世田谷区や都心23区で1歳の4月に保育園入園で預けるには実際に何をどうすればいいのか

もはや、既に世田谷区は1次の結果は出ていますし、私も落ちています。
Twitterや各種ブログなどを見ていても、保育園の落選通知がどんどん届いているようで、阿鼻叫喚の装いを見せている気もします。

世田谷区は1月末に結果が出ていますし、他の区でも結果が出てきています。
既に申込み関連は終わっているので、これから1歳児で入れたい!という方には、まぁ当然参考になりません。

ですが、私のブログの中でも妊婦の時のつわりの記事や過去の色々な記事に、検索でこられる方も多いため、そういった方に向けての記事です。

初めての子育ての時、私も含め、保育園入園が難しいって、実際には入れないって言っても選んでるからでしょ。と思っている人が多いです。
ですが、事実はそんなレベルの甘さではありません。

これから出産を控える方は23区の人気区に住んでいるなら、保育園に預けようと思うと保活戦線に巻き込まれるかと思います。
そういう方のために、保活の指南というと烏滸がましいですが、少しでも参考になればという気持ちでまとめています。

スポンサードリンク

認可保育園に入れるなら世田谷区含め、指数の攻防ラインを知っておくのが大原則

もうこれに尽きます。
指数の中でも、実際にどこが攻防ラインになるのか、一番多い指数が何ポイントになるのかを知っておきましょう。

世田谷区ですと、109点が最低ラインです。
この指数の計算方法など年によって微妙に変わったりするので、今がそうでも翌年から変わる可能性があります。

必ず事前に役所の書類やホームページなどの公式情報を確認するようにしましょう。

世田谷なら109点が最低限の攻防ラインです。
すなわちこの攻防ライン未満の指数は、世田谷区含め都心に近い23区で、1歳児の4月からの認可保育園の入園は絶望的な厳しさになります。

世田谷区で最低のスタートラインに乗る109点を取る基準は、下記の通りです。

週に5日以上40時間 1年以上の就労 育休明け予定
50点 2点
50点 2点 5点

この合計が109点という事になります。
世田谷は自営だろうと会社員だろうと指数の付け方に差はありませんが、地域によっては自営が不利などの条件もあったりします。

ですから、パートで働いているといった勤務体系は、育休の取得が難しいと思われます。
そのため、109点にならず104点となるため、何か他で指数のポイントを稼がない限りは入園は非常に厳しくなってしまいます。

週に5日×8時間のフルタイムでの共働き、夫婦ともに今の会社で1年以上働いている、かつ育休を取得中というのが最低ラインになるのです。

ですが、今では、それだけでは厳しいというのは前回に書いた通りです。
じゃぁどうするか?という事です。

スポンサードリンク

認可保育園の0歳児での4月入園を狙うのも1つの手

1つの手としては、認可保育園の0歳児の4月入園に申し込んで受かることです。
1歳児で申し込もうとしていたものを、その1年前の0歳から申し込んで保育園に預けるというかたちです。

4月からは年度が替わるため、今の0歳児が1歳児クラスへと移ります。
そのため、その分の0歳児の空きが出るわけですから、それなりに募集枠があります。

とはいえ、今は保活の取り組みが全国的にも知られており、0歳児の方が入園困難な地区もあり、世田谷区も0歳児の入園も非常に困難で、誰もが申し込めば簡単に入れるレベルではありませんので注意が必要です。

場合によっては、もはや1歳の申込みよりも厳しいといっても過言ではない激戦の可能性もあります。

また、0歳児の4月入園の申込みのため、早生まれの場合は申込み自体ができないという場合もあります。
我が家もそうでした。そういう場合は、もう諦めて他の手を探すしかありません。

認可保育園に預けるわけですから、0歳児で入れたなら、1歳児になっても、自分から辞めますと言わない限りは、そのまま1歳児クラスに上がって見てもらえますので、入れたなら何も保活で悩む事はなくなります。

