本当にベビーベッドって必要なのかどうかと、必要なら購入とレンタルのどちらがお得でオススメかをまとめました

初めての子が産まれた時はつい色々なベビーアイテムやベビーグッズなどを片っ端から見て回り、必要でないものまでついつい買ってしまいがちです。

日用品レベルのしまったーで済むようなものなら良いのですが、割と大きい買い物ではそういうわけにはいきません。

という事で、そんな買うかどうかで悩む最初の1つと言っても良いのが今回のテーマのベビーベッドです。

床に普通に寝かせるのか、それともやっぱりベビーベッドを買って寝かせた方がいいのか、それとも買うまではなくともレンタルで済ます方がいいのかなどなど、まとめてみました。

スポンサードリンク

極論を言えば、ベビーベッドは“必須アイテム”というわけではない

海外ドラマや映画の中で見れば、意外と当然と言わんばかりにベビーベッドが出てきたりします。

そのため、ベビーベッドに対して憧れを抱いている方や、ベビーベッドは用意して当然と考える方も多いかもしれません。

実際に、子どもが産まれた時は、せっかくだし、快適に寝かせてあげたい、といった気持ちもあってベビーベッドを用意しようと気持ちは動きやすいです。

しかしながら、極論を言えば、ベビーベッドは必須商品ではありません。

無くても全く問題なく生活はできます。
もちろん、あった方が色々と便利ではありますし楽になる事も多々あるのは事実ですが。

スポンサードリンク

どんな人にベビーベッドは向いているのか

人によってはベビーベッドなしでもまったく困らないという方もいますし、必須アイテムではないものの、当然あるとやはり便利なのは間違いありません。

では、どういった環境下ならベビーベッドを使った方がいいのかをまとめてみました。

2人目の子どもの場合

1人目であれば自分たちはその子だけに注力すれば良いのですが、これが2人目となってくるとそういうわけにもいきません。

それほど年が離れていなければ、まだまだ色々な事がわからない年頃ですから、踏んづけてしまったり、転けてしまったり、おもちゃを投げて当ててしまったりといった危険性があります。

そういう場合はベビーベッドがあれば、ある程度の高さで寝かせられるので、上の子もちょっかいを出したり何かしたりというのはできなくなります。

ペットが家の中にいる場合

犬や猫などペットと一緒に暮らしている場合もベビーベッドは役に立ちます。
犬や猫などペットも一定の賢さを持ってはいますが、言葉が通じるわけでもなく、私たちと会話できるわけでもありません。

何をしてしまうかわからないですから、しっかりと距離を取り安全性を高めるためにも、ベビーベッドがあると安心できるのは間違いありません。

産後の状態による場合

また、産後の状態でしゃがんだり、かがんだりするのが辛いといった状況の方もいるかもしれません。
そういった場合は、何かある度にしゃがんでかがんでといった事が必要なくなるベビーベッドが合った方がだいぶ楽になるかもしれません。

掃除が行き届いていない場合

床に寝かせる場合、当たり前ですがどうしても床からの距離が近くなります。

そのため、定期的に掃除が行き届いていない場合はほこりが舞ったりしますが、その場合すぐ子どもの近辺に埃や塵が舞うことになり直接降りかかる可能性があります。

そういった場合はベビーベッドに寝かせていれば、ある程度の高さがあるところで寝ているので多少はマシになるかと思います。

もちろん、そうなる前にしっかり掃除するのが必要ですが、ゴミや埃や小さな虫などが仮にいたとしても、床からの距離があれば安心かなという面は少なからずあります。

ベビーベッドが欲しい人はまずはレンタルからがおすすめ

ベビーベッドは、実際に使ってみないことにはわからないという部分が多くあります。
使う前までは絶対に必要だと思っていたけど、実際に使ってみたら思ったほどいらないね。といった事はよくあります。

こうなってしまうと、もし産まれてすぐ買ってしまっていては、置物になってしまい非常に邪魔です。
そういった事も考えて、いきなり最初からベビーベッドを購入するというのではなく、まずはレンタルで実際に使ってみて本当に必要かどうかを判断する方が、結果的にはリスクが低くなります。

レンタルであれば、購入するよりも当然安くレンタルできますし、レンタル期間も今では短期から長期と自分達で好きに選べますので、まずはレンタルで試してみるのをオススメします。

