言ではない程に大活躍のアイテムですが、これ改善してくれたらなーと思う点もあります。

半ば強引にマイナス面を挙げろと言われたら、こんなところでしょうか。

吸引キット単体が売ってる店が少なく高い

本体とは別で、吸引キットがありますが、これが売ってる店が少ないんですよね。

個人的には、なにか合った時のために、予備としても置いておきたいなと思って買おうと思ったのですが、吸引キットのセットだけで、2,000円近くしますし、送料入れたら2,000円オーバーでそれなりな価格になってしまいます。

これがもう少し安ければ、3個揃えて楽だなーと思うばかりです。

鼻水トッテよりも使うまでの腰は重い

鼻水トッテ系は、使おうと思ったらすぐその場で使えます。
ですが、スマイルキュートなどのこの手の商品は、セッティングなどもしなければならず、夜とかだとちょっと億劫です。

本体、ホース、電源プラグ、吸引キット、の4パーツほどからなるので、それを出してきて、電源に繋いでというのをやらなければならないので、面倒と言えば面倒でもあります。

まぁ実際面倒だなと思う時はありますが、それやってあげたら子どもも鼻がスーッとするのか寝てくれるようになったりするので、やってよかったね。となりますし、面倒だからやらないなんて事はないですが、楽であれば良いに越した事はないなとおもいはしますので、鼻水トッテ系の商品と比較すれば、面倒さはありますよ。という話です。

とはいえ、風邪をもらう心配もなく、たいていの鼻水は吸い取ってあげられるし、長い期間使っていけると考えたら、15,000円程の出費ではありますが、余裕で元が取れる値段ですし、赤ちゃんが産まれた家には一家に一台は揃えよう!と声を大にして言いたいほどにオススメですし買うべきだと思っています。

鼻水が詰まって…という事で悩む回数がだいぶ減りますよ。

【追記】
さらに、先端の管をガラス管に変えた今、もはや敵無しというくらいになりました。
最近、保育園で風邪を頻繁にもらってきては治ってもらってきてを繰り返してますが、ものすごい活躍してくれています。

鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
我が家でもはや重宝No.1と言ってもいいほどに使って助かっている商品でもある「スマイルキュート」ですが、つい先日も子どもが産まれた…

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

スポンサードリンク

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

料理が苦手でも母親がダウンした時のために最低限の料理スキルは合った方がいい
ひとり暮らし生活を経験しているとはいえ、私自身、非常に、非常に、非常に料理が苦手です。 もはや苦手というレベ ...

公園でも遊べて子連れに最適な万博記念公園フリマの日程や巡り方と楽しみ方
前回書いたフリマの記事の続きです。 もう我が家では、子ども服も絵本もおもちゃもほとんどがフリマオンリーです。 ...

ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ベビーモニターと言っても、実際には色々な種類があります。 それこそ、国産から外国産のものまで、無線の規格から ...

おむつかぶれの対策と予防となった時の正しいおしりの拭き方について
赤ちゃんにとっておもつは欠かせません。 どのブランドのおむつを使うか、相性などもあるのかもしれませんが、常に ...

子どもの日焼け止めは必要?紫外線吸収剤と紫外線散乱剤や選び方と注意点
年々、暑くなってきているようなそんな感覚を持っているのですが、やはりこの夏に限らず冬も春も秋も、1年中、紫外線 ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。保活問題もあって、2016年に世田谷区から大阪市へ引っ越しました。 → 管理人の詳細
  • twitter
  • Facebook
  • Facebook
  • Facebook

最近更新した記事

ご飯を嫌がって食べない時は調理を手伝ってもらうと良いのかも?
子どもがイヤイヤする時は環境を変えて整えてあげると意外とすんなりしてくれる
子育てで親が「誘導しない」「待つ」という事はとても重要じゃないかと思う
トイレトレーニングでシール貼りを使った後も応用活用すると良いかも
日本経済新聞に取材いただきちょっとだけ取り上げてもらいました。
幼稚園の抽選を経て、親がする選択や事前の準備の大切さ改めて実感する
子どもとの遊びネタ探しに「ほいくる」がとても助かってオススメ
保育園や幼稚園の評判や口コミは信頼しすぎず自分の目で確かめ事が大切
育児や子育てに非協力な父親は将来孫ができた時にしっぺ返しを食らう可能性がある?
2歳半の息子を連れて3泊4日の北海道旅行!子どもと遊んで体験させるには最高でした

特に人気の高い記事

息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか
子どもの1歳の誕生日は親も1歳の誕生日。妻にもサプライズでお祝いしよう
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
ベビーモニター購入前に知っておくべき赤ちゃん用モニターの正しい選び方
ワンワンとはいポーズに当日券で写真撮影に行ってきた諸々のまとめ
ベビーチェアにイングリッシーナ・ファストを買ったら大満足できた購入レビュー
赤ちゃんの鼻吸い器の選び方で悩んだらスマイルキュートがオススメ


Page Top