とはいえ、そう簡単に入れないですし、後述しますが、いきなり入れるのも…と思う方もいるので、じゃあどうする?いうのが、前置きがすごい長くなりましたが、今回の記事の本題です。

簡単に結論だけを言えば、認可外保育園に預けて指数を稼げという一択になります。

認可外保育園などお金を払ってどこかに預けて少しでも指数を稼ぐ

今はこれをしないと、1歳の4月入園の認可保育園は厳しいのが実情です。
というのも、認可外保育園などに有償で預けていると、指数がプラスされるという事情があるためです。

世田谷区の場合であれば、上記の109点という攻防ラインがありましたが、有償で預けていると、育休明けでないため+5点分は取り消されますが、代わりに有償で預けているとして+6点が加算されるようになり、合計110点になります。

週に5日以上40時間 1年以上の就労 有償で預けている
50点 2点
50点 2点 6点

そうすれば、109点の申込み家庭との年収勝負になる事なく、110点の方達とのいわゆる年収的(所得割課税額の低い順)な勝負になります。

110点の家庭は、そこまで多くないため、第1希望は難しいかもしれませんが、希望園が極端に少ない場合や募集枠が少ない園、超が付く人気園ばかり希望しているという方でなければ、どこかの希望園に入れる可能性がだいぶ高くなります。

109点の最低基準ラインのまま行くのであれば、相当の覚悟が必要です。
もちろん110点ですら、地域や希望園によっては安泰というわけではなく落選の可能性も十分ありますので注意してください。

この指数を上げるために認可外に既に預けておくというのは、違う区の知人に聞いても同じでした。
指数を稼ぐために預けようとしている人ばかりだったため、基本世田谷区以外でもほとんど同じだと思われます。

1点のためだけに、色々と考えなければならない

1円を笑う者は1円に泣くという言葉がありますが、保育園に関しても、たかが1点ですが、この+1点のために非常に悩まされます。

+1点のためには、どこかに有償で預けなければなりません。
そして、この有償で預けるというのは、“常態”でなければならないと定められています。

この常態というのが実はポイントで、まず育休を切り上げて、復職している事が条件となっています。
また、復帰して勤務している時間と同じくらいに、保育に預けている時間が必要となっています。

そのため、週に1日1時間など少しだけ預けてお金払って預けてます!と言っても、条件には当てはまりません。

もっと言えば、その場合、指数を上げるどころか、逆に育休明けでなく、かつ有償で預けているというポイントも得られないため、109どころか指数が104になってしまう恐れすらあるので注意が必要です。

今までと同じように普通に仕事をし、普通に保育園等に預けているという事をしなければならないのです。

早い時期で入園希望を出さないと、認可外保育園に預けたくても預けられない

この育休を切り上げて有償で預けるというのが、一筋縄ではいきません。

育休を切り上げるため、会社側にはだいたいがフルで出る必要が出てきます。
そのため、預けるのは週に2日や3日ではなく、フルで預ける必要がでてしまいます。

ですから、一時的な預かり系の施設だとなかなか難しく、結局は認証保育園や、認可外保育園の空きを探す必要があります。

ですが、保活を早め早めでやる方は、同じように考えている人が多数いるため、すぐに保育園は埋まってしまいます。

認可保育園などは指数の抽選などになりますが、認可外などは早い人順であったり、面接があったりなどその園で入園の基準が異なります。

私が探していた時は、なんだかんだで、多くは先着順という感じでした。
そのため、早めに応募しないと、募集枠はあっという間に埋まってしまい、もう人数一杯です。となる園がほとんどです。

実際、夏頃や秋頃から動き出しても、その頃にはとっくに空きはないという事態になっていました。

そのため、認可外保育園も、結局は0歳児の産まれてすぐの頃から、空いている園を探して応募するというのが必要になります。

我が家でも、認可外保育園を見て回って可能性は低いだろうとわかってはいましたが、応募してみたり相談してみましたが、既に秋頃の時点で、応募数が100人以上とかも当たり前といった状況でしたし、見学も100人以上きているような状況でした。