実際、ベビーベッドを我が家ではレンタルで導入しました。
我が家は里帰り出産だったので、まずは妻の実家で義両親に頼んでベビーベッドをレンタルしたのを送って組み立ててもらいました。

その後1ヶ月経ち、東京に帰ってきた際に自分達でもベビーベッドを新たにレンタルし、半年ほど使いました。
その時のまとめは別記事にしています。

ベビーベッドを半年レンタルして返却してわかったメリット・デメリットなどのまとめ
今の子が産まれて里帰り出産から帰ってくる時にレンタルをしていたベビーベッドを今日返却しました。 レンタル期間、およそ7ヶ月。…

ベビーベッドをレンタルの際の注意点

まずはレンタルをと話ましたが、このレンタルにおいて注意しておくべき事があります。

ベビーベッドは他のベビー用品と違い、使うとなれば帰宅後の初日から使う事ができます。
そのため、産後退院してから準備していては間に合いません。

そのため、出産前に予め予約しておくことが必要ですし、ベビーベッドは多くが組立品ですから、事前に受け取って、予め組み立てておく必要がありますのでその点も注意しておくと良いかもしれません。

また、ベビー用品のレンタルに関してはベビーベッド意外にも今では様々なものが用意されています。
そして、買うかどうか悩む方でレンタルする人が増加しており、非常に需要が高まっています。

そのため、時期によってはギリギリすぎると予約が一杯になってしまっており、在庫がなくレンタルできないといった事もあり得ます。
実際、私もレンタルをしましたが、ベビーベッドのタイプによってはレンタル不可となってるものがいくつかありました。

レンタルの申込み自体は、なるべく早くにして1ヶ月前には完了させておくようにした方が良いと言えます。

レンタルして使ってみて、良ければ購入、いらないなと判断すればそのまま返却とできるので、まずはレンタルで試してみるのがオススメですよ。

個人的には上記の別記事でも書いていますが、場所があるのでらえば、生後半年くらいまではベビーベッドで寝返りを打てるようになってきた頃でベビーベッド卒業が良いのでは?と思っています。
そのため、あくまでも個人の考えですが、ベビーベッドはレンタルが良いのではと思っています。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。
もしこの記事にコメントなどありましたら、ぜひ下記のフォームよりコメントを投稿ください。

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

保育園入園で服やおむつに名前を書くならシールやスタンプがオススメ
4月から保育園への入園が始まります。 3月はそれに付随する色々な準備に追われる事になるのですが、当然初めての ...

赤ちゃんとの外食も怖くなくなるキャリフリー・チェアベルトが最高におすすめ
子どもが産まれると必然的に外食が減ります。 我が家でも、産まれる前はお互い夜23時まで働いてとかザラでしたし ...

手軽に付けられるタックマミーは2個目・2本目のセカンド抱っこ紐にオススメ
抱っこひもと言えば、やはりエルゴと考えている人も多く、実際にしょっちゅう見かけます。 我が家でも出産祝いにエ ...

子ども乗せ自転車の選び方と試乗してふらっかーずプリミアを買うまでのまとめ
大阪に引っ越ししてきて、早いもので約1ヶ月が経過しました。 そして、来月からは保育園の入園が始まり、その送り ...

子どもの足測定をアサヒシューズさんのフットグラファーでしてもらいました
ファーストシューズを選んで買い、2足目も同じシリーズを買ってはや数ヶ月。 あれよあれよと足のサイズが大きくな ...

ブログを書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

子連れの海遊館まとめ。週末の混雑具合やランチやトイレ・ベビーカー事情と注意点
梅田のボーネルンドのキドキドあそびのせかいは土日でも朝一が空いていてオススメ
2歳の息子の寝かしつけに大活躍な天井いっぱいおやすみホームシアターのレビュー
保育園で成功し家では嫌がり失敗する2歳児のトイレトレーニング1ヶ月の総まとめ
腰痛持ち向けの風呂掃除スポンジ選び。ユニットバスボンやバスタブスッキリ洗いの感想
公園でも遊べて子連れに最適な万博記念公園フリマの日程や巡り方と楽しみ方
子ども服も靴もおもちゃもプラレールも絵本もフリマが最高で最強という結論に
大物家電や子ども用品などを買う時の色々なレビューや体験談の見方・考え方
2歳の寝かし付けのコツ!夫婦でやり方を統一したら15分で寝てくれるようになった
2歳児との子連れ外食はビュッフェがオススメ!阪急インターナショナルのナイト&デイに行ってきた


Page Top