もちろん、その園に今現在での募集数はゼロです。
みんなもしかしたら空きが出るかもしれないし出た時のために申し込んでいるわけです。

嘘ではなく、早い人は出産前の妊娠中から予約や見学に動き出す

これ、本当です。私も都内の23区に住む今年出産予定の知人にはそうアドバイスしました。
入れる入れないに限らず、とりあえず、今から保育園見に行って話を聞いておけ。と。

そんな阿呆なと思うかもしれませんが、それくらい早くして損はないと言う事でもあります。

もっと言えば、それくらい早くに動いて予約確定させておかないと、入れる可能性は日々減っていくという事でもあります。

実際、先ほども書きましたが、夏頃にはもう既に認証や認可外保育園の募集はない可能性が高く、見学ですら断られる事があります。
もしくは見学は出来るけれど、予約が多すぎて1ヶ月以上先の日程なら可能といった事も普通にありました。

それくらい、同じ悩みを抱えた人が多く動いているという事でもあります。

東京の都心に近いところで保育園に預けるという事は、今はこれくらいしないとなかなか厳しいというのが現状です。

0歳児の認可保育園の4月入園に受かれば、その後の保活をしなくていいから一番ラッキーです。
それがダメなら、なるはやで認可外保育園にいったん預けて、育休をやめて働き出して、指数を上げる必要が出てきます。

お金を払って預けて、育休手当を貰わないという選択を取らないといけない矛盾

また、仮に預けられるとしても、痛いのが時間と金銭面です。

当たり前ですが、育休中は育休手当がもらえます。
額は人によって様々ですが、正確な数字は調べれば出てくるので割愛しますが、だいたい直近半年の給料をならして、育休開始半年間は67%、残りの半年は50%が至急されるといった感じだったはずです。

また、これらの給付金は非課税のため、税金が引かれません。
そのため、手取り額で考えて見たら、今まで働いていた時に受けとっていた額の6割~8割程度になるため、いつもより少し少ない程度のお金が働かずにもらえるというわけで非常に助かる制度でもあります。

ですが、指数を+1にするためには、育休を終わりにして働いて預けなければなりませんし、育休を切り上げるという事は、当たり前ですが、育休の手当を貰う事はできなくなります。

本来は育児にかかる費用など色々なものを援助してくれる制度のはずが、その制度を受けて子育てしていると翌年から働けなくなるというジレンマに陥るわけです。

言葉を非常に悪く逆の視点から見てみれば、働かなくても貰えるお金の権利をあえて自ら放棄しつつ、お金を自ら払って子どもを預け、子どもと過ごす時間を減らして働きに行くという事でもあるわけです。(凄く穿った見方をすればですよ)

これをやらないと、今の時代、東京の都心部で保育園に預けるのは非常に難しい状況になってしまっているのです。

ですが、実際に同じ立場になったとき、この選択を取るのか取らないのかとなると多くの人は悩みます。

産まれたての子をすぐ保育園に預ける事についての悩み

この辺は家庭家庭で考えるべきだと思いますし、答えはありません。

すぐ預ける人に対して色々言ったり叩く人も出てくると思いますし、同意する人も出てくると思いますが、個人的には答えはないもので、自分達の家庭で考えて答えを出すしかないと思っています。

ただ、指数が平均的な数値でしかない場合、1歳での4月入園に必ず入れたいとなったら、それこそ偽装離婚などして数値を一気にプラスしない限り、0歳児から預けるという選択を取らないなら、都心では非常に厳しい現状が待ち受けています。

そして、0歳児で預けるという事は、場合によっては生後3ヶ月頃から預けるという事になってしまう可能性が高いです。

場合によっては、もっと早い可能性もありますし、見学時に0歳児で既に入れていた人の親御さんがいたので聞いてみたら、3ヶ月になる前には既に預けていたという方もいました。

そうなった場合、首も座ってない状態で預けなければいけませんし、初めて何かをするのがほとんど保育園という可能性も出てきます。

そのためすぐ預けるのは嫌だという方も多くいると思います。
せっかくの初めての子育てですし、1歳になるまでは育休もあるし、色々とお世話してあげたいし一緒に過ごしたいと思う人も多いと思います。

そして、この辺りは夫婦でよく話あうべきだろうと思います。

自分もそうですし、自分の周りの家庭でもこのあたりの葛藤はよく聞きます。

  1. しばらくは親子の時間を大切にして育てたい
  2. 1歳になったら保育園には入れて復職したい
  3. 保育園に入れるなら0歳児で預けておかないと非常に厳しい
  4. 0歳児で預けるならすぐに復職して働く必要がある
  5. フルで働くから子どもとふれあう時間が激減する
  6. 子どもとの時間は取りたい…以下、答えの出ない同じ葛藤を無限ループ

この無限ループは、本当にみんな悩んでいます。

産まれてからしばらくって、本当にびっくりするくらいに変化します。

本当に表情も豊かですし、新しい事を覚えては繰り返して成長をしていくのが日々、感じられますし、なにより見てるだけでも全然飽きませんし、本当に楽しい時間でもありますし、まさにプライスレスです。

仕事で疲れて帰ってきても、嫌な事があって落ち込んでいても、子どもとふれあっていれば一気に元気になれるくらいに助かります。

ある日突然、声を発したり、動き出したり、首がすわって、寝返りしてハイハイして遊んで、つかまり立ちして伝え歩きして歩き出してといった事を0歳~1歳でほとんどやるわけです。

親として、その場その場で立ち会いたいと思うのは当然ですし、一緒に成長を記録していきたいとも願うものです。

保育園に預けていなければ、平日に空いている時間帯で色々なところにお出かけできますし、想い出もたくさん一緒に作る事ができます。

我が家でも同じ時期に産まれて、育休中のママ友さんたちと、よく遊び場に出かけたりして写真を見て楽しそうだなーと日々思っています。

でも、そうやって家で育児をしていると、1歳児で保育園に預けるのが非常に厳しくなります。
上記のように一緒に遊んでいる方々含め、去年に出産した私の知人も皆が皆、世田谷区、品川区、渋谷区、などなど落選(ほぼ確実)しているのが現実です。

かといって、0歳で保育園に預けてしまうと、そういった子どもとの時間は激減してしまう…どうしよう…の無限ループになるわけです。

どちらにせよ子どもは成長していけばいくほど、親からは離れていくものですし、だからこそ0歳児の時には一緒に過ごすという選択をしたい親は多いと思います。

ただ、保育園に預けるのは今はこれくらいしないと預けられないという現状があります。

よく、偽装離婚などして指数を上げるという笑い話がありますが、実際にこれをしないとダメかも?と思えるほどに、現状は厳しいものですし追い詰められます。

我が家では、0歳で生まれたてを預けるのに抵抗がありましたし、0歳の時は一緒に子どもと過ごしたいという選択を取りました。
そのため、保活で圧倒的にダメで前々回の記事でも書いたように、入る事は絶望的になっています。

保育園に預けるために働きに出ている方もいるとは思いますし、それを否定するつもりは全くありません。
むしろ、働きに戻るならそれをしないといけないくらいの状況ですしね。

ですが、今、子どもが1歳を迎えるにあたって、この選択はやっぱり良かったかなと思っています。

1歳の軌跡じゃないですが、そういった写真を見返してみて、やっぱりこの時の想い出が多々あるというのはかけがえのない物だと実感しています。
とはいえ、じゃぁ保育園はどうするんだよとなるのですが、これは一応は自分達の中で解決しています。

解決はしていて、次回以降で書いていきたいと思いますが、今よく夫婦で言ってるのが、保活はしんどい、大変だと聞いていたけど、これほどまでとは思わなかったと言っています。

同じように、周りの知人もこれほどとは思ってもいなかったと言っています。

多分、みんなしんどいとは思ってたし聞いてたけど、予想の何倍も大変だというのを、その立場になって初めて実感していると思います。

なんだかんだで、どこかに入れるだろうという甘い思いは無残にも打ち砕かれます

色々なところで、なんだかんだで高望みしてるからでしょ?選ばなければといったシーンがあるかと思います。
正社員問題だったりそういうところでは、よくこういう事が言われたりしています(実際はどうかは知りませんが…)

ですが、保育園問題はそんなレベルではありません。

まぁ高望みしなければどこかに入れるだろうと思っては全滅します。

0歳から預けるために動くのか、1歳で預けられずに復職できない可能性も覚悟していくのか、その辺は各家庭の考えがあるとは思いますが、とりあえず適当に過ごして、なんとかなるでしょ。と思っていると、残念な結果にしかなりません。

これから出産を控える方は、都内の保育園をとりまく環境は本当に厳しいという事を知っておく必要があります。

しかしながら、預けるとなると、結構色々なものを犠牲(という言葉が正しいかはわかりませんが)にする可能性もある。という事を知っておいて欲しいと思うわけです。

保活は早く始めれば始めるだけ圧倒的に有利です。
そして、無知は罪とばかりに知らないと知らない分だけ損をする世界です。

これから出産を控える方、今まさに産後でこれから保活をしようという方、後悔しないように頑張って欲しいなと思います!

タワーマンションなどを建てる際には、保育園の設立も義務付けるなどしない限り、この傾向は続くと思います。
前々回でも書いたように、世田谷区でも毎年数百人規模で応募人数が増えているようです。

東京はニュースでもしょっちゅう出ているように、一極集中となってしまっていますし、どんどん増えていますから、難しいのかもしれませんが、働きたい人が働き、預けたい人が預けられる時代が来ればいいですね。

【追記】
一応、保育園関連は、我が家的には引っ越しという方法で解決しました。
順を追って見たいという方向けにまとめておきます。

スポンサードリンク

ぜひこの記事のシェアにご協力お願いします

この記事へのコメント

  • 一つ確認させてください。
    有償で預けた場合、プラス6点とのことですが、0歳枠は5点と現在の世田谷区の指数表には書かれています。これは有償で預けても、子供が0歳枠で預けており、来年4月は1歳枠で申し込む際には5点しかもらえない、という意味なのではないでしょうか?まさに我が家がそれでして、預けても意味がなかった?と思っているところでした。

    2016.09.04 by「小太郎」
    このコメントへ 返信 する

    • こんにちは。
      年代が違うので変わっている可能性がありますが、おそらく私が行った昨年と見る限りでは同じだと思いますので、多分大丈夫だとは思いますが、区役所に必ず確認はしてくださいね。

      この0歳児と1歳児で分けたのは、本来、育休制度取得の推奨をしてるのに、加点をしているため結果的に育休を取らずに預ける事が頻発するため、0歳児申込みの場合のみ点数を減らしたと当時の区役所で聞いた時に教えられました。
      調べたらPDF化されたものが残ってました。
      http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/107/157/802/d00137956_d/fil/37.pdf

      そのため、今、0歳児で預けていたとしても、申込みが「1歳児クラス」であれば、+6点の方になります。
      例えば、今預けていて、来年4月の1歳児クラス申込みではなく、例えば12月の0歳児クラスに申し込むとなる場合は、加点は育休取得と同じ+5点になるはずです。

      今預けている年齢がどうなのかではなく、何歳児の枠に申し込むのかがあの表の書かれている基準だったはずです(一応そう自分も区の相談で教えられています)
      なので、小太郎さんの状況であれば、来年4月の1歳児枠で申し込む場合、今預けているのが区から正式に認められるのであれば、+6点の加点になるかと思いますよ。
      ただ、一応去年に自分が聞いた限りの知識のため、やはり週明け、区役所に確認はされた方が良いと思います。

      2016.09.04 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

  • こんにちは。
    私の場合は諸般の事情で子供ができる前に地方の県庁所在地へ転居となりました。
    こちらは東京と比較すればまだマシな状況です。
    夫婦フルタイムの基礎点だけでも、交通不便な場所の保育園を中心に第10希望まで書けば1歳児の年度初めに何とかどれかの認可保育園に入れます。
    自動車がないと無理ですけどね。

    ただ、状況は年々悪化しています。
    10年前は点数が少ないパート(フルタイムより勤務時間が短い場合)でも年度初めであれば1歳児が認可保育園に入れました。
    10年後には今の東京のようになってしまうかも知れません。
    今の市長は口では「子育て支援」と言いますが、全く具体性がなく行動が伴っていません。
    一方、公共事業には凄く熱心で大金を費やしています。

    2016.02.18 by「都落ち」
    このコメントへ 返信 する

    • 身内に聞くと地方都市では認可外が認可へ入るための完全な一時だけの預かり所になってしまい収益もうまく回らず無くなってるとも聞きました。
      今はまだ全然東京と比べると入れるようですが、地方も地方で、これからどんどん同じではない違う問題点が出てきそうですね。

      2016.02.18 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

  • 1点レベルでの攻防に終始しているので、ひとつ注記します。

    少なくとも世田谷区は、同居でなくても近くに親族が住んでいるだけで、親族の就労状況・健康状態に関係なくがっつりポイントを引かれます。
    目安は同じ町名の同じ「丁目」です。
    それこそ何歳の4月に仕事復帰するかどころか、早急に転居しなくてはいけないレベルです。
    ただし転入先(例えば杉並区)が在住年数も選考対象に含めている場合があるのでチェックが必要ですが。

    あと、今後記事をアップするとしたら、共働き家庭以外の家庭の保活を取り上げるのもよいと思います。
    共働き家庭は4月に一斉に入園する準備ができますが、彼らに人数枠を全部充ててしまう点が問題です。例えば、専業主婦(夫)である親が急に病気で倒れるなどの緊急枠はなく、特例判断もせいぜい虐待家庭にポイントがつくのみです。
    ここが、保育園に預けない都会の家庭が「どうせうちは保育園に申し込む権利すらない」「偽装離婚するしかないのか」と諦めてしまい、保育園を増強することに賛成しない理由だと思うのです。

    2016.02.18 by「ヨメ」
    このコメントへ 返信 する

    • ご指摘ありがとうございます。
      1点レベルの攻防で書いたのはなんだかんだで、そこが大多数になってしまうのと自分もその立場のまっただ中だったというのがありました。
      実際悩まれている方は1点レベルや親と同居や同じ地区に住んでるなどあるかもですが、実際体験していないため憶測で書いて間違えるといけないので避けております。
      もし知人などで実体験して話が聞けたりしたら書いていければと思います。

      2016.02.18 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

  • 現在妊娠3ヶ月、大田区在住です。この時期のみなさんのブログなどを読んで、いかに保育園に入園させるのが困難かひしひしと感じております。新居購入を契約した後に妊娠したので、引っ越しという選択肢がないのが痛いところです。産休に入ってから保活を始めようと思っておりましたが、安定期に入ったら始めようと意識を変えました。これからも情報提供、よろしくお願いします。

    2016.02.17 by「あいこま」
    このコメントへ 返信 する

    • おぉ。まさにこれからですね。
      大田区はまた違う可能性もありますし、知っていると知らないでは大きな差を生んでしまうので、色々家族で話合ってみてください!
      とはいえまずは無事に出産を終えなければなので、頑張ってください!

      2016.02.17 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

  • 入りやすい区に引っ越す(引っ越しやすい環境を維持する、という選択肢をとりました。
    例えば、品川区は認証でも補助の割合が高いなど、区により状況はかなり異なっているようにかんじます。

    2016.02.17 by「たぬきち」
    このコメントへ 返信 する

    • 我が家ではもっと早くに知っておけばという感じですかねぇ。
      保育園入園の〆って早いので、あ、こんなにヤバイんだ…と知った時にはもう既に遅かったです(笑
      区によって違うので、早めに知って場合によっては区を変えるというのも解決の手ではありますよね。

      2016.02.17 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

  • はじめまして。
    2歳児の父親です。今年の4月に認可に受かりました。
    昨年の4月に1歳児で案の定落ちたのですが、区の保育室(園庭のない1・2歳児のみ預かる不認可保育園)という制度になんとか引っかかり、1年預けた結果、ポイントを上積みして2歳児でなんとか認可に入れました。
    うちの区でも両親フルタイム労働のポイントを最低基準にして、何点積めるか勝負(ほとんどのの園でボーダーは基準+1~3ポイントあたり)ですが、正直普通の家庭で上積みできる要素は限られてます。というか事実上『不認可に有償で数か月』以外に無い気がします。
    うちの区の保育室は、園庭が無い以外はほぼ保育園に準ずる施設で、保育料も通常の認可園と同等でしたので助かりました。
    私に区から保育室の斡旋連絡が入ったのは昨年3月でした。それ以前にも新規開業保育園の上の学年用の空室を使った一年限定の保育(ポイント対象)を紹介されたり等、1月末の落選通知以降も二転三転あって(何度も面接や見学に行ったりした)、なんとか4月を迎えた感じです。その時の不安定な状態はかなりの地獄でしたが、向こう(区の保育課)も必死にいろんな手を打ってくれてるんだなという感慨もありました。
    世田谷にどういう制度があるのか存じませんが、ポイントがボーダーを越えているならまだ可能性は残っているかもしれません。

    2016.02.17 by「杉並の父」
    このコメントへ 返信 する

    • 入園おめでとうございます!良かったですねぇ
      区の担当の方も非常に良い方だったようで羨ましい限りです。
      杉並は世田谷ほどじゃないと耳にしたりしてましたが、全然そんな事ない感じですね…
      結局多くの区が指数稼ぎのためにどこかに有償で預けるを選択しなきゃいけないのが厳しいですよね。
      うちは一応、ウルトラCの解決策が出来たので、なんとか大丈夫ですが、同じように悩んでいる人は今も気落ちしてるでしょうし、なんとかなればなーと思うばかりです。

      2016.02.17 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

  • 世田谷区ほどではありませんが、都内在住です。
    うちは、0歳児の4月入園を選択しなんとか2歳児までですが認可に入れることになりました。
    入園時は、まだ2ヶ月ちょっとです。
    それでも同じ条件で不承諾の方が大勢いるのでまだラッキーなほうだとおもいます。
    認可がダメだったことを考えて認証も当たりましたが、そちらは完全に出遅れてました。
    先着順だと遅くても夏前には決まるため、その頃はまだ安定期前で、無事に産まれてくるかもわからない時期です。そんな時期に、動かないと間に合わないのが現実なんですよね。たまたま認可に入れるからよかったものの、ダメだったら完全に詰んでました。
    これから妊娠、出産を望んでる方にはほんとうに参考にしていただきたいです。

    2016.02.16 by「しゅり」
    このコメントへ 返信 する

    • しゅりさんこんにちは。
      0歳児入園が入れる事を目指すなら一番理想かもしれませんね。
      0歳の4月入園の選択は英断だったんでしょうね。保育園の入園はあとほんの少しのタッチ差みたいな差で運命が変わるから恐ろしいですね。

      自分も本当にここまでか!と思う程に疲れましたし妻と二人で予想以上やわーと話をしております。
      0歳で出産前に行くと体も重いし大変だし普通に入れるようになるのが一番良いんですけどね。
      都内の人気区は本当に大変だし、土地の問題もあるしポンと解決は難しいしこれからずっと続く問題だろうと思ってます。

      2016.02.16 by「たゆたえ@管理人」
      このコメントへ 返信 する

      • 2歳児までの保育園なので3歳児転園でまた保活かと思うとクラクラします。
        現時点では、うちの区では3歳児転園はほぼ可能と言われてますが、2年後も同じ状況とは限らず、今後も待機児童が増加していくであろうことを考えると油断はできないなと覚悟しています。
        制度が変わったりしてちょっと前の経験談が参考になるとは限らないのが辛いところです。
        本当に、紙一重の差だとおもいます。

        2016.02.16 by「しゅり」
        このコメントへ 返信 する

        • 3歳児の入園はどうなんでしょうね。
          世田谷でも見てる限りその当たりならまだ募集枠があるところもあったりするので、難易度はそこまでじゃないのかな?と勝手に思ってました。
          激戦で同じ事をしなきゃってなると、考えるだけでゾッとしますね…

          2016.02.17 by「たゆたえ@管理人」
          このコメントへ 返信 する

この記事へのコメントを投稿する

必須】お名前

※本名ではなくニックネームでお書きください
必須】メールアドレス
任意】ウェブサイト
必須】コメント

この記事を読んだ人におすすめの記事

保育園見学のコツと確認事項や聞く事や質問のチェックリスト【随時更新】
この時期になってくると保育園の見学に行く、既にもう行っているという方も多いと思います。 本当はもっと前に更新 ...

区役所や市役所で聞いた保育園の話は鵜呑みにしすぎないように要注意
何でもそうですが、経験した事のある人と未経験の人とでは、あまりに知識差がありすぎて、知っている人からすれば常識 ...

保育園で七夕の短冊に願い事を書いてとお願いされたので書いてみました
保育園へ通うようになり、日々いろいろなイベント毎があったりと小さな事でも喜びをかみしめているわけでありますが、 ...

保育園に関連した自分で経験して実感したいろいろな問題を挙げてみました
自分が思っていた以上に拡散され驚きに溢れております。 まさかコメントが何個もついて、お問い合わせフォームから ...

保育園の入園の事もあり東京から大阪に引っ越しする事になりました
前々回の保育園の記事がそれなりに広がり、この記事を公開する前に引っ越したらいいんじゃないの?といった事など色々 ...

書いている人

名前
たゆたえ
年齢
三十路半ば
職業
IT系
趣味
色々
子育てを楽しむという考えで、なるべく前向きにポジティブに楽しくやっていければなと思っています。夜泣きも楽しめば怖くない!と思って日々寝かし付けしています。 → 管理人の詳細

最近更新した記事

意外と見落としがち?これから子育てに入る父親はスマホ写真に慣れておこう!
ドクターイエローを見てきました!走行日や時刻表と撮影や見る時の注意点とまとめ
ITやネット系のフリーランスや1人自営業は子育て・育児環境としては最高だと思う話
風邪の予防対策にマヌカハニーがおすすめ!選び方と我が家の食べ方を紹介
象印のスチーム式加湿器
子どものいる家の加湿器の選び方 – ハイブリッド式から象印のスチーム式に変えたまとめ
鼻吸い機スマイルキュートの先端をガラス管に変えたら劇的に取れる量が変わる
子どもにパパ・ママでなくお父さん・お母さんと呼んでもらうためにした事
今子育てしてる人にオススメの子育て・育児マンガ「ばぶらぶ」
息子が1歳半になった今だからわかる買って使い続けた商品やサービスの紹介
世田谷に出張で行ったのでおすすめパン屋のブーランジェリー・カドーを紹介!


Page Top